2008年度 研究成果

 明治大学グローバルCOEプログラム「現象数理学の形成と発展」における研究活動の成果を、以下に掲載します。

2009年度 研究成果はこちら 
2010年度 研究成果はこちら 
2011年度 研究成果はこちら 

  2008年度 *論文・著書*   *講演*   *研究集会の主催*

 

論文・著書

  • T. Sunada: Crystals that nature might miss creating, Notices of the AMS, 55, 208-215 (2008).
  • Y. Okabe, “On a time series analysis for complex phenomena based upon the theory of 2O-Langevin equations”, International Journal of Pure and Applied Mathematics, Volume 49, No. 3, (2008), 309-316.
  • 向殿政男、「ロボット技術の変遷と将来」,電力マンスリー, Vol.667, (2009), 5-7
  • 向殿政男、「日本と欧米の安全・リスクの基本的な考え方について」,標準化と品質管理,Vol.61,No.12,(2008), 4-8
  • 向殿政男、「ITを活用した安全衛生管理の意義,目的と今後の展望」,安全と健康,Vol.9, No.11,(2008),17-19
  • K. Sugihara and M. Mukaidono, “Structured Safety System of Power Assistance Robot”, Proceedings of 39th International Symposium on Robotics 2008, (2008), 460-465.
  • 向殿政男、「品質を超えた『安全』をつくれ,日本のものづくり2.0」,日本経済新聞出版社, (2008),59-96
  • 向殿政男、「品質だけでなく,安全にも目配りを 日本,ものづくりの真髄」,日経BP社,(2008),206-211
  • K. Sugihara and M. Mukaidono, “Safety Theory of Power Assistance Robot”, Proceedings of The Health and Safety Conference Canada, Industrial Accident Prevention Association, (2008), 409-414.
  • 刈屋武昭、「品格ある企業の価値創造と地球サステナビリティ―組織精神性資産の戦略化」,証券アナリストジャーナル,2009年2月号,(2009),45-53
  • 刈屋武昭、「価値創造の事業リスクマネジメント」,住友経営テクノロジーフォーラム3,住友経営テクノロジーフォーラム,(2008),171-213
  • 刈屋武昭、「『日本人』が幸福になる強固で賢い小国へのすすめーグローバリゼーションと国家精神性資産」,『経済マイスターによる知力講座』日本経済新聞出版社,(2008),123-192
  • 刈屋武昭、勝浦正樹,『統計学(第2版)』,東洋経済新報社,(2008)
  • Eitaro Kurata and Hiroyuki Mori, “Short-term load forecasting using informative vector machine”, Electrical Engineering in Japan(Wiely InterScience), Vol. 166, Issue 2, (2009), 23-31.
  • Tadahiro Itagaki and Hiroyuki Mori, “Application of DA-preconditioned FINN for electric power system fault detection”, Electrical Engineering in Japan(Wiely InterScience), Vol. 166, Issue 2, (2009), 39-46.
  • Daisuke Iwashita and Hiroyuki Mori, “Risk quantification for ANN based short-term load forecasting”, Electrical Engineering in Japan(Wiely InterScience), Vol. 166, Issue 2, (2009), 54-62.
  • H. Mori and T. Muroi, “Distribution System Service Restoration Using TS with Probabilistic Neighborhood” in C.H. Dagli, et al. (Eds.), “Intelligent Engineering Systems through Artificial Neural Networks”, Vol. 18, (2008), 727-734, New York, U.S.A.
  • Hiroyuki Mori and Akira Awata, “Feature Extraction of Meteorological Data Using Regression Tree for Wind Power Generation,” Proc. of IEEE ICSET 2008(International Conference on Sustainable Energy Technologies), (2008), 1104-1107, Singapore.
  • Hiroyuki Mori and Eitaro Kurata, “Application of Gaussian Process to Wind Speed Forecasting for Wind Power Generation”, Proc. of IEEE ICSET 2008(International Conference on Sustainable Energy Technologies), (2008), 956-959, Singapore.
  • Hiroyuki Mori and Wenjun Jiang, “A Risk Analysis Method for Carbon Price Prediction with Hybrid Intelligent Model in Consideration of Variable Selection of Graphical Modeling”, Proc. of IEEE ICSET 2008(International Conference on Sustainable Energy Technologies), (2008), 1-6 , Singapore.
  • 森啓之、「競争環境下における電力系統計画手法の新しいパラダイム」,電気学会B部門論文誌 2008年10月号,(2008),1190-1193
  • Hiroyuki Mori, 「2008 IEEE Transmission and Distribution Conference and Exposition 報告」,電気学会B部門論文誌 2008年10月号,(2008),1286
  • H. Mori and K. Ohkawa: “Application of Hybrid Meta-Heuristics Method to Unit Commitment in Power Systems”, Proc. of The IEEE Electric Power and Energy Conference 2008(EPEC 2008) (CD-ROM), (2008), 1-6, Vancouver, Canada.
  • H. Mori and T. Yoshida, “Probabilistic Distribution Network Expansion Planning with Multi-objective Memetic Algorithm”, The IEEE 8th Annual Electrical Power & Energy Conference 2008 (EPEC2008) (CD-ROM), (2008), 1-6, Vancouver, Canada.
  • Atsuhiro Furuta and Hiroyuki Mori, “Application of parallel tabu search-based hierarchical optimization to distribution system service restoration”, Electrical Engineering in Japan (Wiely InterScience), Vol. 166, Issue 2, (2008), 15-23.
  • R. Yokoyama, T. Oyama, N. Yorino, T. Ishikawa, H. Mori and T. Hiyama, “Advanced and Intelligent Technologies for Reliable Operation of Power Systems and Electricity Markets”, IEEJ Trans. on Electrical and Electric Engineering (Wiely InterScience), Vol. 3, Issue 5, (2008), 464-472.
  • Hiroyuki Mori and Hidenobu Tani, “A Tabu Search Based Method for Optimal Allocation of D-FACTS Devices in Distribution Systems”, IFAC (International Federation of Automatic Control) World Congress(CD-ROM), (2008), 6 pages, Seoul Korea.
  • T. Kojima and H. Mori, “Development of nonlinear predictor with a set of predicted points for continuation power flow”, Electrical Engineering in Japan, (Wiely InterScience) Vol. 163, Issue 4, (2008), 30-41.
    Hiroyuki Mori,「電力システムにおける信頼度評価の現状について」,日本信頼性学会誌, Vol.30,No.4,(2008),317-327
  • Hiroyuki Mori and Wenjun Jiang, “An ANN-Based Risk Assessment Method for Carbon Pricing”, Proc. of IEEE Eupean Electricity Markets 2009(EEM 2009), (2008), 1019 - 1024, Lisbon, Portugal.
  • H. Mori, K. Shimomugi and Y. Umezawa, “A Data Mining Technique for Distribution Network Loss Minimization”, Proc. of IEEE PES Transmission and Distribution (T&D2008) (CD-ROM), (2008), 1-6, Chicago, IL, USA.
  • T. Nakagaki, A. Tero, R. Kobayashi, I. Onishi and T. Miyaji, “Computational ability of cells based on dynamics and adaptability”, New Generation Computing, Ohmsha-Springer, 27(1), (2009), 57-81.
  • A. Tero, T. Nakagaki, T. Kazutaka, Y. Kenji and R. Kobayashi, “A method inspired by Physarum for solving the Steiner problem”, International Journal of Unconventional Computing, (2008).
  • A. Tero, K. Yumiki, R. Kobayashi, T. Saigusa and T. Nakagaki, “Flow-network adaptation in Physarum amoebae”, Theory In Biosciences, 127, (2008), 89-94.
  • A. Ishiguro, T. Umedachi, T. Kitamura, T. Nakagaki and R. Kobayashi, “A fully decentralized morphology control of an amoeboid robot by exploiting the law of conservation of protoplasmic mass”, Proceedings of IROS WS 2008, (2008).
  • T. Umedachi, T. Kitamura, T. Nakagaki, R. Kobayashi and A. Ishiguro, “A modular robot driven by protoplasmic streaming”, Proceedings of DARS2008, (2008).
  • Tadashi Yoshikura and Kaoru Arakawa, “Video Watermarking Retrievable from MPEG Data Without Specifying the Location of Embedding”, Proc. IEEE ISPACS2008, (2009), 352-355.
  • Kaoru Arakawa,「科学技術は地球と人類のために」,電子情報通信学会誌,Vol.92, No.1, (2009),18-20
  • Takashi Matsui, Kaoru Arakawa, Keiko Imamura, and Kohei Nomoto, “Color Scheme Support System Enhancing Users’ Creativity Using Interactive Evolutionary Computing”, Proc. SCIS & ISIS 2008, (2008), 1927-1931.
  • Kaoru Arakawa and Kohei Nomoto, “Nonlinear Denoising Filter for Images with Interactive Evolutionary Computing Considering the Subjective Assessment”, Proc. IEEE SMCia/08, (2008), 264-268.

