2011年度 研究成果

 明治大学グローバルCOEプログラム「現象数理学の形成と発展」における研究活動の成果を、以下に掲載します。

2008年度 研究成果はこちら 
2009年度 研究成果はこちら 
2010年度 研究成果はこちら 

  2011年度 *論文・著書*   *講演*   *研究集会の主催*

論文・著書

 論文(査読あり)

  • Takeaki Kariya, “Weather risk swap valuation”, Managerial Finance, 37, 995-1010 (2011)
  • Takeaki Kariya, K. Wang, Z. Wang, E. Doi and Y. Yamamura, “Empirically Effective Bond Pricing Model and Analysis on Term Structures of Implied Interest Rates in Financial Crisis”, Asia-Pacific Financial Markets, pp. 1-34 (2011)
  • Takeaki Kariya, Fumiaki Ushiyama and Stanley R. Pliska, “A three-factor valuation model for mortgage-backed securities (MBS)”, Managerial Finance, Vol.37, No.11, pp. 1068-1087 (2011)
  • Hiroyuki Mori and Takayuki Muroi, “Application of Probabilistic Tabu Search to Distribution System Service Restoration”, Proc. of IEEE ISCAS 2011(CD-ROM), 4 pages, Rio De Janeiro, Brazil (2011)
  • Hiroyuki Mori and Akira Takahashi, “Hybrid Intelligent System for Daily Maximum Temperature Forecasting in Smart Grids”, Proc. of IEEE ISCAS 2011(CD-ROM), 4 pages, Rio De Janeiro, Brazil (2011)
  • Hiroyuki Mori and Wenjun Jiang, “A Markov-Chain Monte-Carlo Technique for Probabilistic Load Flow Calculation”, Proc. of IEEE MWSCAS 2011(CD-ROM), 4 pages, Seoul, South Korea (2011)
  • Hiroyuki Mori and Tadahiro Itagaki, “A Fuzzy Inference Net Approach to Electricity Price Forecasting”, Proc. of IEEE MWSCAS 2011(CD-ROM), 4 pages, Seoul, South Korea (2011)
  • Hiroyuki Mori and Wenjun Jiang, “Advanced Probabilistic Load Flow Technique in Consideration of Non-Gaussianity and Nodal Correlation of Input Variables”, Proc. of IFAC World Congress 2011(CD-ROM), 7 pages, Milan, Italy (2011)
  • Hiroyuki Mori and Hajime Fujita, “Two-Layered EPSO for Maximizing Loadability with FACTS Devices”, Proc. of IEEE 16th International Conference on ISAP (CD-ROM), 6 pages, Hersonissos, Greece (2011)
  • 角田広樹,森啓之,“解の多様性を考慮した改良型SPEA2による確率的供給信頼度評価”,電気学会論文誌B,Vol. 132 , No. 1 , pp.125-132 (2012)
  • 藤田創,森啓之,“ハイブリッドコーディングEPSOを用いたLoadability最大化のためのFACTS機器最適配置法”,電気学会論文誌B,Vol. 132 , No. 1 , pp.118-124 (2012)
  • Hiroyuki Mori and Hajime Fujita, “Development of Hybrid-Coded EPSO for Optimal Allocation of FACTS Devices in Uncertain Smart Grids”, Procedia Computer Science(Elsevier),Vol. 6 (Complex Adaptive Systems), pp. 429-434 (2011)
  • Hiroyuki Mori and Hiroki Kakuta, “Modified SPEA2 for Probabilistic Reliability Assessment in Smart Grids”, Procedia Computer Science(Elsevier),Vol. 6 (Complex Adaptive Systems), pp. 435-440 (2011)
  • Hiroyuki Mori and Hajime Fujita, “Application of Deterministic Annealing clustering to learning data selection for contract model of weather derivatives”, Proc. of IEEE PES General Meeting 2011 (CD-ROM), 8 pages, Detroit, MI, USA (2011) (本論文は2011年度IEEE PES Japan Chapter 学生論文発表賞および2011年度電力技術懇談会田村記念賞(学生賞)を受賞しました。)
  • Hiroyuki Mori and Hajime Fujita, “Development of Hybrid-Coded EPSO for Optimal Allocation of FACTS Devices in Uncertain Smart Grids”, Proc. of CAS2011(CD-ROM), 6 pages, Chicago, IL, USA (2011)
  • Hiroyuki Mori and Hiroki Kakuta , “Modified SPEA2 for Probabilistic Reliability Assessment in Smart Grids”, Proc. of CAS2011(CD-ROM), 6 pages, Chicago, IL, USA (2011)
  • Hiroyuki Mori and Hiroki Kakuta, “Multi-objective Transmission Network Expansion Planning in Consideration of Wind Farms”, Proc. of IEEE PES ISGT Europe 2011, 6 pages, Manchester, UK (2011)
  • Hiroyuki Mori and Akira Takahashi, “Hybrid Intelligent Method of Relevant Vector Machine and Regression Tree for Probabilistic Load Forecasting”, Proc. of IEEE PES ISGT Europe 2011, 6 pages, Manchester, UK (2011)
  • Takuya Umedachi, Ryo Ide, Toshiyuki Nakagaki, Ryo Kobayashi and Akio Ishiguro, “Fluid-filled Soft-bodied Amoeboid Robot Inspired by Plasmodium of True Slime Mold”, Advanced Robotics, 26 : 693-707 (2012)
  • Y. Tanaka, K. Ito, T. Nakagaki and Ryo Kobayashi, “Mechanics of limbless crawling driven by contraction waves and friction control”, J. R. Soc. Interface, 9(67) : 222-233 (2012)
  • Yuki Umeda and Kaoru Arakawa, “Spacio-Temporal Correction of Film Scratches using Directional Median Filter”, Proc.SISA2011, pp. 7-12 (2011)
  • Shinya Tozuka and Kaoru Arakawa, “Evaluation of Human Mental Stress in Text Reading by Quantitative EEG Analysis”, Proc.SISA2011, pp. 136-140 (2011)
  • Taro Okakura and Kaoru Arakawa, “Face Recognition Across Age Progression Using Shifted Block Matching”, Proc. IEEE ISPACS2011, PID185 (2011)
  • Ryosuke Kawai, Akinori Awazu and Hiraku Nishimori, “Effective Stochastic Resonance of Coupled excitable elements under noise of unequal amplitude”, PRE.Vol.84,021135-1-5  (2011)
  • 勝木厚成,西森拓,遠藤徳孝,谷口圭輔,“数値実験と水槽実験で解くバルハン集団のダイナミクス”,地質学雑誌(日本地質学会誌) Vol.117, 155-162 (2011)
  • 新屋啓文,粟津暁紀,西森拓,“流体力学的相互作用を組み込んだ粒子法による粉体なだれのパターン形成”,第17 回交通流のシミュレーションシンポジウム論文集 73-76  (2011)
  • 藤井雅史,粟津暁紀,西森拓,“細胞膜上の混み合いを考慮したシグナル伝達系モデル”,第17 回交通流のシミュレーションシンポジウム論文集 25-28 (2011)
  • 荻原悠祐,前田一樹,泉俊輔,秋野順治,粟津暁紀,西森拓,“化学情報と視覚情報を組み合わせたトビイロケアリの採餌行動の定量的解析”,第17 回交通流のシミュレーションシンポジウム論文集 21-24 (2011)
  • Hiromichi Ueno, Tsutomu Watanabe, Hideki Takayasu, and Misako Takayasu, “Collective purchase behavior toward retail price changes”, Physica A 390, 499-504 (2011)
  • Yukie Sano, Hideki Takayasu and Misako Takayasu, “Zipf’s Law and Heaps’ Law Can Predict the Size of Potential Words”, Progress of Theoretical Physics Supplement No. 194, 202-209 (2012)
  • Takaaki Ohnishi, Hideki Takayasu, Takatoshi Ito, Yuko Hashimoto, Tsutomu Watanabe and Misako Takayasu, “On the nonstationarity of the exchange rate process”, International Review of Financial Analysis 23, pp. 30–34 (2012)
  • Kayo Hibino, Toshio Yanagida, Yasushi Sako and Tatsuo Shibata, “Activation Kinetics of RAF Protein in the Ternary Complex of RAF, RAS-GTP, and Kinase on the Plasma Membrane of Living Cells: SINGLE-MOLECULE IMAGING ANALYSIS”, J. Biol. Chem. 286:36460–36468 (2011)
  • Yasuaki Kobayashi, Tatsuo Shibata, Yoshiki Kuramoto and Alexander S. Mikhailov, “Robust network clocks: Design of genetic oscillators as a complex combinatorial optimization problem”, Phys. Rev E 83:060901 (2011)
  • Shunsuke Ooyama and Tatsuo Shibata, “Hierarchical organization of noise generates spontaneous signal in Paramecium cell”, J. Theor. Biol. 283:1–9 (2011)
  • Joe Yuichiro Wakano, “Spatiotemporal dynamics of cooperation and spite behavior by conformist transmission”, Communications on Pure and Applied Analysis, Pages: 375 - 386, Volume 11, Issue 1 (2012)
  • Joe Yuichiro Wakano, Kota Ikeda, Takeshi Miki and Masayasu Mimura, “Effective dispersal rate is a function of habitat size and corridor shape: mechanistic formulation of a two-patch compartment model for spatially continuous systems”, Oikos, Volume 120, Issue 11, pages 1712–1720 (2011)
  • Joe Yuichiro Wakano, Kohkichi Kawasaki, Nanako Shigesada and Kenichi Aoki, “Coexistence of individual and social learners during range-expansion”, Theoretical Population Biology 80, pp. 132-140 (2011)
  • Toshikazu Sunada, “Lecture on topological crystallography”, Japanese journal of mathematics, 3rd series, Volume 7, Issue 1, pp. 1-39 (2012)
  • Toshikazu Sunada and Tatsuya Tate, “Asymptotic behavior of quantum walks on the line”, Journal of Functional Analysis, Volume 262, Issue 6, pp. 2608-2645 (2012)
  • Qian-Ping Gu and Hisao Tamaki, “Constant-factor approximations of branch-decomposition and largest grid minor of planar graphs in O(n1+ϵ) time”, Theoretical Computer Science 412(32), pp. 4100-4109 (2011)
  • Qian-Ping Gu and Hisao Tamaki, “Improved Bounds on the Planar Branchwidth with Respect to the Largest Grid Minor Size”, Algorithmica (March 7, 2012), pp. 1-38 (2011)
  • H. Murakawa and Hirokazu Ninomiya, “Fast reaction limit of a three-component reaction-diffusion system”, Journal of Mathematical Analysis and Applications, 379, No. 1, 150-170, 1 (2011)
  • Masato Iida, Roger Lui and Hirokazu Ninomiya, “Stacked Fronts for Cooperative Systems with Equal Diffusion Coefficients”, SIAM Journal on Mathematical Analysis, 43, No. 3, 1369-1389 (2011)
  • Takahiro Miyoshi and Kanya Kusano, “A comparative study of divergence-cleaning techniques for multi-dimensional MHD schemes”, Plasma and Fusion Research, 6, 2401124(1-5) (2011)
  • Satoshi Inoue, Kanya Kusano, Tetsuya Magara, Daikou Shiota and Tetsuya Yamamoto, “Twist and connectivity of magnetic field lines in the solar active region NOAA 10930”, The Astrophysical Journal, Volume 738, Issue 2, article id. 161 (2011)
