人材育成プログラム

これまでMIMSの活動は研究推進に重点をおいてきましたが、現象と数理の間に「架け橋」を構築する力を持った人材が不足していることから、本拠点において、MIMSが培ってきた研究基盤をもとに、以下の教育プログラムを実施し、現象数理学の若手研究者の育成を強化します。

MIMS Ph.D.プログラム:対象―博士後期課程学生
MIMS若手研究者育成プログラム:対象―学内外の助教・PDなど若手研究者

本大学から現象のモデル構築を通じて数理的解明の業務を担うことができる現象数理学を習得し、現象と数理の架け橋となるユニークなスペシャリストを輩出し、学界、産業界などからの多様な要請に応えます。

MIMS Ph.D.プログラム

博士後期課程学生対象の単位を伴うPh.D.取得プログラム

参加は、インターネットなどを通し、国内外で公募され、とくに、海外の若手研究者を受入れ、国際的発展と交流を強化します。インターネットはもちろん、国際学会、国際研究集会などあらゆる機会を捉えて、MIMSの環境・研究条件と整備された支援体制を国内外に周知し、MIMS Ph.D.プログラムへの参加を呼びかけています。

詳細については、こちらのページをご覧ください。

MIMS若手研究者育成プログラム

助教・PD等若手研究者を対象にしたプログラム

  • 国際現象数理学スクールの開催:国内外から優れた数理科学者を招聘し、最先端課題の解説と導入を行うスクールを開催。
  • 現象数理若手プロジェクトの公募:若手研究者がコーディネーターとなって、現象数理学に関連する他分野の研究者を加えたプロジェクトを立案・実施し、研究者としての自立を図る。
  • MIMSと協定した国内外他研究機関との研究交流:国際交流経験の蓄積および国際研究集会での成果発表とこれを踏まえた研究交流による当該研究の飛躍的発展を目指す。

支援体制

本大学は、研究者養成型助手、TA・RA制度、PD雇用制度、若手研究費など、支援体制をすでに整備しています。本拠点では、これらを有効活用するとともに、さらに以下の支援体制を設け、教育研究環境を強化しています。

MIMS Ph.D.プログラム学生

  • グローバルCOE博士課程研究員制度(博士後期課程学生対象):日本学術振興会特別研究員DCと同等の経済支援(希望者全員)
  • 給費奨学金制度(学費免除)

ポスト・ドクター

  • グローバルCOE−現象数理 SPD: 研究者としての自立および現象数理学の研究を推し進め成果を世界に向け発信することを任務とする(日本学術振興会特別研究員SPDと同等の経済支援)
  • グローバルCOE-現象数理 PD、MIMS PD、大学法人 PDの3タイプの雇用制度

若手研究者