 

  • H.Nishimori, A.Kastuki and Hiromi Sakamoto, “Coupled ODEs model for the Collision Process of Barchan Dunes”, Thoretical and Applied Mechanics Japan 57, (2009), 174-184.
  • 勝木厚成,西森拓、 遠藤徳孝,谷口圭輔, 「衝突時における三日月型砂丘の動力学」, ながれ,第26巻,(2008),5-14
  • 藤井雅史,西森拓、 粟津暁紀,「走化性を考慮した複数車線交通流」,交通流のシミュレーションシンポジウム論文集,(2008)
  • 坪田誠,西森拓、「量子渦のダイナミクス/風紋と砂丘の動力学」,培風館,非線形科学シリーズ1,(2008)
  • Shibata, T. and Ueda, M., “Noise generation, amplification and propagation in chemotactic signaling systems of living cells”, BioSystems, 93, (2008), 126-132.
  • Nishikawa, M., Takagi, H., Shibata, T. Iwane, A. H. and Yanagida, T., “Fluctuation analysis of mechanochemical coupling depending on the type of biomolecular motors” Physical Review Letter, 101, (2008), 128103.
  • Ueda, M., Shibata, T. and Sako, Y., “Signal transduciton across the plasma membrane. In Single Molecule Dynamics in Life Science” (eds. T. Yanagida and Y. Ishii). WILEY-VCH Verelag GmbH & Co. KGaA, Weinheim, (2008), 99-116.
  • Hauert C, Wakano JY and Doebeli M, “Ecological Public Goods Games: cooperation and bifurcation”, Theoretical Population Biology 73, (2008), 257-263.
  • Wakano JY and Whiteman HH, “Evolution of polyphenism: the role of density and relative body size on morph determination”, Evolutionary Ecology Research 10, (2008), 1157-1172.
  • T. Sunada and H. Urakawa, “Ray-Singer zeta functions for compact flat manifolds”, to appear in Contemporary Math. A. M. S.
  • 砂田利一、「世界の形,方程式の形」,特集「方程式に潜む対称性」-“美しさ”から探る方程式の見方-, 数理科学 2009年3月号,No.549,(2009)
  • 砂田利一他,「トポロジーデザイニング―新しい幾何学からはじめる物質・材料設計―」,対称性の幾何学,(2009)
  • M. Itoh, M. Kotani, H. Naito, T. Sunada, Y. Kawazoe, and T. Adschiri, “New metallic carbon crystal”, Phys. Rev. Lett. 102 No.5, (2009)
  • T. Sunada, “Crystals that nature might miss creating”, Notices of the AMS, 55, (2008), 208-215.
  • T. Sunada, “Discrete geometric analysis”, Proceedings of Symposia in Pure Mathematics (ed. by P. Exner, J. P. Keating, P. Kuchment, T. Sunada, A. Teplyaev), 77, (2008), 51-86.
  • 砂田利一、「論理と計算」,高校生のための数学セミナー,数学のたのしみ,(2008),9-20
  • 砂田利一、「線形代数と幾何—図形で楽しむ線形代数」,特集 線形代数の力—その歴史から多彩な応用まで, 数理科学,46(6) (通号540),(2008) ,20-24
  • 砂田利一、「一般化と抽象化」 (抽象化・一般化—知れば知るほど深まる数学),数学セミナー, 47(6) (通号561),(2008),10-13
  • 砂田利一、巻頭エッセイ,科学,4月号,(2008)
  • D. Hilhorst, R. van der Hout, M. Mimura and I. Ohnishi, “A mathematical study of the one dimensional Keller and Rubinow model for Liesegang bands”, to appear in J. Statistical Physics, (2009)
  • X.-C. Chen, S.-I. Ei and M. Mimura, “Self-motion of camphor discs: Model and Analysis”, Networks and Heterogeneous Media, 4, (2009), 1-17.
  • D. Hilhorst, R. Kersner, E. Logak and M. Mimura, “Interface dynamics of the Fisher equation with degenerate diffusion”, J. differential Equations, 244, (2008), 2879-2889.
  • H. Izuhara and M. Mimura, “Reaction-diffusion system approximation to the cross-diffusion competition system”, Hiroshima Math. J., 38, (2008), 315-347.
  • K. Ikeda and M. Mimura, “Mathematical treatment of a model for smoldering combustion”, Hiroshima Math. J, 38, (2008), 349-361.
  • S. Kawaguchi and M.Mimura, “Synergetic effect of two inhibitors and one activator in a reaction-diffusion system”, Phys. Rev. E, 77, 046201, (2008)
  • Qian-Ping Gu, Hisao Tamaki, “Optimal branch-decomposition of planar graphs in O(n^3) time”, ACM Transaction on Algorithms 4(3), (2008)
  • 玉木久夫、「乱択アルゴリズム」,共立出版,(2008)
  • 草野完也、天文学会設立百周年記念「現代の天文学」,太陽,第10巻,部分執筆,(2009)
  • 阪口 秀,草野完也、末次大輔 編,東京大学出版会,「階層構造の科学」,(2008)
  • Nishikawa, N., and Kusano, K., “Simulation Study of the Symmetry-Breaking Instability and the Dipole Field Reversal in a Rotating Spherical Shell Dynamo”, Phys. Plasmas, Vol.15, 082903, (2008)
  • Miyoshi, T., Kusano, K., “Robust and Efficient Riemann Solvers for MHD” ASP Conference Series, Vol. 385, NUMERICAL MODELING OF SPACE PLASMA FLOWS / ASTRONUM-2007, 2008, eds. Nikolai V. Pogorelov, Edouard Audit, and Gary P. Zank, (2008), 279-284.
  • Sugiyama, T.; Kusano, K., “Multi-physics Plasma Simulation by the Interlocking of Two Different Hybrid Models” ASP Conference Series, Vol. 385, NUMERICAL MODELING OF SPACE PLASMA FLOWS / ASTRONUM-2007, 2008, eds. Nikolai V. Pogorelov, Edouard Audit, and Gary P. Zank, (2008), 228-236.
  • Schrijver, C. J., DeRosa, M. L., Metcalf, T., Barnes, G., Lites, B.,Tarbell, T., McTiernan, J., Valori, G., Wiegelmann, T., Wheatland, M.S., Amari, T., Aulanier, G., Demoulin, P., Fuhrmann, M., Kusano, K., Regnier, S., Thalmann, J. K. “Nonlinear force-free field modeling of a solar active region around the time of a major flare and coronal mass ejection”, The Astrophysical Journal, (2008), 675:1637-1644.
  • Shiota D., Kusano K., Miyoshi T., Nishikawa N., Shibata K., “A quantitative MHD study of the relation among arcade shearing, flux rope formation, and eruption due to the tearing instability”, JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS Volume: 113 Issue: A3 Article Number: A03S05,(2008)
  • 阿原一志、「数学教育用SNSの試み」,CIEC特集号,(2008)
  • 上山大信、「AUTOによる大域ダイナミクスの解析の試み」,数学,(印刷予定)
  • I. Lagzi and D. Ueyama, “Pattern transition between periodic Liesegang pattern and crystal growth regime in reaction-diffusion systems”, Chemical Physics Letters, 468, (2009), 188–192.

 