  • Hiroyuki Nishida, Ikkoh Funaki, Yoshifumi Inatani and Kanya Kusano, “Discussion on Momentum Transfer Difficulty of a Magneto-Plasma Sail”, 27, 5, 1149-1153, DOI: 10.2514/1.B34141 (2011)
  • N. P. Savani, M. J. Owens, A. P. Rouillard, R. J. Forsyth, Kanya Kusano, D. Shiota, R. Kataoka, L. Jian, and V. Bothmer, “Evolution of Coronal Mass Ejection Morphology with Increasing Heliocentric Distance: 2. In Situ Observations”, The Astrophysical Journal, Vol. 732, issue 2, article 117, DOI: 10.1088/0004-637X/732/2/117 (2011)
  • N. P. Savani, M. J. Owens, A. P. Rouillard, R. J. Forsyth, Kanya Kusano, D. Shiota and R. Kataoka, “Evolution of Coronal Mass Ejection Morphology with Increasing Heliocentric Distance: 1.Geometrical Analysis”, The Astrophysical Journal, Vol. 731, issue 2, article 109, DOI: 10.1088/0004-637X/731/2/109 (2011)
  • T. Minoshima, S. Masuda, Y. Miyoshi and Kanya Kusano, “Coronal Electron Distribution in Solar Flares: Drift-Kinetic Model”, The Astrophysical Journal, Vol. 732, issue 2, article 111, DOI: 10.1088/0004-637X/732/2/111 (2011)
  • B. T. Welsch, Kanya Kusano, T. T. Yamamoto and K. Muglach, “Decorrelation Times of Photospheric Fields and Flows”, The Astrophysical Journal 747, 130 (2011)
  • H. Koizumi and Kokichi Sugihara, “Maximum eigenvalue problem for Escherization”, Graphs and Combinatorics vol. 27, pp.431-439 (2011)
  • Kokichi Sugihara, “Rescue boat Voronoi diagrams for inhomogeneous anisotropic, and time-varying distances”, Eighth International Symposium on Voronoi Diagrams in Science and Engineering, Qingdao, China, pp. 91-97 (2011)
  • 川原田寛,杉原厚吉,“細分割を用いた完全六面体メッシュ生成”,計算工学,vol. 16, no. 2,pp. 12-15 (2011)
  • B. Haider, S. Imahori, Kokichi Sugihara, “Success guaranteed routing in almost Delaunay planar nets for wireless sensor communication”, International Journal of Sensor Networks, vol. 9,  Issue 2, pp. 69-75 (2011)
  • 増井翼,友枝明保,岩本真裕子上山大信,“避難時に生じるアーチ状定常解解析”,第17回交通流のシミュレーションシンポジウム論文集,pp.121-124 (2011)
  • Kota Ikeda, Masayasu Mimura, “Traveling wave solutions of a 3-component reaction-diffusion model in smoldering combustion”, Communications on Pure and Applied Analysis, Vol. 11, No.1, pp. 275-305 (2012)
  • Kota Ikeda, Shin-Ichiro Ei and Yasuhito Miyamoto, “Dynamics of a boundary spike for the shadow Gierer-Meinhardt system”, Communications on Pure and Applied Analysis, Vol. 11, No. 1, pp. 115-145 (2012)
  • Satoshi Nakata, Mariko Matsushita, Taisuke Sato, Nobuhiko J. Suematsu, Hiroyuki Kitahata, Takashi Amemiya and Yoshihito Mori, “Photoexcited Chemical Wave in the Ruthenium-Catalyzed Belousov-Zhabotinsky Reaction”, J. Phys. Chem. A 115, 7406-7412 (2011)
  • Nobuhiko J. Suematsu, Akinori Awazu, Shuhei Noda, Shunsuke Izumi, Satoshi Nakata and Hiraku Nishimori, “Localized bioconvection of Euglena caused by phototaxis in the lateral direction”, J. Phys. Soc. Jpn. 80, 064003 (2011)
  • Yumihiko S. Ikura, Ryoichi Tenno, Hiroyuki Kitahata, Nobuhiko J. Suematsu and Satoshi Nakata, “Suppression and regeneration of camphor-driven Marangoni flow with the addition of sodium dodecyl sulfate” J. Phys. Chem. B 116, 992-996 (2011)
  • Nobuhiko J. Suematsu, Taisuke Sato, Ikuko N. Motoike, Kenji Kasima and Satoshi Nakata, “Density Wave Propagation of a Wave Train in a Closed Excitable Medium”, Physical Review E, vol. 84, Issue 4 (2011)
  • Yui Matsuda, Nobuhiko J. Suematsu and Satoshi Nakata, “Photo-sensitive self-motion of a BQ disk”, Phys. Chem. Chem. Phys. 14, 5988-5991 (2012)
  • Ryoko Okajima and Satoshi Chiba, “How does life adapt to a gravitational environment? The outline of the terrestrial gastropod shell”, American Naturalist, Vol. 178, No. 6, pp. 801-809  (2011)
  • Ryusuke Kon, “Age-structured Lotka-Volterra equations for multiple semelparous populations”, SIAM Journal on Applied Mathematics, Volume 71, Issue 3, pp.694-713 (2011)
  • 徳永旭将,池田大輔,中村和幸,樋口知之,吉川顕正,魚住禎司,藤本晶子,森岡昭,湯元清文,CPMN group,“変化点検出を応用した時系列データからの突発現象の前兆検出アルゴリズム”,情報処理学会論文誌「数理モデル化と応用TOM」第 30 号 Vol. 4, No. 3, pp. 14-34 (2011)
  • Teiji Uozumi, Kiyohumi Yumoto, Terumasa Tokunaga, Stepan I. Solovyev, Boris M. Shevtsov, Richard Marshall, Kan Liou, Shinichi Ohtani, Shuji Abe, Akihiro Ikeda, Kentarou Kitamura, Akimasa Yoshikawa, Hideaki Kawano and Masahiro Itonaga, “AKR modulation and global Pi2 oscillation”, J. Geophys. Res., 2011, vol. 116, A06214, doi: 10.1029/2010JA016042 (2011)
  • Hideaki Kawano, Shinichi Ohtani, Teiji Uozumi, Terumasa Tokunaga, Akimasa Yoshikawa, Kiyohumi Yumoto, Elizabeth A. Lucek, M. Andre and the CPMN group, “Pi 2 waves simultaneously observed by Cluster and CPMN ground-based magnetometers near the plasmapause”, Ann. Geophys. 2011, vol. 29, Issue. 9, pp. 1663–1672 (2011)
  • E. M. Takla, Kiyohumi Yumoto, M. G. Cardinal, Shuji Abe, Akiko Fujimoto, Akihiro Ikeda, Terumasa Tokunaga, Y. Yamazaki, Teiji Uozumi, A. Mahrous, E. Ghamry, G. Mengistu, T. Afullo, A. Macamo, L. Joao, H. Mweene, N. Mwiinga, C. Uiso, P. Baki, G. Kianji, K. Badi, P. Sutcliffe and P. Palangio, “A study of latitudinal dependence of Pc 3-4 amplitudes at º magnetic meridian stations in Africa”, Sun and Geosphere, vol. 6, No. 2, pp. 65-70 (2011)
  • Shiro Horiuchi, “Diversity of Local Cultures Maintained by Agents' Movements between Local Societies”, The 7th Conference of the European Social Simulation Association (2011)
  • Wataru Nakahashi and Shiro Horiuchi “Evolution of ape and human mating systems”, Journal of Theoretical Biology 296: 56-64 (2012)
  • Shiro Horiuchi and Hiroyuki Takasaki , “Boundary nature induces greater group size and group density in habitat edges: an agent-based model revealed”, Population Ecology 54: 197-203  (2012)
  • Tetsuji Hidaka, “Detection of change in non-linear dynamics behind the periodic time series and its application to solar cycle prediction”, Int. J. Pure Appl. Math., 73 (3) pp.309-333  (2011)
  • Tetsuji Hidaka and Yasunori Okabe, “Detection of Changes in Non-linear Dynamics for Time Series based on the Theory of KM2O-Langevin Equations”, Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics, 29, no.1, pp.131–163 (2012)
  • Toshihisa Egawa, Kazuo Suzuki, Yoshinori Ichikawa, Tatsuya Iizaka, Tetsuro Matsui and  Yasushi Shikagawa, “A water flow forecasting for dam using neural networks and regression models”, IEEE PES General Meeting, USA (2011)
  • Tatsuya Iizaka, Toru Jintsugawa, Hideyuki Kondo, Yousuke Nakanishi and Yoshikazu Fukuyama, “A wind power forecasting method with confidence interval”, IEEE MWSCAS, Ta1I-1, Korea (2011)
  • 飯坂達也,神通川亨,近藤英幸,中西要祐,福山良和,森啓之,“風力発電予測手法とその信頼区間の推定手法の検討”,電気学会論文誌C,Vol.131-C, No.10 (2011)
  • Amy Poh Ai Ling and Masao Mukaidono, “Selection of Model in Developing Information Security Criteria on Smart Grid Security System, Smart Grid Security and Communications”, The Ninth International Symposium on Parallel and Distributed Processing with Applications (ISPA), No. 108, Busan, Korea, pp.91-98 (2011)
  • Amy Poh Ai Ling, Masao Mukaidono and Kokichi Sugihara, “A Review: The Natural Grid Concept and the Strategy of Asia’s Energy-Balance Pioneer”, Smart Grid Electronics Forum, Session 5.2, pp.1-25, San Jose, California, America (2011)
  • Amy Poh Ai Ling, Kokichi Sugihara and Masao Mukaidono, “A Trade-off between ‘Current’ and ‘Smart Grid’ Energy Supply System”, DC Building Power Asia, Session 4.6, Taipei, Taiwan (2011)
  • Amy Poh Ai Ling and Masao Mukaidono, “Deriving Consensus Rankings via Multi-criteria Decision Making Methodology”, Business Strategy Series, Volume 13 Issue 1, pp.3 - 12 (2012)
  • Amy Poh Ai Ling, Kokichi Sugihara and Masao Mukaidono, “Security Philosophy Important for a Sustainable Smart Grid System”, Eighth International Symposium on Frontiers of Information Systems and Network Applications, Fukuoka, Japan (2012)
  • Amy Poh Ai Ling and Masao Mukaidono, “Grid Information Security Functional Requirement Fulfilling Information Security of a Smart Grid System”, International Journal of Grid Computing & Applications, Vol. 2, No. 2, pp. 1–19 (2011)
  • Amy Poh Ai Ling and Masao Mukaidono, “Selection of Model in Developing Information Security Criteria on Smart Grid Security System”, Journal of Convergence, Vol.2, No.1, pp.39-46 (2011)
  • Amy Poh Ai Ling and Masao Mukaidono, “Smart Grid Information Security (IS) Functional Requirement”, International Journal of Emerging Sciences, Vol.1, No.3, pp. 371-386 (2011)

