MIMS Ph.D.プログラム

グローバルCOEプログラム「現象数理学の形成と発展」の博士後期課程における教育の中心となるのは、本学研究・知財戦略機構の附置研究機関である明治大学先端数理科学インスティテュート(MIMS)における Ph.D. プログラムです。「MIMS Ph.D.プログラム」は、「横断教育プログラム」と「実践プログラム」によって構成されています。

現象数理学横断教育プログラム
現象のモデリングに関する基礎技術と数理解析技術の習得。
現象数理学実践プログラム
実践体験の蓄積・拡充、課題の発見と問題意識の醸成を目的に実験家・実務家・フィールド研究者とのコラボレーションに基づく実践型セミナーを実施。
博士後期課程共通プロジェクト系科目
MIMSにおける最先端の研究成果を大学院学生に伝えることにより、各自の研究に新たな展開、刺激を与えることを目的としています。→詳細:MIMSのサイトへ

MIMS Ph.D.プログラムは、複眼的な視野を持った人材を育成することを目的として、(a)非線形非平衡系の現象数理学、(b)非線形時系列に対する現象数理学 の2つのコースを開設し、数理解析・シミュレーション・モデリングを専門分野とする研究者が相補融合的にチームを組織し、複数指導体制をとっています。



以下のリンク先もあわせてご覧ください。



<MIMS Ph.D.プログラムの参加学生の様子>