講 演

  • 岡部靖憲、「複雑系現象の時系列のモデル解析」 階層構造の科学+現象数理学研究会,2008年11月30日~12月1日
  • 岡部靖憲、「地震・株価・脳波の異常を数学で捕捉可能か」 明治大学ホームカミングデー記念講演会,生明祭理工学部&農学部共催講演会,2008年11月
  • Yasunori Okabe, On a time series analysis for complex phenomena based upon the theory of KM2O-Langevin equations, Fifth International Conference of Applied Mathematics and Computing, Plovdiv, Bulgaria, (2008-08)
  • 岡部靖憲、「経済時系列の実験数学的研究と般若心経---複雑系現象の時系列の異常の前兆の補足とダイナミクスの導出」 明治大学リバーティアカデミービジネスプログラム,講義,2008年4月~6月
  • 向殿政男、「『リスク』の理解が未来を開く ~リスクの概念とリスクアセスメントの基本~」 リスクアセスメント推進大会2008,豊田労働基準監督署,豊田労働基準協会,豊田市民文化会館,2009年3月
  • 向殿政男、「安全の理念について」 学術会議 総合工学委員 工学システムに関する安全・安心・リスク検討分科会,2009年3月
  • 向殿政男、 「安全と安心の架け橋」 日本工学アカデミー 第4回安全工学ファーラム,安全知の認知・創域作業部会,弘済会館,2009年3月
  • 向殿政男、「安全を創る真実はいずこに ~個人の責任と企業の役割のはざまで~」 化学生物総合管理学会・社会技術革新学会2009年度春季討論会,学術総合センター,2009年3月
  • 向殿政男、「化学・生物総合管理の再教育講座」 シンポジウム,明治大学リバティアカデミー,お茶の水女子大学,学術総合センター,2009年3月
  • 向殿政男、 「消費者用製品のリスクアセスメントに関する今後の展望」 『事故の事典』発行セミナー:製品事故をどう防ぐか,日経ものづくり,東京コンファレンスセンター,2009年3月
  • 向殿政男、「経営に求められるものづくり安全 ~安全文化を育む~」 安全衛生トップセミナー,中央労働災害防止協会,大津プリンスホテル,2009年1月
  • 向殿政男、「製品安全~企業は今,何をなすべきか~」 ものづくり安全における我が国の現状と将来 安全技術応用研究会,2008年12月
  • 向殿政男、三菱総研倶楽部月例セミナー,三菱総合研究所,2008年12月
  • 向殿政男、「製品安全対策優良企業表彰受賞企業の講評」 第3回製品安全総点検セミナー,経済産業省,JAホール,2008年11月
  • 向殿政男、「安全規制における共通の考え方について」 NITEリスクマネジメント勉強会,製品評価技術基盤機構,2008年11月
  • 向殿政男、 「機械安全と包括的安全基準 機械安全とリスクアセスメント」 明治大学リバティアカデミー,明治大学リバティタワー,2008年11月
  • 向殿政男、「長期使用製品の安全性確保」 ヤマハ発動機,磐田,コミュニケーションプラザ,2008年11月
  • 向殿政男、「機械安全に関する国内外の動向」 JIMTOF2008における主催者セミナー, 日本工作機械工業会,東京ビッグサイト,2008年11月
  • 向殿政男、「総合司会 ものづくり安全最前線 ~グローバルスタンダードの潮流の中で~」 日経産業新聞ファーラム,日経産業新聞,日経ホール,テイジンホール,2008年10月
  • 向殿政男、「安全学のすすめ」 第7期産業安全保険エキスパート養成コース,労働科学研究所,新宿パークタワー,2009年10月
  • 向殿政男、「安全学概論 製品の安全学入門」 明治大学リバティアカデミー,明治大学リバティタワー,2008年10月
  • 向殿政男、「サービスロボットのリスクアセスメント」 イノベーション・ジャパン2008,東京国際ファーラム,科学技術振興機構,2008年9月
  • 向殿政男、「『安全学』の構築に向けて」 鉄道総研セミナー,鉄道技術総合研究所,2008年9月
  • 向殿政男、「製品安全確保のための品質リスクアセスメント」 北米・中南米・欧州MD経営責任者品質マネジメント学習会,松下電器産業株式会社,2008年9月
  • 向殿政男、 「企業競争力を高めるホンモノづくり」~製品安全の観点から見たホンモノづくり~ 『つくる』第1回シンポジウム,日経産業新聞,日経ホール,2008年9月
  • 向殿政男、「設計から寿命までの安全」 品質つくりこみ最前線2008,日経ものづくり主催セミナー,東京コンファレンスセンター品川,2008年7月
  • 向殿政男、「次世代ロボットと安全問題」 講演会,(社)電気倶楽部,2008年7月
  • 向殿政男、 「事故と安全,製品安全とリスクマネージメント」 消費者実務研究会, 厚生年金会館,2008年7月
  • 向殿政男、「今,企業もとめられるものづくり安全」 中産連会員懇談会,(社)中部産業連盟,中日パレス,2008年7月
  • 向殿政男、記念講演 「イノベーション都市川崎~ロボット産業展開の可能性~」 20周年記念式典,(財)川崎市産業振興財団,川崎市産業振興会館ホール,2008年7月
  • 向殿政男、「安全/安心・リスクと企業経営全体討議」 第24回FMES(経営工学関連学会協議会)シンポジウム,日本学術会議総合工学委員会,日本学術会議 講堂,2008年7月
  • 向殿政男、「『安全学』という学問は成立しうるか?」 第23回KIT虎ノ門サロン,金沢工業大学,2008年6月
  • 向殿政男、「長期使用製品の安全性確保」 製品安全特別セミナー,松下電器産業,2008年6月
  • 向殿政男、「安全設計の考え方」 第12回安全・環境問題規制検討会,経済産業研究所,2008年6月