 論文(査読なし)

  • Masao Mukaidono, “Foreword”, Proceedings of AFSS(Asia Fuzzy Systems Associations) 2011, p.1 (2011)
  • 向殿政男,“安全における科学的事実と価値観”,巻頭言,技術革新と社会変革,No.4, Vol.1,pp.1 社会技術革新学会 (2011)
  • 向殿政男,“ものづくり安全とその基本”,巻頭言,建設の施工企画,No.737,pp. 3,日本建設機械化協会 (2011)
  • 向殿政男,“安全学が日本の企業を救う”,クオリティマネジメント,Vol.62, No.6, pp.40-45, 日本科学技術連盟 (2011)
  • 向殿政男,“科学技術と未来~人と技術・システムとの関わりを中心に~”,SCOPE NET, Vol.59, pp.3-7 (2011)
  • 向殿政男,“安全学の体系化について~安全曼荼羅をベースに考える~”,日本安全学教育研究会誌,Vol.4, pp.47-53, 日本安全学教育研究会 (2011)
  • 向殿政男,“安全目標~どこまでやったら安全か~について考える”,日本安全学教育研究会誌,Vol.4, pp.95-100, 日本安全学教育研究会 (2011)
  • 平尾裕司,向殿政男,“安全の資格認定制度”,信頼性,Vol.33, No.6,pp.286-289,日本信頼性学会 (2011)
  • 向殿政男,“安全性に関する将来展望”,日本信頼性学会誌「信頼性」,Vol.33,No.7,通巻195号,pp.346—351,日本信頼性学会 (2011)
  • 向殿政男,“安全設計の思想”,福島第一原子力発電所事故後の電気エネルギーの円滑な供給に向けて,pp.7-10, EAJ Information, No.150, 日本工学アカデミー (2011)
  • 向殿政男,“安全のために果たすべき役割”,安全と健康,第62巻12号,pp.49-51,中央労働災害防止協会 (2011)
  • 向殿政男,“コンピュータと教育”,明治大学教育会紀要 第4号,pp.7-23, 明治大学教育会 (2012)
  • 刈屋武昭,“合理的行動とは何か-行動ファイナンスへの考察”,『行動ファイナンスから読み解く個人向け投資サービスのあり方』(吉野直行編)  pp. 2-22,野村資本市場研究所 (2011)
  • 秋山正和,手老篤史,小林亮,“卵割の数理モデル”,数理解析研究所講究録,1748 : pp. 107-124 (2011)
  • 中垣俊之,小林亮,“原生生物粘菌による組合せ最適化法 ―物理現象として見た行動知―”,人工知能学会誌,26(5) : pp. 482-493 (2011)
  • 岡倉太朗,荒川薫,“ブロックマッチングによる経年変化顔画像人物認証法の特性改善 ~ ブロック位置補正の導入 ~”,電子情報通信学会研究技術報告,vol.111, no. 210 (SIS2011), pp.69-74 (2011)
  • 三鴨貴,泉太郎,荒川薫,原島博,“明度差を考慮した対話型配色支援システムの一方式”,電子情報通信学会技術研究報告, vol. 111, no. 457, SIS2011-58, pp. 25-30 (2012)
  • 鷲見慎一郎,老沼樹里,荒川薫,原島博,“対話型進化計算を用いた顔画像美観システムのユーザビリティ改善とその評価”,電子情報通信学会技術研究報告, vol. 111, no. 457, SIS2011-68, pp. 83-88 (2012)
  • 西森拓,“砂丘の動きを記述する単純な方程式”,パリティ(丸善出版), Vol.27, 40-45 (2012)
  • 小川知之,“パターン形成の分岐解析(I)”,応用数理,vol. 22(1), 日本応用数理学会 (2012)
  • 堀内史朗,“猿害対策から見る人猿関係の地域間変異”,芝浦工業大学研究報告 45号 pp. 85-90 (2011)
  • Wataru Nakahashi and Shiro Horiuchi, “A mathematical model for the origin of the family”,MIMS Technical Report 38 (2011)
  • 大平涼子,石橋直人,飯坂達也,中西要祐,“部分的最小二乗法を用いた日射量予測”,電気学会全国大会,6-021(2012)
  • 林 巨己,島崎祐一,飯島淳一,飯坂達也,中西要祐,“スマートグリッド向け需給制御システムのリアルタイムシミュレータによる検証(1)”,電気学会全国大会,6-118(2012)
  • 島崎祐一,林 巨己,飯島淳一,飯坂達也,中西要祐,“スマートグリッド向け需給制御システムのリアルタイムシミュレータによる検証(2)”,電気学会全国大会,6-119(2012)

 著 書

  • 向殿政男,“安全と安心が品質経営の中心になる時代”,品質月間テキスト,No.382,日本規格協会,39ページ,2011年
  • (*分担執筆)向殿政男,“安全性設計”,機械工学ハンドブック,pp.676-681,㈱朝倉書店,2011年
  • 高安秀樹,“金融市場におけるリスクと特性-複雑系システムの物理学の視点から”,金融危機とマクロ経済学-資産市場の変動と金融政策・規制(岩井克人・瀬古美喜・翁百合編,東京大学出版会,第7章,163-187,2011年
  • 砂田利一・他(「科学」編集部編),“科学者の本棚 ―『鉄腕アトム』から『ユークリッド原論』まで―”,岩波書店,2011年
  • 砂田利一,長岡亮介,野家啓一,“数学者の哲学+哲学者の数学”,東京図書,2011年
  • 杉原厚吉,“だまし絵の不思議な世界 誰でも描ける・へんな立体が作れる”,子供の科学サイエンスブックス,誠文堂新光社,2011年

 

