計算機設備概要

概要

GCOEシミュレーション設備は、PCクラスターとベクトル型コンピュータのハイブリッドシステムで、問題によって、両者を使い分けることができます。また、パスワード、ファイルサーバーは一元管理されており、両者の違いをあまり意識することなく利用が可能です。ファイルサーバーの容量は、おおよそ6TBで、現在のところ、各ユーザーに対するファイル容量制限は課していません。

PCクラスターには、性能を最大限発揮するために、Intel Compiler と PGI Compiler 両商用コンパイラが導入されています。また、PCクラスターは、その資源を有効活用するため、torque によるリソース管理が行われています。

 

PCクラスター システム

計算ノード(8台構成:16CPU,64コア)
NEC製 Express5800/120Rh-1

CPU数 2 クアッドコア Xeon X5460 3.16GHz
主記憶容量 8GB 
ディスク容量 160GB
ソフトウェア CentOS 5.2
設置場所 計算機室 
用途 数値計算等
ノード毎の設定 nec1-nec7 torque による管理
nec8 リモートログインすることによるインターラクティブ利用
nec8 Mathematica のカーネルの実行,Sambaサーバー

管理サーバ・ファイルサーバ

NEC製 Express5800/120Lj

CPU数 2 クアッドコア Xeon E5420 2.50GHz
主記憶容量 12GB
ディスク容量 5.2TB
設置場所 計算機室
用途 プログラムの編集・コンパイル,qsub, qstat, qdel コマンドによるジョブの投入・管理

SX8i システム

ベクトル演算マシン SX-8i
NEC製 SX-8i

CPU数 1
最大ベクトル性能 16GFLOPS 
主記憶容量 16GB 
ソフトウェア SUPER-UX R17.1, FORTRAN90/SX, C++/SX, ASL
設置場所 計算機室 
用途 大規模な数値計算等

フロントエンドサーバ

ソフトウェア SUSE Linux Enterprise10 sp2, クロスコンパイラ一式
設置場所 計算機室(管理サーバ・ファイルサーバ内のVM)
用途 SX-8i 用クロスコンパイラによるコンパイル,qsub, qstat, qdel コマンドによるジョブの投入・管理

可視化 システム

MicroAVSマシン(SGI製)
クラスターで作成したデータを可視化するのに利用することを想定しています。