  • 向殿政男、「安全学のすすめ」 第6期産業安全保険エキスパート養成コース,労働科学研究所,新宿パークタワー,2009年6月
  • 向殿政男、基調講演 「長期使用製品の安全性確保について」 UL製品安全セミナー2008,UL-Japan,明治記念館,2008年5月
  • 向殿政男、 「労働安全の新しい流れ」 経営戦略スタッフ会議,三菱マテリアル(株),2008年5月
  • 向殿政男、「ものづくり安全~安全な職場で安全な製品を安全に作る~」 2008年度ソニーセーフティ実務担当者勉強会,ソニーファシリティマネジメント(株),刈谷市産業振興センター,2008年5月
  • 向殿政男、「安全学入門 ~安全学の構造~」 安全学概論1,明治大学リバティアカデミー,明治大学秋葉原サテライトキャンパス,2008年4月
  • 向殿政男、「安全規格の国内外の動向について」 富士電機アドバンスドテクノロジー(株),2008年4月
  • 刈屋武昭、基調講演「サブプライム問題を考える」 京都大学経済金融シンポジウム『金融危機と今後の展望』,2009年3月
  • 刈屋武昭、「サブプライム問題と金融システムのあり方」 日本金融・証券計量・工学学会,2009年1月
  • 刈屋武昭、「サブプライム問題と金融危機」 日本証券計量工学学会研究発表会,資料予稿集収録,2009年1月
  • 刈屋武昭、資料「グローバル金融市場の展望」 (独)経済産業研究所ワークショップ『サブプライム問題と金融危機』,2008年11月
  • 刈屋武昭、「価値創造ERMと組織精神性資産」 日本価値創造ERM学会研究会,2008年10月
  • 下麥光二郎,森啓之、「系統再構成とキャパシタ制御を考慮した三相不平衡配電系統損失最小化問題の解法」 平成21年電気学会全国大会予稿集,論文番号6-025,2009年3月
  • 金岡大介,森啓之、「インテリジェントシステムを用いた天候リスクスワップの等価性の検証とプライシング」 平成21年電気学会全国大会予稿集,論文番号6-117,2009年3月)
  • 関康太郎,森啓之、「三相不平衡配電系統における前処理付き反復法を用いた連続型潮流計算」 平成21年電気学会全国大会予稿集,論文番号6-114,2009年3月
  • 梅澤康士,森啓之、「アンサンブル学習を用いた電力価格予測」 平成21年電気学会全国大会予稿集,論文番号6-103,2009年3月
  • 室井貴行,森啓之、「確率近傍選択タブサーチを用いた配電系統復旧制御」 平成21年電気学会全国大会,論文番号6-026,2009年3月
  • 蒋文駿,森啓之、横山隆一,「因果関係を考慮した短期排出権価格のリスク解析」 平成21年電気学会全国大会,受付番号:6-910,2009年3月
  • 蒋文駿,森啓之、「前処理付きカーネルマシンを用いた短期電力負荷予測の信頼区間推定」 平成21年電気学会全国大会,受付番号:6-920,2009年3月
  • 吉田尚史,森啓之、「確率的な配電系統拡張計画に対するMulti-objectiveMemetic Algorithmの適用」 平成21年電気学会全国大会予稿集,6-013,2009年3月
  • 石橋直人,森啓之、「電圧安定度解析のための負荷マージン推定」 平成21年電気学会全国大会予稿集,6-091,2009年3月
  • 高橋輝,森啓之、「最適回帰二進木と最適化したANNを用いた電力価格予測」 平成21年電気学会全国大会予稿集6-101,2009年3月
  • 大川健太,森啓之、「発電機の起動停止計画のためのTSとEPSOを用いた新しい開発手法」 平成17年電気学会全国大会予稿集6-046,2009年3月
  • 下麥光二郎,森啓之、「GRASP-GAによる信頼度を考慮した送電系統拡充計画」 平成20年電気学会電力・エネルギー部門大会,論文Ⅰ,論文番号34,2008年9月
  • 金岡大介,森啓之、「Relevance Vector Machineを用いた短期電力負荷予測のための気温予測」 平成20年電気学会B部門大会,論文I,論文番号1,2008年9月
  • 蒋文駿,森啓之、「排出権取引のためのインテリジェントシステムを用いたリスク評価法」 平成20年電気学会B部門大会,論文I,論文番号5,2008年9月
  • 室井貴行,森啓之、「確率的近傍選択を用いたTSによる配電系統復旧制御アルゴリズムの開発」 平成20年電気学会B部門大会, 論文I, 論文番号27,2008年9月
  • 蒋文駿,森啓之、「グラフィカルモデリングを用いたマーケットゾーンの因果関係の解析」 平成20年電気学会B部門大会,論文II,論文番号103,2008年9月
  • 室井貴行,森啓之、「ネットワークの複雑性理論に基づく電力システムのメータ配置」平成20年電気学会B部門大会,論文II, 論文番号168,2008年9月
  • 石橋直人,森啓之、「電力価格時系列データにおける類似性の抽出」 平成20年電気学会B部門大会,論文II,論文番号111,2008年9月
  • 大川健太,森啓之、「ハイブリッドメタヒューリスティクスを用いた発電機の起動停止問題の解法」 平成20年電気学会B部門大会, 論文II, 論文番号120,2008年9月
  • 吉田尚史,森啓之、 「不確定性を考慮した配電系統拡張計画」 平成20年電気学会B部門大会,論文II,論文番号233,2008年9月
  • 蒋文駿,森啓之、「グラフィカルモデリングを用いた短期排出権価格のリスク評価法」電気学会電力技術研究会資料,資料番号PE-08-98/PSE-08-107,2008年8月
  • 室井貴行,森啓之、「トポロジー可観測性改善のための複雑ネットワークによるメータ配置法」 平成20年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会,PE-08-72/PSE-08-81,2008年8月