講 演

 口頭発表

  • Masayasu Mimura, “Modeling of self-organized aggregation: from individual to population”, Conference on Evolutional equations, related topics and applications, 早稲田大学, 東京, 2012年3月19日
  • Masayasu Mimura, “Turing's instability versus cross-diffusion-driven instability”, Pattern formation: The Inspiration of Alan Turing, Oxford, United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland, 2012年3月14日
  • 三村昌泰,“自己組織化集合モデルについて:ミクロとマクロの間を探る”,数電機特別連携講演会,首都大学東京,東京,2012年3月7日
  • Masayasu Mimura, “Mathematics moving towards understanding of self-organization”, Mathematics for Innovation: large and Complex Systems, ESF-JSPS, 東京, 2012年2月29日
  • Masayasu Mimura, “A link between macroscopic and microscopic models of active aggregation”, 20th Annual Workshop on Differential Equation, Taipei, Taiwan, 2012年1月6日
  • Masayasu Mimura, “Active aggregation in two mode-dispersing models”, International workshop on Mathematical Models of Biological Phenomena and their Analysis, 仙台, 2011年11月23日
  • Masayasu Mimura, “Infinite dimensional relaxation oscillation in a population growth model with two mode movement”, Workshop on Reaction-Diffusion Systems in Mathematics and Life Sciences, Montpellier, France, 2011年9月20日
  • Masayasu Mimura, “Competitor-mediated coexistence”, Mathematical Frontiers in the life Sciences, Limerick, Ireland, 2011年7月5日
  • Masayasu Mimura, “Competitive exclusion and competitor-mediated coexistence”, Fronts and Nonlinear PDEs, Ecole Normale Superier, Paris, France, 2011年6月21日
  • Masayasu Mimura, “Infinite dimensional relaxation oscillation in a chemotaxis-growth system”, Colloquium du Laboratoire Jacques-Luis Lions, Univ. Pars VI, Paris, France, 2011年6月17日
  • Masayasu Mimura, “Dynamics of soliton-like dynamics in excitable reaction-diffusion systems”, International Conference on Perspective in Mathematics and Life Sciences, Granada, Spain, 2011年6月8日
  • 生熊克己,向殿政男,“道路交通の死亡事故低減に関する考察”,第10回ITSシンポジウム1,pp.115-120,ITS Japan, 2011年11月4日
  • 向殿政男,“労働安全衛生マネジメントシステムに生かすリスクベースアプローチの考え方”,100周年記念講演 リスクアセスメント/マネジメントシステム分科会,平成23年度全国産業安全衛生大会研究発表集,pp.58-60,中央労働災害防止協会,2011年10月14日
  • 向殿政男,“安全学の立場から安全目標とリスク基準について考える”,特別講演,化学生物総合管理学会学術総会予稿集,pp.63-82,学術総合センター,2011年9月30日
  • 向殿政男,“信頼性・安全性の将来展望”,第1回フォーラム,日本信頼性学会,2011年9月12日
  • 向殿政男,“安全学の視点から原子力安全を観る”,第16回知能メカトロニクスワークショップ,高知工科大,2011年9月2日
  • 向殿政男,“安全学の体系化について~安全曼荼羅をベースに考える~”,日本安全学教育研究会誌,Vol.4, pp.47-53, 日本安全学教育研究会, 2011年8月9日
  • 向殿政男,“安全目標~どこまでやったら安全か~について考える”,日本安全学教育研究会誌,Vol.4, pp.95-100, 日本安全学教育研究会, 2011年8月9日
  • 生熊克己,向殿政男,“事故データからみる道路交通の安全度水準についての考察”,技術研究報告 安全性 SSS2011-8, pp.17-20,電子情報通信学会, 2011年7月21日
  • 生熊克己,向殿政男,“道路交通のエラー水準と交通事故の過剰リスク”,信頼性保全性シンポジウム,日本科学技術連盟,2011年7月15日
  • 生熊克己,向殿政男,“ヒューマンエラーと道路交通の事故低減”,安全工学シンポジウム2011講演論文集,pp.461-464, 日本学術会議総合工学委員会,2011年7月8日
  • 向殿政男,“安全の理念と安全目標”,安全工学シンポジウム2011講演予稿集, pp.11-13, 日本学術会議総合工学委員会,2011年7月7日
  • 生熊克己,向殿政男,“道路交通の安全性水準”,春季信頼性シンポジウム,日本信頼性学会,2011年6月3日
  • 向殿政男,“安全学という新しい視点から身近な事故を解剖する”,知の広場:科学と社会事例研究2,早稲田大学,2011年9月27日
  • 向殿政男,“安全は競争力~経営者にとっての機械安全~”,安全講話,旭進会,2011年9月8日
  • 向殿政男,他,“ディスカッション:放射能のリスクについて,消費者が知っておきたいこと”,シンポジウム:食品と放射能について,知りたいこと,伝えたいこと,消費者庁,神奈川会場:かながわ労働プラザ,埼玉会場:大宮ソニックシティ,2011年8月28日, 29日
  • 向殿政男,“製品安全における世界の動向と日本メーカーが取り組むべき姿”,緊急セミナー:迫りくる法改正,変わる安全設計,日経ものづくり,日本科学技術連盟,東京会場日科技連本部,大阪会場大阪中央電気倶楽部,2011年7月25日-27日
  • 向殿政男,“ためになる「安全学」~暮らし,住まいのあんぜんについて~”,BL, ALIA研究成果合同発表会講演,(財)ベターリビング,(社)リビングアメニティ協会,2011年7月14日
  • 向殿政男,“安全目標について考える ~福島第一原発事故を鑑みて~”,臨時PS講演会,日立ハイテク(株),2011年7月12日
  • 向殿政男,“原発と放射線の安全性を考える ~安全学の視点から~”,特別講義,明治大学情報コミュニケーション研究科,2011年6月13日
  • 向殿政男,“震災における安全について~大震災における労働安全衛生の在り方~”,全国セイフティネットワーク集会,連合,ホテルグランドパレス,2011年5月23日
  • 向殿政男,“福島原発事故から安全を考える~安全学に視点から~”,支部講演会,明治大学校友会東京都東部支部,2011年5月21日
  • 向殿政男,“明治大学と校友会と私”,異世代交流会,明治大学学生校友会,2011年5月20日
  • 向殿政男,“安全目標について考える,~どこまでやったら安全か?~”,第219回月例会特別記念講演, 安全技術応用研究会, 2011年4月26日
  • 向殿政男,“信頼性・安全性の将来展望”,第2回フォーラム,日本信頼性学会,高知市文化プラザかるぽーと,2012年2月3日
  • 谷口稔和,梅崎重夫,向殿政男,“安全分野で使用する情報の特性と災害情報データベースの構築”,IEICE Technical Report Vol.111 No.371,pp.25-28,電子情報通信学会,2011年12月22日
  • 向殿政男,“‘機械システム安全’について”,昇降機システムの安全・安心問題研究会,日本機械学会,2011年10月28日
  • 生熊克己,向殿政男,“事故データからみる道路交通の安全度水準についての考察”,IEICE Technical Report, Vol.111, No.143,pp.17-20,電子情報通信学会,2011年7月14日
  • 向殿政男,“「ゼロリスクはない」とするなら,どうやって安全・安心を説くか?”,パネルディスカッション,品質と安全文化フォーラム,明治大学紫紺館,2012年3月29日
  • 向殿政男,“品質リスクマネジメントの考え方,進め方”,品質講演会,(株)カネカ高砂工業所,2012年3月23日
  • 向殿政男,北野大,“夢と未来をつなぐ講演会”,卒業フェスティバル特別企画,明治大学校友会,明治大学リバティタワー,2012年3月20日
  • 向殿政男,“コンピュータ安全と機能安全”,「組み込みソフトの安全性について」講演会,製品評価技術研究機構,有楽町電気ビル北館,2012年3月13日
  • 向殿政男,“機械安全と製造拠点の海外展開に関するシンポジウム”,パネルディスカッション:モデレータ,日本機械工業連合会,東京証券会館,2012年3月5日
  • 向殿政男,“耐用寿命に対する技術的対応について”,特別講演 実践!信頼性・品質技術研究会,日本科学技術連盟,東高円寺ビル,2012年3月2日
  • 向殿政男,“労働安全衛生マネジメントシステムに生かすリスクベースアプローチの考え方”,安全管理者研修会,福島県労働基準協会,飯坂ホテル聚楽,2012年2月9日
  • 向殿政男,“安全の‘そもそも’とわが国の安全文化・安全意識 ~いま迫られる安全文化・安全意識の見直し~”,NIKKEI安全づくりプロジェクト,日本経済新聞社,日経ホール,2012年1月27日
  • 向殿政男,“原子力発電の安全性に関する一考察”,特別講演,安全応用技術研究会,きゅりあん,2012年1月20日
  • 向殿政男,“耐用寿命について”,第1回耐用寿命研究会,日本能率協会,三田NKビル,2011年12月15日
  • 向殿政男,“原子力発電の安全設計について”,公開シンポジウム,福島第一原子力発電事故後の電気エネルギーの円滑な供給に向けて,日本工学アカデミー,学士会館,2011年12月13日
  • 向殿政男,“安全設計の思想”,明治大学イブニングセミナー「将来に求められる原子力の安全とエネルギーを考えるシンポジウム」,明治大学理工学研究科新領域創造専攻,明治大学リバティタワー,2011年12月3日
  • 向殿政男,“新しい時代における安全・安心重視の企業経営と教育の産学連携”,地域産業活性化公開講座,明治大学天童市講座,天童ホテル,2011年12月1日
  • 向殿政男,“リスクが極めて高いシステムに対する安全設計思想について ~原子力発電に対する一考察~”,第234回総合安全談話会,総合安全工学研究所,2011年11月22日
  • 向殿政男,“労働安全衛生マネジメントシステムに生かすリスクベースアプローチの考え方”,審査委員会講演会,日本能率協会,2011年11月21日
  • 向殿政男,“消費者とリスクコミュニケーション”,ファシリテ―タ研修会,日本消費者生活アドバイザー・コンサルタント協会,全国クリーニング会館,2011年11月18日
  • 向殿政男,“経年劣化を防ぐ安全設計”,製品安全対策シンポジウム,日本能率協会,東京ビッグサイト,2011年11月17日
  • 向殿政男,“次世代の品質経営の基本は信頼+安全・安心”,第52回品質月間特別講演会(松江会場),日本規格協会,くにびきメッセ,2011年11月15日
  • 向殿政男,“安全文化を育てよう~安全な社会への貢献~”,UL University 安全文化セミナー,品質と安全文化フォーラム,明治大学リバティタワー,2011年11月9日
  • 向殿政男,“安全哲学について”,製品安全セミナー<第1回>製品安全の礎,日本規格協会,日本自動車会館,2011年11月7日
  • 向殿政男,“東日本大震災と明大校友会”,シンポジウム,明治大学校友会豊島区地域支部,上池袋コミュニティセンター,2011年11月5日
  • 向殿政男,“原発と放射線の安全性を考える~安全学の視点で~”,明治大学東京都西部地区父母会講演会,明治大学和泉校舎,2011年11月5日
  • 向殿政男,“コンピュータと教育”,第4回総会・研究大会,明治大学教育会,明治大学リバティタワー,2011年11月5日
  • 向殿政男,“日本の安全を根本から考える”,東日本大震災から何を学ぶか~安全・安心な日本を目指して~,明治大学創立130周年記念公開講座,明治大学&明治大学校友会北海道支部,京王プラザホテル札幌,2011年10月30日
  • 向殿政男,“身の回りの安全について~こんにゃくゼリーから原発まで~”,明治大学130周年記念公開講演会,明治大学&明治大学校友会山梨県支部,山梨県立文学館講堂,2011年10月29日
  • 向殿政男,“震災とリスクマネジメント”,基調講演,計装制御技術会議,日本能率協会,三田NNホール,2011年10月26日
  • 蟹瀬誠一,渡邊美樹,齊藤隆,向殿政男,渡辺智恵子,“これからの日本を創る~東日本大震災から得たチカラ~”,創立130周年記念シンポジウム,第14回ホームカミングデー,明治大学,明治大学リバティタワー,2011年10月16日
  • 向殿政男,“安全確保の論理”,シリーズセミナー原子力の安全を問う,エネルギー総合工学研究所,JA救済ビル,2011年10月8日
  • 向殿政男,“震災における安全について~大震災における労働安全衛生の在り方~”,連合全国セイフティネットワーク集会,日本労働組合総連合会,ホテルグランドパレス,2011年6月27日
  • 向殿政男,“今後の労働安全衛生対策の向かうべき方向~労働安全の側面から~”,連合全国セイフティネットワーク集会,日本労働組合総連合会,ホテルグランドパレス,2011年6月27日
  • Takeaki Kariya, “A CB (corporate bond) pricing model for deriving default probabilities and recovery rates”, International Conference on Quantitative Methods for Finance, Sidney, 2011年12月14日-17日