  • 吉田尚史,森啓之、「メタヒューリスティクスを用いた確率的な配電系統拡張計画」 平成20年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会, PE-08-89/PSE-08-98,2008年8月
  • 大川健太,森啓之、「発電機の起動停止問題への二層メタヒューリスティクスの適用」平成20年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会,資料番号PE-08-87・PSE-08-96,2008年8月
  • 石橋直人,森啓之、「類似性を考慮した電力価格時系列データのクラスタリング」 平成20年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会,PE-08-101/PSE-08- 110,2008年8月
  • Ryo Kobayashi, “A Mathematical Model of Amoeboid Locomotion”, International Conference for Nonlinear Science, Sapporo Winter School, Hokkaido University (2009-02)
  • Ryo Kobayashi, “A Mathematical Model of Amoeboid Locomotion”, Mathematical Understanding of Complex Systems arising in Biology and Medicine, Meiji University (2008-10)
  • Ryo Kobayashi, “A Mathematical Model of Amoeboid Locomotion”, Dynamics Days Asia Pacific 5, Nara (2008-09)
  • R. Kobayashi, A. Tero and T. Nakagaki, “Patterns and Computations in Biological Systems—True Slime Mold—”, Czech- Japanese Seminar in Applied Mathematics 2008, Takachiho, Miyazaki (2008-09)
  • Ryo Kobayashi, “A Mathematical Model of Locomoting Amoeba”, The Second China-Japan Colloquium of Mathematical Biology, Okayama (2008-08)
  • Kaoru Arakawa, “Introduction of Interactive Evolutionary Computing to Nonlinear Filters for Images Considering Human Subjective Assessment”, 2008 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Bangkok(SISB) 2008, (2009-03)
  • 加藤雅人,荒川薫, 「遺伝的アルゴリズムを用いた雑音残響下でのブラインド信号分離」 2009年電子情報通信学会総合大会,A-4-23,2009年3月
  • 中井義,荒川薫, 「ブロックマッチングを用いた経年変化顔画像の人物認識法」 2009年電子情報通信学会総合大会,A-20-3,2009年3月
  • 板谷晋平,井口幸洋,荒川薫, 「ε-フィルタバンクのFPGA実現と顔画像美肌化への応用」 2009年電子情報通信学会総合大会,A-20-2,2009年3月
  • 鈴木雅之,玉手慎也,荒川薫, 「脳波解析による文章黙読時の感性評価」 電子情報通信学会研究技術報告,SIS2008-90,pp.101-105,2009年3月
  • 中井義,荒川薫, 「部分的一致度を用いた経年変化顔画像による人物認識法」 電子情報通信学会研究技術報告,SIS2008-87,pp.85-90,2009年3月
  • 加藤雅人,荒川薫, 「雑音残響環境における混合音声分離のためのブラインド信号分離の一手法 ~ 遺伝的アルゴリズムの導入 ~」 電子情報通信学会研究技術報告,SIS2008-81, pp.55-60,2009年3月
  • 京谷尚樹,千嶋健太,荒川薫, 「動画像美肌化処理システムのDSPによる実装」 第10回DSP教育者会議,pp.63-64,2008年9月
  • 京谷尚樹,荒川薫, 「ベイズ推定と定常-非定常分離フィルタを用いた音声の突発性雑音除去」 2008年電子情報通信学会ソサイエティ大会,A-20-6,2008年9月
  • 千嶋健太,荒川薫, 「ハフ変換を用いた映像フィルムスクラッチ修復の一手法」 2008年電子情報通信学会ソサイエティ大会,A-20-4,2008年9月
  • 中井義,荒川薫, 「経年変化を含む顔画像による個人認証の一手法」 2008年電子情報通信学会ソサイエティ大会,A-20-3,2008年9月
  • 板谷晋平,馬志端,井口幸洋,荒川薫, 「ε-フィルタのFPGA実現と顔画像美肌化への応用」 2008年電子情報通信学会ソサイエティ大会,A-20-1,2008年9月
  • Kaoru Arakawa and Kohei Nomoto, ”Nonlinear Denoising Filter for Images with Interactive Evolutionary Computing Considering the Subjective Assessment”, International Workshop on Multi-Media Signal Processing, pp.10-14, (2008-06)
  • 京谷尚樹,荒川薫, 「定常-非定常分離フィルタを用いた音声からの突発性雑音除去の一方式」 電子情報通信学会研究技術報告,SIS2008-14,2008年6月

 

  • Hiraku Nishimori, “Mathematical Model for the Foraging Tactics of Ants Colony under Unsteady Food Supply” in Sapporo Winter School, Sapporo (2009-02)
  • Hiraku Nishimori, “Optimal Foraging Path of Ants under Dynamical Feeding”, in International workshop on biological group behaviors and nonlinear dynamics Hokkaido University, Sapporo (2008-09)
  • Tatsuo Shibata, “Self-organisation in chemotactic signaling for spontaneous cell migration of Eucaryotic cells”, The 3rd International Workshop on Systems Radiation Biology, Rovaniemi, Finland, (2009-01)
  • 柴田達夫、「細胞スケールの自己組織化現象を1細胞イメージングによる定量データと数理モデルにより解明する」 定量生物学の会 第1回キャラバン,国立遺伝学研究所,2009年3月
  • 柴田達夫、「ゆらぐ世界の定量生物学」 定量生物学の会 第1回キャラバン,国立遺伝学研究所,2009年3月
  • 柴田達夫、「Self-organization in chemotactic signaling of eukaryotic cells」 明治大学グローバルCOEプログラム『現象数理学の形成と発展』キックオフフォーラム,明治大学,2009年3月
  • 柴田達夫、「1細胞の自己組織化現象を蛍光イメージデータの時系列解析と数理モデルによって解明する」 京都駅前セミナー,〜非線形現象の数理を考える〜,キャンパスプラザ京都,2009年1月
  • 西川正俊,柴田達夫、「バクテリアの適応反応で生じるノイズと走化性」 2009年生体運動研究合同班会議,東京大学,2009年1月
  • 柴田達夫、「生物学にとっての理論,理論にとっての生命現象」 定量生物学の会,年会,ワークショップ“A matter of wetting in the quantitative biology ”,東京大学,2009年1月
  • 柴田達夫、「『シグナル伝達と符号•暗号』離散力学系の分子細胞生物学への応用数理」 京都大学数理解析研究所,2009年1月
  • 柴田達夫、「分子スケールから細胞スケールまで,数理諸学と生物学の統合科学としての生命システム科学への挑戦」 INSAMシンポジウム,数理シミュレーション科学プロジェクト研究センター,広島大学,2008年12月
  • 椿直輝,柴田達夫、小林亮、「粒子法を用いた細胞運動のモデル」 INSAMシンポジウム,数理シミュレーション科学プロジェクト研究センター,広島大学,2008年12月
  • Tatsuo Shibata, “Self-organization in chemotactic signaling for spontaneous cell migration of Eukaryotic cells” Integrating Physics, Chemistry, Mathematics and Biology to understand living systems (IPCMB 2008), Bose Institute, Kolkata, India (2008-12)
  • 西川正俊,柴田達夫、「Molecular noise can improve bacterial chemotaxis」 数理生物学会年会,同志社大学,2008年9月
  • 柴田達夫、新井由之,松岡里実,上田昌宏,「細胞性粘菌の走化性シグナル伝達系における自己組織化現象の蛍光イメージ解析と理論的解析」 数理生物学会年会,同志社大学,2008年9月
  • 柴田達夫、「細胞スケールの自己組織化現象 イメージ・データ解析と数理モデル」 細胞・発生生物学研究への数理科学的アプローチ,理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター,2008年9月
  • 柴田達夫、「走化性情報処理のゆらぎと協同性」 第60回日本細胞生物学会大会,パシフィコ横浜,2008年6月29日~7月1日
  • 柴田達夫、 “Self-organization in chemotactic signal transduction of eukaryotic cell” International Workshop on Bio-Soft Matter,東京大学小柴ホール,2008年6月
  • Toshikazu Sunada, Imperial College, London, (2009-03)
  • T. Sunada,パリ第6大学,2009年2月
  • T. Sunada,Bielefeld大学,2008年12月
  • T. Sunada,Humboldt大学,3回連続講演,2008年11月
  • T. Sunada,Texas A&M大学,3回連続講演,2008年11月
  • T. Sunada,Max Planck研究所(Bonn), 幾何学セミナー,2008年10月
  • T. Sunada,Max Planck研究所(Bonn),Oberseminar,2008年7月
  • T. Sunada,Muenster大学コロキウム,2008年7月
  • T. Sunada,Bonn大学大域解析学セミナー,2008年4月
  • Masayasu Mimura, “Free Boundary Problems related to Contact Inhibition”, Winter School on Recent Challenges in Medical Mathematics and Cancerology: Modeling and Mathematical Analysis, (2009-02)
  • 三村昌泰、「自然の中に数学を見つけよう」 SSH講義,広島大学付属高校,2009年1月
  • 三村昌泰、「シマウマにヒョウの模様が現れるか」 現代数学入門講座,湘南国際村センター,2009年1月
  • 三村昌泰、「生き物の神秘—数学からの解明−」 SSH講義,沖縄県立開邦高校,2009年1月
  • 三村昌泰、「自然の中にある数学を探る」 湘南数学セミナー,湘南国際村センター,2009年1月
  • Masayasu Mimura, “Reaction-diffusion equations and Applications”, Colloquium, Institute of Mathematics, Academia Sinica, Taiwan, (2008-12)
  • Masayasu Mimura, “Segregation Problems In Competition-Diffusion Systems”, 2008年數學學術研討會・中華民國數學會年會, 清華大学, (2008-12)
  • Masayasu Mimura, “Transient self-organized patterns in biological and chemical systems”, International Workshop on Mathematical Biology, National Taiwan Normal University, Taiwan, (2008-12)
  • 三村昌泰、「生き物の神秘—数学からの解明−」 特別講演会,香川県立高松高校,2008年11月
  • Masayasu Mimura, “Traveling Waves in Smoldering Combustion under Micro-Gravity”, PDE approximations in Fast reaction-slow diffusion scenario, Lorentz Center, University of Leiden, The Netherlands, (2008-11)