  • Takeaki Kariya, “Empirically Effective Bond Pricing Model and Analysis on Term Structures of Implied Interest Rates in Financial Crisis”, International Conference on Advances in Probability and Statistics - Theory and Applications,Hong Kong, 2011年12月28日-31日
  • 藤田創,森啓之“ハイブリッドコーディングEPSOを用いたLoadability最大化のためのFACTS機器最適配置法”,平成23年度電気学会B部門大会,論文Ⅰ,論文番号21,2011年8月31日
  • 角田広樹,森啓之“解の多様性を考慮した多目的メタヒューリスティクスによる確率的供給信頼度評価”,平成23年電気学会B部門大会, 論文I, 論文番号22,2011年8月31日
  • 高橋政人,森啓之,“前処理を用いたニューラルネットワークによる太陽光発電予測”,平成23年電気学会B部門大会, 論文Ⅱ, 論文番号103,2011年8月30日
  • 横山裕久,森啓之,“データマイニングを用いた配電系統損失最小化”,平成23年度電気学会電力・エネルギー部門大会, 論文番号225,2011年9月1日
  • 横山裕久,森啓之,“データマイニングを用いた配電系統の損失最小化推定”, 電力技術研究会資料, 電気学会, PE-11-057/PSE-11-074,2011年9月28日
  • 高橋政人,森啓之,“DA前処理付きのRBFNによる太陽光発電予測”,平成23年電気学会電力技術研究会資料, 資料番号PE-11-089/PSE11-106,2011年9月29日
  • Hiroyuki Mori, “Estimating Casual Relationship in Load Forecasting with Hybrid Intelligent System”, Invited Seminar at Yonsei University(延世大学), Seoul, Korea, 2011年4月29日
  • Hiroyuki Mori, “Multi-objective Meta-heuristics for ELD in Consideration of CO2 Reduction”, Smart Grid  Special Session Seminar at KIEE(韓国電気学会), Cheju, Korea, 2011年5月20日
  • Hiroyuki Mori, “Recent Trend of Smart Grid in Japan”, Invited Seminar a Chun Yuan Christian University(中原大学), Chungli, Taiwan, 2011年12月29日
  • 横山裕久,森啓之,“データマイニングとニューラルネットワークを用いた配電系統の損失推定”,2011年度第1回電気学会東京支部神奈川支所研究発表会,2012年2月24日
  • 藤田創,森啓之,“FACTS機器最適配置のためのハイブリッドコーティングEPSOの開発”,2011年度第1回電気学会東京支部神奈川支所研究発表会,2012年2月24日
  • 高橋政人,森啓之,“GRBFNとPSOによる太陽光発電出力予測”,2011年度第1回電気学会東京支部神奈川支所研究発表会,2012年2月24日
  • 角田広樹,森啓之,“スマートグリッド環境下におけるウインドファームを考慮した多目的送電系統拡充計画”,2011年度第1回電気学会東京支部神奈川支所研究発表会, 2012年2月24日
  • 高橋政人,森啓之,“過学習防止を考慮したGRBFNによる太陽光発電出力予測”,平成24年電気学会全国大会予稿集,論文番号6-026, 広島工業大学,2012年3月21日
  • 横山裕久樹,森啓之,“ハイブリッドインテリジェントシステムを用いた配電損失推定”,平成24年電気学会全国大会予稿集,論文番号6-033,広島工業大学,2012年3月23日
  • 角田広樹,森啓之,“GRASP-SPEA2による負荷の不確定性を考慮した多目的送電系統拡充計画”,平成24年電気学会全国大会予稿集,論文番号6-044,広島工業大学,2012年3月23日
  • 藤田創,森啓之,“ハイブリッドインテリジェントシステムを用いた天候デリバティブ契約モデルの作成”,平成24年電気学会全国大会予稿集,論文番号6-056,広島工業大学,2012年3月23日
  • 森啓之,大貫安彦,“非線形予測子を用いた電力ネットワークの連続型潮流計算”,平成24年電子情報通信学会非線形研究会技術報告,論文番号NLP2011-153,福江文化会館,2012年3月28日
  • Ryo Kobayashi, “Locomotion of Animals, Robots and Mathematics”, Seminar at Material Measurement Laboratory, NIST, Gaithursburg, USA, 2011年9月
  • Ryo Kobayashi, “Mathematical models of network formation of true slime mold”, Seminar at Dr. Merk's Lab. in CWI, Amsterdam, Netherland, 2011年9月
  • Ryo Kobayashi, T. Nakagaki and A. Ishiguro, “Design of Robot Control Learned from True Slime Mold ”, Problem Solving by Slime Moulds, Uppsala, Sweden, 2011年9月
  • 小林亮,中垣俊之,石黒章夫,“生物ロコモーションに学ぶ大自由度制御システムの新展開”,越境する数学, 東京,2011年9月7日
  • 小林亮,“真正粘菌からロボットへ”,ワークショップ「生物ロコモーションと同期現象」,グリーンピア大沼, 2011年8月
  • M. Akiyama, A. Tero and Ryo Kobayashi, “A Mathematical Model of Cleavage ”, ECMTB 2011, Krakow, Poland, 2011年6月
  • A. Tero, T. Nakagaki and Ryo Kobayashi, “Modeling of the Adaptive Network of True Slime Mold”, ECMTB 2011, Krakow, Poland, 2011年6月
  • T. Kazama, T. Okuno, K. Ito, T. Nakagaki and Ryo Kobayashi, “ A mathematical model for the mode transition of locomotion in Amoeba proteus ”, ECMTB 2011, Krakow, Poland, 2011年6月
  • 小林亮,“単細胞の底力”,京都算楽会第7回研究会, 熱海市, 2011年6月5日
  • 小林亮,“粘菌の知性に学ぶ力”,知識科学研究科セミナー, 北陸先端大学, 2011年5月23日
  • 小林亮,“生物と数学とロボットと”,明治大学先端数理科学研究科開設記念シンポジウム,明治大学, 2011年10月4日
  • 小林亮,“生物と数学とロボットと”,シンポジウム「創発と自己組織化-魅惑の非線形」,九州大学, 2011年11月21日
  • 小林亮,“真正粘菌からロボットへ”,東北地区特別講演会 ロボティクスと数理科学の素敵な出会い,東北大学, 2011年11月25日
  • 小林亮,“粘菌の行動知に学ぶ”,自然の叡智に学ぶ技術セミナー 第2回セミナー「 生物に学ぶソーシャルイノベーション ~ 個と集団の素敵な関係~ 」,大阪科学技術センター, 2011年11月28日
  • 小林亮,“生物と数学とロボットと – 粘菌の行動知に学ぶ –”,数学系セミナー,新潟大学, 2011年12月14日
  • 小林亮,“計算するアメーバの不思議”,創立130周年記念シンポジウム「自然を探り,社会を変える数理科学:現象数理学の挑戦」,明治大学,2011年12月17日
  • Ryo Kobayashi, “Locomotion of Animals, Robots and Mathematics”, GCOEシンポジウム「階層の連結」, Kyoto, 2012年2月13日 -15日
  • 小林亮,“生物と数学とロボットと”,数電機特別連携講演会,首都大学東京, 2012年3月14日
  • 小林亮,“計算するアメーバの不思議”,エネルギー教育賞表彰式・記念講演会,東京,2012年3月16日
  • 小林亮,“フェーズフィールド法とその応用”,日本解剖学会総会・全国学術集会,山梨大学,2012年3月26日
  • 梅田佑樹,荒川薫,“方向性メディアンフィルタを用いた時空間画像修復とそのビデオスクラッチ除去へ応用”,電子情報通信学会ソサイエティ大会,A-20-6,2011年9月13日-16日
  • 鷲見慎一郎,老沼樹里,荒川薫,原島博,“インタラクティブ顔画像美観システムのパラメータ設定方法に関する一検討”,電子情報通信学会ソサイエティ大会,AS-4-1,2011年9月13日-16日
  • 依田融,井口幸洋,荒川薫,“GPU を用いたε-フィルタバンク顔画像美肌化処理システムの動的実現法”, DSPS 教育者会議予稿集, pp.41-42, 2011年9月2日
  • 西川博貴,依田融,井口幸洋,荒川薫,“ε-フィルタバンクを用いた顔画像美肌化処理システムのFPGAによる実現”,DSPS 教育者会議予稿集, pp.43-44, 2011年9月2日
  • Hiraku Nishimori, “Quantitative analysis of behavior of ants: Decision-making under conflicting information”, International Symposium on Complex Systems, Tokyo, 2011年12月2日
  • 西森拓,“アリの集団採餌における判断と行動”,第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 キーノート講演,京都大学,2011年12月23日
  • 西森拓,“アリは群れて何を考えているのか?”,第21回非線形反応と共同現象研究会,広島大学,2011年12月17日
  • 西森拓,“砂丘のダイナミクス--マクロな自然現象の数理モデリングと計算機実験”,一般社団法人 企業研究会 第24期「CAMMフォーラム」,東京,2011年6月3日
  • Hiraku Nishimori and Hirofumi Niiya, “Morphodynamics of dunes described by the migration of crest-lines”, Minerva Gentner Symposium on Aeolian Processes, Ben-Gurion University of the Negev, Eilat Campus, Israel, 2011年10月25日
  • 柴田達夫,“細胞の走化性シグナル伝達系の自己組織化による内在的極性形成と勾配認識”,シンポジウム‘細胞を構成する分子の情報ネットワーク’,第49回日本生物物理学会年会,兵庫県立大学,姫路,2011年9月16 日
  • 柴田達夫,“細胞の走化性シグナル伝達系の自己組織化と応答”,シンポジウム「細胞生物における数理モデルの役割」第21回 日本数理生物学会 年会,明治大学,東京,2011年9月13日–15日
  • Tatsuo Shibata, “Spontaneous symmetry breaking and signal processing in chemotactic response of eukaryotic cells”, International conference ‘Engineering of Chemical Complexity’, Berlin, Germany, 2011年7月4日-8日  
  • Tatsuo Shibata, “Inherent Polarity and Gradient Sensing of the Self-organized Signaling System in Chemotactic Cells” RIKEN CDB-QBiC Joint Symposium ‘Towards Innovation in Developmental Cell Biology: The impact of Emerging Technologies’, RIKEN CDB, Kobe, Japan, 2011年6月30日-7月1日
  • 柴田達夫,“走化性シグナル伝達系の自己組織化と応答に実験と理論からアプローチする”,日本発生生物学会 秋期シンポジウム2011,基礎生物学研究所共催, 自然科学研究機構,岡崎カンファレンスセンター,愛知,2011年12 月19 - 21日
  • Tatsuo Shibata, “Self-organization in signaling system of chemotactic cells”, Modeling and Analysis in the Life Sciences: A ReaDiLab Conference in Tokyo Japan, 東京大学GCOE国際会議主催, 2011年11月28-30日
  • 柴田達夫,“リズムと生物学”,RIMS 研究集会 第8回生物数学の理論とその応用,京都大学数理解析研究所,京都,2011年11 月15 日-18 日
  • 柴田達夫,“走化性細胞における細胞の自発的な極性形成と勾配認識”,CBI/JSBi2011合同大会「計算科学の拓く新しい生命像」情報計算化学生物学会(CBI学会) 共催, 日本バイオインフォマティクス学会共催, 神戸国際会議場,神戸,2011年11月8-10日
  • Tatsuo Shibata, “Self-Organized Signaling System in Chemotactic Cells”, CDB Symposium 2012 “Quantitative Developmental Biology”, RIKEN Center for Developmental Biology, Kobe, 2012年3月26-28日
  • Tatsuo Shibata, “Self-organization in signaling system of chemotactic cells”, East Asia Joint Seminars on Statistical Physics 2012, Center for Soft Condensed Matter Physics& Interdisciplinary Research, Soochow University, Soochow, China, 2012年3月18-20日
  • 砂田利一,“Topological Crystallography”, クレスト・セミナー,東北大学情報科学研究科,2011年5月20日
  • 砂田利一,“Topological Crystallography”,幾何学セミナー,九州大学,2011年6月24日
  • 砂田利一,“Topological Crystallography”,Mathematics Everywhere,明治大学,2011年7月21日