  • Masayasu Mimura, “Competition-mediated coexistence for three species”, 2nd China-Japan Colloquium of Mathematical Biology, Okayama, Japan, (2008-08)
  • Masayasu Mimura, “Pattern Formation arising in Transient Far From Equilibrium States”, Oscillations & Dynamic Instabilities in Chemical Systems, Gordon Research Conference, Colby College Waterville, ME, U.S.A., (2008-07)
  • Masayasu Mimura, “Transient Asymptotics in Far from equilibrium Reaction-Diffusion Systems”, European Conference on Mathematical and Theoretical Biology, Edinburgh, Scotland, (2008-06)
  • Kanya Kusano, Daikou Shiota, Satoshi Inoue, Tooru Sugiyama, Shinichiro Shima, Yoji Kawamura, Ryuho Kataoka, Takahiro Miyoshi, Eiji Asano, Takuma Matsumoto, Tatsuki Ogino, Kazunari Shibata, “Multi-scale Modeling of Solar Terrestrial Environment”, Space Climate symposium 3, Saariselka, Finnish Lapland, (2009-03)
  • Kanya Kusano, Daikou Shiota, Satoshi Inoue, Ryuho Kataoka, Takahiro Miyoshi, Tetsuya Magara, Eiji Asano, Takuma Matsumoto, Tetsuya Yamamoto, Tatsuki Ogino, Kazunari Shibata, “Multi-scale Modeling of Solar Terrestrial Environment System”, Fifty Years after IGY- Modern Information Technologies and Earth and Solar Sciences, AIST(つくば), (2008-11)
  • Kanya Kusano, “Data-Driven Simulation of Solar Eruption”, Workshop on Space Weather Modeling, KASI(大田市,韓国),(2008-10)
  • 草野完也、塩田大幸,井上諭,片岡龍峰,三好隆博,真柄哲也,浅野栄治,松本琢磨,山本哲也,荻野竜樹,柴田一成,招待講演「太陽地球システムのデータ駆動連結階層モデリング:太陽爆発の予知可能性について」地球電磁気・地球惑星圏学会第124回総会・講演会,2008年10月
  • Kanya Kusano, “A New Modeling Study to Understand the Impact of Cosmic Ray on Cloud Dynamics”, International Symposium of “From Genome to Snowball Earth, Metazoan Evolution and Habitable Planets: Multidisciplinary Relations” 科学未来館, (2008-10)
  • 草野完也、 スーパー・サイエンス・ハイスクール(SSH)宇宙地球科学研修,広島大学附属高等学校講師,2008年9月
  • Kusano Kanya, Sugiyama Tooru, Inoue Satoshi, Shiota Daiko, Asano Eiji, Matsumoto Takuma, Kataoka Ryuho, Shibata Kazunari, “Multi-scale Interlocked Simulation of Solar Eruption”, 37th COSPAR Scientific Assembly, Montreal, Canada (2008-07)
  • Kanya Kusano, Satoshi Inoue, Daikou Shiota, Eiji Asano, Takuma Matsumoto, Ryuho Kataoka, Kazunari Shibata, “Data-driven Simulation of Solar Flare and CME Initiation” AOGS2008, (釜山, 韓国),(2008-06)
  • 草野完也 招待講演 「現象数理学と物理学 ~階層を超える科学を目指して~」 第1回MIMSフォーラム『現象数理学の創造』,明治大学紫紺館,2008年6月
  • 草野完也 招待講演 「Cosmoclimatology宇宙気候学~宇宙的視点から地球環境を探る~」 東京自由大学 地球温暖化防止シンポジウム『地球温暖化—宇宙からの視点』,東京大学小柴ホール,2008年6月
  • 草野完也、塩田大幸,井上諭,片岡龍峰,浅野英治,松本琢磨,荻野瀧樹,柴田一成,招待講演「宇宙天気予報の基礎研究としての太陽地球システムの連結階層モデリング」 2008年日本地球惑星科学連合大会,宇宙天気モデリング共同チーム,幕張メッセ国際会議場,2008年5月
  • Kanya Kusano, Hiroki Hasegawa, Shigenobu Hirose, Yohji Kawamura, Akio Kawano, Shinichiro Shima, Tooru Sugiyama, Daiko Shiota, Satoshi Inoue, Ryuho Kataoka, Eiji Asano, Takuma Matsumoto, Takahiro Miyoshi, Tatsuki Ogino, and Kazunari Shibata, “Study of Multi-scale and Multi-physics Dynamics with Macro-Micro Interlocked Simulations”, The 6th EU-Japan Joint Symposium on Plasma Processing (JSPP2008), Okinawa Convention Center, Okinawa, Japan (2008-04)
  • 上山大信、“Modeling and Simulation-Pattern formation of Liesegang type precipitation”, 明治大学グローバルCOEプログラム『現象数理学の形成と発展』 キックオフフォーラム 〜現象数理学の新しい展開を求めて〜, 明治大学紫紺館,2009年3月
  • 上山大信、「あるゲル内沈殿系におけるパターン遷移 -シミュレーション解析と実験からの アプローチ」 小研究集会in富山『反応拡散系における諸問題2008』,富山大学理学部数学科,2009年1月
  • Daishin Ueyama, “A simulation study of pattern transition in a precipitation system”, PDE approximations in Fast reaction-Slow diffusion scenarios, Lorentz Center, Netherlands, (2008-11)
  • Daishin Ueyama, “A simulation sutdy of pattern transition in a precipitation system”, The Japan-France International Laboratory (LIA-197) ReaDiLab “Mathematical Understanding of Complex Systems arising in Biology and Medicine”, 明治大学紫紺館, (2008-10)
  • 上山大信、「分岐解析ソフトウェアAUTOの教育研究における利用例の紹介」 数学ソフトウェアとフリードキュメント07,東京工業大学大岡山キャンパス,2008年9月