  • 砂田利一,“Topological Crystallography”,WPIセミナー,東北大学,2011年7月29日
  • 砂田利一,“Overview of my work”,華南師範大学,広州,中国,2011年8月9,10日
  • 砂田利一,“Topological Crystallography”,Summer Challenge at KEK,2011年8月24日
  • 砂田利一,“Topological Crystallography”,七夕セミナー,東北大学情報科学研究科,2011年8月26日
  • 砂田利一,“Quantum Walk”,七夕セミナー,東北大学情報科学研究科,2011年8月26日
  • 砂田利一,“Fine asymptotics for 1-dimensional quantum walks”, THE GEOMETRY OF HYPERBOLIC SURFACES AND OTHER MANIFOLDS, Centro Stefano Franscini Ascona, Switzerland, 2011年11月1日,
  • 砂田利一, “Topological Crystallography”, Mathematical Crystallography Workshop, Manila, Philippines, 2011年11月5日
  • 砂田利一,“Topological crystallography”, WPI-AIMR, Tohoku University,2012年2月18日
  • 砂田利一,“Discrete Abel-Jacobi maps and Crystallography”, 2012 Spring Southeastern Section Meeting, University of South Florida, USA, 2012年3月10日
  • Hisao Tamaki, “A polynomial time algorithm for bounded directed pathwidth”, Proc. 37th International Workshop on Graph-Theoretic Concepts in Computer Science, Tepla, Czech Republic, 2011年6月
  • 奥田孝志,小川知之,“反応拡散系における3 重臨界点とそのまわりでのダイナミクス”,日本数学会秋季総合分科会応用数学分科会一般講演,信州大学,2011年9月30日
  • Toshiyuki Ogawa, “Triply degenerate interactions in 3-component reaction-diffusion system”, One Forum, Two Cities: Aspect of Nonlinear PDEs, National Taiwan University,2011年8月29日
  • 小川知之,“3変数反応拡散系の多重臨界点とそのまわりのダイナミクス”,東北大学応用数学セミナー,2011年6月23日
  • 奥田孝志,小川知之,“反応拡散系に現れる3重臨界点とその周りの振動解”,2011年度応用数学合同研究集会, 龍谷大学理工学部,2011年12月17日
  • Hirokazu Ninomiya, “Non-planar traveling waves and entire solutions of Allen-Cahn equations”, University of Minnesota, Minneapolis, USA, 2011年4月20日
  • Hirokazu Ninomiya, “Non-planar traveling waves and entire solutions of Allen-Cahn equations”, Asymptotic Dynamics Driven by Solitons and Traveling Fronts in Nonlinear PDE, Universidad de Chile, Santiago, 2011年7月12日
  • Hirokazu Ninomiya, “Reaction-diffusion approximation and related topics”, 第36回偏微分方程式論札幌シンポジウム, 北海道大学,2011年8月22-24日
  • Hirokazu Ninomiya, “Reaction-diffusion approximation and related topics”, One Forum, Two Cities: Aspect of Nonlinear PDE, 2011, National Taiwan University, Taipei, 2011年8月31日
  • Hirokazu Ninomiya, “The traveling spots and rotating waves of the wave front interaction model”, Front propagation, biological problems and related topics: viscosity solution methods for asymptotic analysis, Sapporo, Hokkaido University, 2011年9月8日
  • Hirokazu Ninomiya, “The traveling spots and rotating waves of the wave front interaction model”, Reaction-Diffusion Systems in Mathematics and the Life Sciences: A conference in honor of Jacques Demongeot and Masayasu Mimura, University of Montpellier II, France, 2011年9月20-22日
  • 草野完也,“Simulation Study on the Onset Mechanism of Solar Eruption”,CAWSES II One-Day Workshop: CME/ICME and Solar Wind 2,京都大学,2011年4月13日
  • 草野完也,“雲核生成に対する気候感度と太陽の気候影響について”,日本地球惑星科学連合2011年大会,幕張,2011年5月25日
  • 草野完也,“Simulation Study on the Trigger Process of Solar Flare”,日本地球惑星科学連合2011年大会,幕張,2011年5月27日
  • 草野完也,“Physics of Solar Flare Onset”, MHD and Kinetic Processes in Laboratory, Space and Astrophysical Plasmas,北京大学,2011年6月6日
  • 草野完也,“The Role of Magnetic Flux Emergence for the Onset of Solar Flares”,AOGS2011, 台北, 2011年8月8日
  • 草野完也,“What Triggers the Onset of Solar Eruption? ”,ISPS2011,國立成功大學,台南,2011年8月15日
  • 草野完也,“フレアトリガとしての上昇磁束の役割について II ”,日本天文学会2011年秋季年会,鹿児島大学,2011年9月22日
  • 草野完也,“STPの諸問題としての太陽活動変動とその予測”,公開討論会 太陽地球系科学の未解決問題―その現状と展望―,名古屋大学,2011年9月26日
  • Kanya Kusano, “The Onset of Solar Eruptions”, Korea-Japan Space Weather Workshop 2011 Current Status and Prospect of Space Weather Modeling and Observation,KASI, Korea,2011年9月29日
  • Kanya Kusano, “Comparative Study of Solar Flare Onset Based on MHD Simulations and  Hinode Observations”, Hinode 5,Boston, U.S.A., 2011年10月10日
  • Kanya Kusano, “Trigger Mechanism of Solar Eruptions”, US-Japan JIFT Workshop Hierarchical Self-Organization of Turbulence and flows in Plasmas, Oceans and Atmospheres, 京都大学,2011年10月24日
  • 草野完也,“シミュレーションで探る太陽フレアと プラズモイド放出のトリガー機構”,Plasma 2011,石川県立音楽堂,金沢市,2011年11月11日
  • Kanya Kusano,“A Systematic Simulation Study on the Onset of Solar Eruptions Triggered by Magnetic Flux Emergence”,AGU Fall Meeting 2011,San Francisco, U.S.A. 2011年12月9日
  • 草野完也,“太陽フレアの形態と発生条件”,太陽研究会「太陽の多角的観測と宇宙天気研究の新展開2012」,名古屋大学 2012年1月11~13日
  • 草野完也,“太陽地球環境科学における 乱流研究の役割と課題”,平成23年度数学・数理科学と諸数学・産業との連携研究ワークショップ『乱流と流体方程式の解の特異性』,名古屋大学,2012年1月27日
  • 草野完也,“宇宙・地球表層・地球内部の相関モデリング”,平成23年度 地球シミュレータ利用報告会,JAMSTEC横浜研究所,2012年2月7日
  • 草野完也,“エネルギーの蓄積とトリガー 太陽フレアの発生条件を探る試みについて”,『「ひので」5年間の成果と今後の展望』研究会,ISAS,2012年2月27~28日
  • Kanya Kusano, “Predicting the Onset of Solar Flares”,GEMSIS International Workshop, 名古屋大学,2012年3月14日
  • 草野完也,“突発現象としての太陽フレア:トーラスプラズマとの共通性について”,日本天文学会2012年春季年会,龍谷大学 2012年3月22日
  • 杉原厚吉,“不可能立体と不可能モーション-錯覚から見えてくる「見る」ことの偉大さと危うさ-”,国立情報学研究所平成23年度オープンハウス 基調講演,2011年6月2日
  • Kokichi Sugihara, “Principle of Independence for Robust Geometric Computation”, Shandong University (中国山東省), 2011年6月27日
  • Kokichi Sugihara, “Why are Voronoi diagrams so fruitful in application?”, Eighth International Symposium on Voronoi Diagrams in Science and Engineering, Qingdao, China, pp. 14, 2011年6月28-30日
  • 杉原厚吉,“計算錯覚学への招待”,CEDEC 2011 (Computer Entertainment Developers Conference 2011),横浜みなとみらい,2011年9月8日
  • 杉原厚吉,“画像理解と不可能モーション錯視”,日本心理学会大会ワークショップ,日本大学,2011年9月15日
  • 杉原厚吉,“反重力すべり台の設計法”,日本オペレーションズリサーチ学会ワークショップ「娯楽のOR」,甲南大学,日本オペレーションズリサーチ学会講演アブストラクト集,2-K-11, pp. 380-381,2011年9月16日
  • 杉原厚吉,“人は目に届く光をなぜ読み誤るのか―視覚から学ぶ脳の働き”,オプティカルソリューションカンファレンス2011 ~生体と光~(サイバネットシステム主催),2011年10月14日
  • 杉原厚吉,“『数学って何の役に立つの』にどう答えるか”,千葉県私学高等学校教員研修会数学科研修会(渋谷学園幕張高校),2011年10月26日
  • 杉原厚吉,“ベスト錯覚コンテスト世界チャンピオンまでの道”,錯視&S3D研究会(デジタルハリウッド大学,秋葉原ダイビル),2011年10月29日
  • 杉原厚吉,“数理で解き明かすだまし絵の秘密”,明治大学創立130周年記念自然科学系シンポジウム「自然を探り,社会を変える数理科学:現象数理学の挑戦」,明治大学駿河台キャンパス,2011年12月17日
  • Kokichi Sugihara, “Computer-Aided Generation of Triply-Crossing Tile Patterns”, 28th European Workshop on Computational Geometry, Assisi, Italy, 2012年3月19-21日
  • 杉原厚吉,“視覚メディアと錯視―人の目はどこまで正しくみられるか”,映像情報メディア学会メディア工学シンポジウム,関東学院大学関内キャンパス,2012年2月17日
  • 杉原厚吉,“画像知覚と立体錯視~人はなぜ奥行きを読み取ることができるのか~”,社会性知能発生学研究会,2012年12月26日
  • 杉原厚吉,“画像知覚のひずみと誇大広告の危険性”,第4回錯覚ワークショップ,明治大学駿河台キャンパス,東京,2012年3月14日
  • Daishin Ueyama, “Waves in lattice reaction-diffusion systems”, Reaction-Diffusion Systems in Mathematics and the Life Sciences: A conference in honor of Jacques Demongeot and Masayasu Mimura, Département de Mathématiques, University of Montpellier II , France, 2011年9月20日
  • 増井翼,友枝明保,岩本真裕子上山大信,“避難時に生じるアーチ状定常解解析”, 第17回交通流のシミュレーションシンポジウム,名古屋大学,2011年12月9日
  • Daishin Ueyama, “Pattern formation in the precipitation systems - modeling and simulations”, International Workshop on Complex Systems in Chemistry, Physics and Biology 2011, Eötvös Loránd University (ELTE), Budapest, Hungary, 2011年11月2-3日
  • 池田幸太,“『移動が個体群動態に及ぼすある影響』での論文紹介〜Stabilizing Dispersal Delays in Predator--Prey Metapopulation Models〜”,生物現象に対するモデリングの数理, 京都大学数理解析研究所111号室,2011年9月26日
  • Kota Ikeda, “Stability analysis for a planar traveling wave solution in an excitable system”, RIMS研究集会「非線形現象に現れる界面運動の数理解析・数値解析」, Kyoto University, Kyoto, 2011年7月12日
  • Kota Ikeda, “Dynamics and Hopf Bifurcation in the Gierer-Meinhardt System”, Modeling and Analysis in the Life Sciences : A ReaDiLab Conference in Tokyo, 東京大学数理科学研究科大講義室, Tokyo,  2011年11月28日.
  • Kota Ikeda, “Dynamics and Hopf Bifurcation in the Gierer-Meinhardt System”, SIAM Conference on Analysis of Partial Differential Equations, San Diego Marriott Mission Valley, San Diego, California USA, 2011年11月16日
  • 池田幸太,“興奮性を示す反応拡散方程式系におけるプラナー進行波解の安定性”,日本数学会2012年春季大会 応用数学分科会 東京理科大学神楽坂キャンパス, 2012年3月29日
  • 池田幸太,“Dynamics and Hopf Bifurcation in the Gierer-Meinhardt System”,KSU非線形解析セミナー, 京都産業大学12号館12301教室, 京都, 2012年2月21日
  • 末松 J. 信彦,“ドデシル硫酸ナトリウム濃度に依存した樟脳船の自律運動”,第63回コロイドおよび界面化学討論会,京都大学,2011年9月9日
  • 末松 J. 信彦,“化学反応波の集団運動”,第5回 自己組織化討論会,Kawasaki Grand Hotel,2011年8月8日
  • 末松 J. 信彦,“さまざまな光刺激に応答する生物対流”,第32回 非線形科学セミナー,千葉大学 櫻井・北畑研究室,2012年3月8日
  • 末松 J. 信彦,“一次元水路における樟脳船の相互作用”,日本化学会第92春季年会 ,2012年3月25日
  • 木下修一, 立石恵大, 上山大信,“心臓突然死を引き起こすスパイラルリエントリー発生機構の解明 ―数理モデルからの接近―”,第21回日本数理生物学会大会, 明治大学,2011年9月14日
  • Ryoko Okajima, “The Cause of Phenotypic Discontinuity:Shell Shapes of Terrestrial Gastropods”, MAS seminar, Meiji University, 2011年6月9日
  • 岡嶌亮子,千葉聡,“幾何学的制約と適応:陸生巻貝の殻形態”,日本数理生物学会,O-8,明治大学,2011年9月13日
  • 岡嶌亮子,“不連続分布の生成機構:陸生巻貝の殻形態”,第40回北海道生命数理セミナー,北海道,2012年1月10日
  • 岡嶌亮子,“移動分散と適応(絶滅)の歴史:哺乳類における事例”,ネアンデルタールとサピエンス交代劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究B01班第三回班会議,明治大学,2012年2月17日
  • 今隆助,“Permanence induced by life-cycle resonances: The periodical cicada problem”,MASセミナー,明治大学,2011年5月12日
  • 今隆助,“生活環共鳴によって起こる捕食者・被食者モデルのパーマネンス:周期ゼミの問題”,今野・梶原研セミナー,横浜国立大学,2011年5月17日
  • 今隆助,“Dynamics of age-structured predator-prey models”,MEEセミナー,明治大学,2011年6月16日
  • 今隆助,“生活環共鳴によって起こる捕食者・被食者モデルのパーマネンス:周期ゼミの問題”,第21回数理生物学会大会,明治大学駿河台キャンパス,2011年9月14日
  • 今隆助,“生活環共鳴によって起こる捕食者・被食者モデルのパーマネンス:周期ゼミの問題”,日本数学会2011年度秋季総合分科会,信州大学(松本キャンパス),2011年10月1日
  • 今隆助,“Age-structured predator-prey models: The problem of periodical cicadas”,明治大学先端数理科学研究科開設記念シンポジウム,明治大学,2011年10月4日
  • 今隆助,“年齢構造を持つ捕食者・被食者モデル:周期ゼミの問題”,京都駅前セミナー,キャンパスプラザ京都6階第7講習室,2011年10月21日
  • 今隆助,“生活環共鳴によって起こる個体群振動”,RIMS研究集会「生物数学の理論とその応用」,京都大学数理解析研究所,2011年11月18日
  • 今隆助,“生活環共鳴による個体群振動の数理的研究”,第43回種生物学シンポジウム,富士Calm(財団法人人材開発センター富士研修所),2011年12月9日~11日
  • Siew Hai-Yen and Jiancang Zhuang, “Modulated renewal models for inter-event times of earthquakes”, The eighth annual meeting of Asia Oceania Geosciences Society, Taipei, 2011年8月10日
  • Siew Hai-Yen and Jiancang Zhuang, “Modulated renewal models for inter-event times of earthquakes”, The 10th Meiji GCOE Wakate Symposium, Tokyo, 2011年9月1日
  • Siew Hai-Yen and Jiancang Zhuang, “Modulated renewal models for inter-event times of earthquakes”, The 2011 Joint Meeting of Statistical Associations, Kyushu, 2011年9月6日
  • Terumasa Tokunaga, Kazuyuki Nakamura, Tomoyuki Higuchi, Teiji Uozumi, Akira Morioka, Kiyohumi Yumoto and MAGDAS/CPMN Group, “Timing relation between positive bay onsets, Pi 2 onsets, auroral initial brightening and auroral breakups”, 地球電磁気•地球惑星圏学会第130回講演会, 神戸大学, 2011年11月3日
  • 中益朗子末松 J. 信彦,木村成介,“ニューベキアの発生過程における表現型可塑性のモデリング”,『第71回 形の科学シンポジウム』,千葉,2011年6月19日
  • Akiko Nakamasu, “From pigment pattern to morphogenesis – The Turing pattern in developmental biology”, 『MAS seminar』, Meiji Univ., 2011年6月23日
  • 堀内史朗,“地域間交流が新文化を創発するメカニズムの解明”,ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証研究2011年度春季大会,東京学術センター,2011年4月24日
  • 堀内史朗,“ユートピアの誕生と崩壊:チキンゲームによる分析”,第52回数理社会学会大会,信州大学,2011年9月6-7日
  • Shiro Horiuchi, “Diversity of Local Cultures Maintained by Agents’ Movements between Local Societies”, The 7th Conference of the European Social Simulation Association, Montpellier, France,2011年9月
  • 堀内史朗,“地域間交流が文化の蓄積を促進する”,ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証研究2011年度秋季大会,愛知県岡崎市・自然科学研究機構岡崎コンファレンスセンター,2011年12月10-11日
  • 堀内史朗,“世の初めから開かれている場所:エージェントベースモデルによるマツリの分析”,第53回数理社会学会大会,鹿児島大学,2012年3月14日
  • 若狭徹,“マクロスケールにおける接触抑制モデルとその解析”, 現象数理セミナー, 九州大学, 2011年8 月11日
  • 若狭徹,“接触抑制モデルの進行波解析”, 夏の偏微分方程式セミナー2011, 龍谷大学セミナーハウス, 2011年8月
  • 若狭徹,“On segregated traveling wave solutions of contact-inhibition model”, D. Hilhorst 研究室セミナー, Universit’e de Paris Sud, France, 2011年5月
  • 西村信一郎,“A Three-dimensional Model for amoeboid Locomotion” 第49回日本生物物理学会年会,兵庫県立大学,2011年9月16日
  • 西村信一郎,“3次元アメーバ様細胞モデル”,理論と実験研究会2011,広島大学,2011年10月7-8日
  • 西村信一郎,“3次元アメーバ様細胞モデル”,生体運動研究合同班会議,筑波大学,2012年1月7日
  • 吉川満,“実用化のための理論の開発”,大学院研究科合同説明会,明治大学,2011年5月21日
  • 吉川満,“私設取引システムの市場特性について”,MIMSカフェセミナー,明治大学, 2012年3月7日
  • Mitsuru Kikkawa,“Limit Order Market Modeling with Double Auction”,Young Researchers Workshop on Finance 2012,The University of Tokyo, 2012年3月9日
  • 日高徹司,“時系列の周期変動の同定と変化構造解析 理論,数値実験,実証分析:太陽黒点,地震”,「複雑系現象の時系列解析12」 -数理・工学・地球物理現象-,明治大学,2011年6月4日
  • 日高徹司,“時系列変化構造解析に基づく実証分析-脳波から感情変化を抽出する試み-”,「複雑系現象の時系列解析12」 -数理・工学・地球物理現象-,明治大学,2011年8月5日
  • 日高徹司,“時系列変化構造解析に基づく実証分析-脳波から感情変化を抽出する試み-(2)”,「複雑系現象の時系列解析12」 -数理・工学・地球物理現象-,2011年9月30日
  • 陳彦宇,“Spiral waves of a wave front interaction model in a plane”,The 3rd Taiwan-Japan Joint Workshop for Young Scholars in Applied Mathematics,National Taiwan University,2012年2月28日
  • Amy Poh Ai Ling, Masao Mukaidono and Kokichi Sugihara, “A Review: The Natural Grid Concept and the Strategy of Asia’s Energy-Balance Pioneer”, Smart Grid Electronics Forum, Session 5.2, San Jose, California, America, pp.1-25,2011年10月25日
  • Amy Poh Ai Ling, Masao Mukaidono and Kokichi Sugihara, “Information Security of the IT Based Electronic Power System-Eliminate Smart Grid Security Vulnerability”, ASEAN-Japan Academic Forum (AJAF) 2011, Tokyo, Japan, 2011年12月11日
  • Amy Poh Ai Ling, Kokichi Sugihara and Masao Mukaidono, “A Trade-off between ‘Current’ and ‘Smart Grid’ Energy Supply System”, DC Building Power Asia, Session 4.6, Taipei, Taiwan, pp. 142-173, 2011年12月12-13日
  • Amy Poh Ai Ling, Kokichi Sugihara and Masao Mukaidono, “Security Philosophy Important for a Sustainable Smart Grid System”, 2012 26th International Conference on Advanced Information Networking and Applications Workshops, IEEE, Fukuoka, Japan, pp.29-34, DOI 10.1109/WAINA.2012.45, 2012年3月26-29日
  • Amy Poh Ai Ling, Kokichi Sugihara and Masao Mukaidono, “Smart Grid System Functional Requirement”, AMS開設記念ポスターセッションMIMS現象数理学, 16, Tokyo, Japan, 2011年10月4日
  • 岩本真裕子,“空間離散的なBZ反応における興奮波伝搬”,N.L.P.M.サマーセミナー,紅葉屋(愛知県知多半島),2011年8月7日
  • 岩本真裕子,“腹足類の這行運動”,MEEセミナー夏合宿,明治大学清里セミナーハウス,2011月7月26日
  • Mayuko IwamotoRyo Kobayashi and Daishin Ueyama, “Crawling Locomotion: The Advantage of Mucus”, The 3rd Taiwan-Japan Joint Workshop for Young Scholars in Applied Mathematics, 国立台湾大学,2012年2月27日
  • 大家義登中村和幸,“津波遡上域の高精度推定の為の底面抵抗の評価に関して”, 日本物理学会第67回年次大会, 関西学院大学, 2012年3月25日