 

研究集会の主催

  • Hiroyuki Mori, International Symposium on Sustainable Energy 2008, Meiji University, (December 10, 2008)
  • Toshikazu Sunada, Panel member of the European Research Council, an organization set up to promote outstanding, frontier research in all areas of science and humanities throughout Europe.
  • Toshikazu Sunada, Andrejewski Lecturership at Humboldt University in Berlin under the auspices of the Walter and Eva Andrejewski Foundation as a distinguished scholar.
  • Toshikazu Sunada, Frontiers Lecturership at Texas A&M University.
  • Toshikazu Sunada, An organizer of “Analysis on graphs and its applications” in Issac Newton Institute, Cambridge.
  • P. Exner, J. P. Keating, P. Kuchment, T. Sunada, and A. Teplyaev (Ed.), Analysis on garphs and its applications, Proceedings of Symposia in Pure Mathematics, {\bf 77} (2008)
  • 三村昌泰、「階層構造の科学+現象数理学」研究会 ,共同主催:独立行政法人海洋研究開発機構『階層構造の科学』研究グループ,明治大学グローバルCOEプログラム『現象数理学の形成と発展』,共同組織委員:草野完也 (2008年11月30日~12月1日)
  • Masayasu Mimura, Workshop on PDE approximations in fast reaction-slow diffusion scenarios, co-organizing with D. Hilhorst, A. Muntean and T. Aiki, Lorentz Center, the Netherlands, (November 10-14, 2008)
  • Masayasu Mimura, The Japan-France International Laboratory (LIA-197) ReaDiLab, “Mathematical Understanding of Complex Systems arising in Biology and Medicine”, Meiji University, (October 27-29, 2008)
  • 草野完也、名古屋大学太陽地球環境研究所 学術創成研究費「宇宙天気予報の基礎研究」,合同研究集会「宇宙プラズマ爆発現象研究会」, 名古屋大学東山グリーンサロン,(2009年3月13日)
  • Kanya Kusano, International Workshop on Variabilities of Solar-Cosmic and Terrestrial Environment JAMSTEC (Yokohama),(December 4-6, 2008)
  • 草野完也、「階層構造の科学+現象数理学」研究会 ,共同主催:独立行政法人海洋研究開発機構『階層構造の科学』研究グループ,明治大学グローバルCOEプログラム『現象数理学の形成と発展』,共同組織委員:三村昌泰(2008年11月30日~12月1日)
  •  

その他

  • 向殿政男 (監修) 「リスクアセスメントとは ~リスク編~」安全衛生映像研究所,(2008年7月)
  • 向殿政男 (監修) 「リスクアセスメントとは ~アセスメント編~」安全衛生映像研究所,(2008年7月)

 

2008年度 *論文・著書*   *講演*   *研究集会の主催*

2009年度 研究成果   2010年度 研究成果    2011年度 研究成果