 ポスター発表

  • Hiroki Kakuta and Hiroyuki Mori, “Probabilistic Transmission Network Expansion Planning in Consideration of Wind Farms”, 先端数理科学研究科開設記念シンポジウムポスターセッション, 明治大学, 2011年10月4日
  • Hajime Fujita and Hiroyuki Mori, “Application of Hybrid-Coding EPSO to Electric Power Systems”, 先端数理科学研究科開設記念シンポジウムポスターセッション, 明治大学,2011年10月 4日
  • Masato Takahashi and Hiroyuki Mori, “Generation Output Prediction of PV Systems by RBFN with Global Structure”, 先端数理科学研究科開設記念シンポジウムポスターセッション, 明治大学, 2011年10月 4日
  • Hirohisa Yokoyama and Hiroyuki Mori, “A Data-Mining-Based Method for  Estimating Distribution Network Loss Minimization Conditions”, 先端数理科学研究科開設記念シンポジウムポスターセッション, 明治大学, 2011年10月 4日
  • Hiraku Nishimori, “A Theoretical study of Morphodynamics of Dunes Using Dune Skeleton Model”, Minerva Gentner Symposium on Aeolian Processes, Ben-Gurion University of the Negev, Eilat Campus, Israel, 2011年10月25日
  • 杉原厚吉,“立体錯視の数理モデリングとその応用”,CREST「数学」領域シンポジウム,P-12-1,東京秋葉原アキバプラザホール,2011年9月7日
  • Nobuhiko J. Suematsu,“Collective behavior of camphor boats on a annular water channel”,Collective Dynamics and Pattern Formation in Active Matter Systems,Dresden, Germany,  2011年9月12日
  • 末松 J. 信彦,“光強度に依存したミドリムシの生物対流”,第21回 非線形反応と協同現象研究会,広島大学,2011年12月17日
  • 木下修一, 山田弘明,“Some properties of Attractors in Biological Network”, 先端数理科学研究科開設記念シンポジウム, 明治大学,2011年10月4日
  • Ryoko Okajima and Satoshi Chiba,“Adaptation and constraint: shell angle of terrestrial gastropods”, MIMS 現象数理学ポスターセッション,明治大学,2011年10月4日
  • Ryusuke Kon, “Permanence induced by life-cycle resonances: the periodical cicada problem”, The European Conference on Mathematical and Theoretical Biology (ECMTB2011) , Krakow, Poland, 2011年7月1日
  • 今隆助,“Dynamics of age-structured predator-prey models: The problem of periodical cicadas”,RIMS研究集会「力学系とトポロジーのフロンティア」,京都大学理学研究科3号館, 110講演室,2011年11月23日
  • 徳永旭将,湯元清文,魚住禎司,吉川顕正,中村和幸,池田大輔,MAGDAS/CPMN Group,“Singular Value Transformationを用いた地上磁場からのサブストームオンセットの同定”,地球惑星連合大会2011年, 千葉県幕張メッセ, 2011年5月26日
  • Terumasa Tokunaga, Kazuyuki Nakamura, Tomoyuki Higuchi, Teiji Uozumi, Akimasa Yoshikawa, Akira Morioka, Kiyohumi Yumoto and MAGDAS/CPMN Group, “Timing relation between positive bay onsets, Pi 2 onsets, auroral initial brightening and auroral breakups”, Workshop on Physical Processes in Non-Uniform Finite Magnetosheric Systems -50 Years of Tamao’s Resonant Mode Coupling Theory, 九州大学, 2011年9月12日-15日
  • 若狭徹,“Modeling and analysis for cell population model with contact-inhibition”, MIMS 現象数理学ポスターセッション(先端数理科学研究科開設シンポジウム), 明治大学, 2011年10月4日
  • 西村信一郎,“A theoretical model for amoeboid locomotion”,ゴードン会議(2011 Gordon Research Conference on Gradient Sensing & Directed Cell Migration),Les Diablerets, Switzerland, 2011年6月5-10日
  • Mitsuru Kikkawa, “Empirical Evidence for Evolutionary Game Theory : to connect with observable phenomena”, MIMS現象数理学ポスターセッション (先端数理科学研究科開設記念シンポジウム), 明治大学,2011年10月4日
  • C.-C. Chen, L.-C. Hung , 三村昌泰, 藤間真, 上山大信,“Semi-Exact Equilibrium Solutions of Competition-Diffusion Systems and Competition-Mediated Coexistence” MIMS現象数理学ポスターセッション,明治大学,2011年10月4日
  • Tatsuya Iizaka, Hiroyuki Mori, “A Wind Power Forecasting Method”,先端数理科学研究科開設記念シンポジウム,明治大学,2011年10月4日
  • 陳彦宇,“Spiral wave pattern of wave front interaction model”, 先端数理科学研究科設立記念シンポジウム:MIMS現象数理学ポスターセッション,2011年10月4日
  • Amy Poh Ai Ling and Masao Mukaidono, “Selection of Model in Developing Information Security Criteria on Smart Grid Security System”, Smart Grid Security and Communications, The Ninth International Symposium on Parallel and Distributed Processing with Applications (ISPA), No. 108, Busan, Korea, pp.91-98,2011年5月26-28日
  • Amy Poh Ai Ling, Kokichi Sugihara and Masao Mukaidono, “Smart Grid System Functional Requirement”, AMS開設記念ポスターセッションMIMS現象数理学, 明治大学,2011年10月4日
  • Mayuko IwamotoRyo Kobayashi and Daishin Ueyama, “A Mathematical Research for the Effectiveness of Mucus in Crawling Locomotion of Gastropod”, 明治大学大学院先端数理科学研究科開設シンポジウム,明治大学,2011年10月4日
  • 岩本真裕子小林亮上山大信,“腹足類の這行運動における粘液効果の数理的研究”, 日本数理生物学会年会,P13,明治大学,2011年9月14日

研究集会の主催

  • Shuichi Kinoshita and Hirokazu Ninomiya,, “3rd Japan-Taiwan Joint Workshop for Young Scholars in Applied Mathematics”, Organizer: Chiun-Chuan Chen, Jann-Long Chern, Jong-Shenq guo,  Chun-Hsiung Hsiz, Shuichi Kinoshita, Yoshihisa Morita, Hirokazu Ninomiya, Taipei, 2012年2月27-28日
  • 西村信一郎,理論と実験研究会2011 in 広島大学,2011年10月7-8日

 

2011年度 *論文・著書*   *講演*   *研究集会の主催*

2008年度 研究成果   2009年度 研究成果    2010年度 研究成果