2010年度 研究成果

 明治大学グローバルCOEプログラム「現象数理学の形成と発展」における研究活動の成果を、以下に掲載します。

2008年度 研究成果はこちら 
2009年度 研究成果はこちら 
2011年度 研究成果はこちら 

  2010年度 *論文・著書*   *講演*   *研究集会の主催*

論文・著書

 論文(査読あり)

  • M. Tochio,K. Nakayama,T. Arai,S. Nonaka,M. Shiomi,H. Kanamaru,H.Kojima,H.Toyama,T.Fujita,H.Kasai,and M. Mukaidono,“The implementation of Safety Basic Assessor System to expand the awareness of safety complied with international standards for engineers and non-engineers in Japan and Asian Countries”,The 6th International Conference on Safety of Industrial Automated Systems,Tampere,Finland (2010)
  • 吉田尚史,森啓之,“SVRの多目的最適配置に対するSPEA2と指定値の相関を考慮したモンテカルロシミュレーションの適用”,電気学会論文誌B,131巻3号,pp.283-289 (2011)
  • 大川健太,森啓之,“Advanced MOEPSOによるCO2排出を考慮した多目的経済負荷配分”,電気学会論文誌B,131巻2号,pp.158-166 (2011)
  • H. Mori and H. Kakuta,“A TS-based method for probabilistic reliability evaluation in power systems”,Proc. of IEEE POWERCON 2010(CD-ROM), 6 pages,Hangzhou,China (2010)
  • H. Mori and T. Yoshida,“A new multi-objective meta-heuristics for distribution network reconfigurations with SVRs”,Proc. of IEEE SMC 2010(CD-ROM), pp. 1467-1472,Istanbul,Turkey (2010)
  • H. Mori and H. Kakuta,“A Multi-objective Memetic Algorithm for probabilistic transmission network expansion planning”,Proc. of IEEE SMC 2010(CD-ROM),pp. 1414–1419,Istanbul,Turkey (2010)
  • H. Mori and K. Okawa,“Advanced MOEPSO-based Multi-objective environmental Economic Load Dispatching”,Proc. of IEEE PES GM2010(CD-ROM),6 pages,Minneapolis,MN,USA (2010)
  • H. Mori and H. Kakuta,“A new meta-heuristic method for probabilistic transmission network expansion planning”,Proc. of IEEE PES GM2010(CD-ROM),6 pages,Minneapolis,MN,USA (2010)
  • H. Mori and K. Shimomugi,“A multi-objective meta-heuristic method for distribution network optimization”,Proc. of IEEE ISCAS 2010(CD-ROM), pp.3457 - 3460,Paris,France (2010)
  • H. Mori and H. Kakuta,“A new meta-heuristic method for probabilistic transmission network expansion planning”,Proc. of IEEE T&D2010(CD-ROM),6 pages,New Orleans,LA,USA (2010)
  • 角田広樹,森啓之,“確率的供給信頼度を考慮したMOMAによる多目的送電系統拡充計画”,電気学会論文誌B,130巻12号,pp.1058-1066 (2010)
  • 吉田尚史,森啓之,“SVRを考慮した配電系統再構成に対する新しい多目的メタヒューリスティクスの開発”,電気学会論文誌B,130巻12号,pp.1083-1091 (2010)
  • T. Miyaji,I. Ohnishi,R. Kobayashi and A. Takamatsu,“Mathematical analysis to coupled oscillators system with a conservation law”,RIMS Kokyuroku Bessatsu,B21: 129-147 (2010)
  • M. Akiyama,A. Tero and R. Kobayashi,“A Mathematical Model Of Cleavage”,J. Theor. Biol.,264(1) : 84-94 (2010)
  • T. Umedachi,K. Takeda,T. Nakagaki,R. Kobayashi and A. Ishiguro,“Taming Large Degrees of Freedom ―A Case Study with an Amoeboid Robot-”,The proceedings of 2010 IEEE International Conference on Robotics and Automation (2010)
  • 荒川薫,野本弘平,“対話型進化計算を用いた非線形顔画像美観化処理システムとその特性”,電気学会論文誌C,Vol.131,No.3,pp.576-583 (2011)
  • Y.Katsuyama,K.Arakawa,“Impulsive Noise Removal in Color Image Using Interactive Evolutionary Computing”,IEICE TRANSACTIONS on Fundamentals of Electronics,Communications and Computer Sciences Vol.E93-A No.11,pp.2184-2192 (2010)
  • Y. Katsuyama and K.Arakawa,“Color Image Interpolation for Impulsive Noise Removal Using Interactive Evolutionary Computing”,IEEE Proc. ISCIT 2010,pp.877-882 (2010)
  • T.Nakai,T.Okakura,and K.Arakawa,“Face Recognition Across Age Progression Using Block Matching Method”,IEEE Proc. ISCIT 2010,pp.620-625 (2010)
  • A.Yoda,Y.Iguchi and K.Arakawa,“Development of Nonlinear Filter Bank System for Real-Time Beautification of Facial Video Using GPGPU”,IEEE Proc. ISCIT 2010,pp.18-23 (2010)
  • S.Ohchi,S.Sumi,and K.Arakawa,“A Nonlinear Filter System for Beautifying Facial Images with Contrast Enhancement”,IEEE Proc. ISCIT 2010,pp.13-17 (2010)
  • Katsuki K.,Kikuchi M.,Nishimori H.,Endo N.,and Taniguchi K.,“Cellular model for sand dunes with saltation,avalanche and strong erosion: collisional simulation of barhans”,Earth Surface Processes and Landforms,36 (2011)
  • R. Kawai,S. Torigoe,K. Yoshida,A. Awazu,and H. Nishimori,“Effective stochastic resonance under noise of heterogeneous amplitude”,Phys. Rev. E 82 (2010)
  • H.Niiya,A.Awazu and H.Nishimori,“3Dimensional Dune Skeleton Model as a Coupled Dynamical System of 2D Cross-Sections”,J. Phys. Soc.Jpn. (2010)
  • M.Fujii,A.Awazu,and H.Nishimori,“Saddle-node bifurcation to jammed state for quasi-one-dimensional counter chemotactic flow”,Phys.Rev. E,82 (2010)
  • N. J. Suematsu,S. Nakata,A.Awazu,H.Nishimori,“Collective behaviour of inanimate boats”,Phys.Rev. E,81 (2010)
  • 勝木厚成,西森拓,“砂丘のダイナミクス”,日本物理学会誌,65 (2010)
  • Nishikawa M,Shibata T,“Nonadaptive Fluctuation in an Adaptive Sensory System: Bacterial Chemoreceptor”,PLoS ONE 5(6): e11224.  doi:10.1371/journal.pone.0011224 (2010)
  • Ochiai H,Fujita K,Suzuki K,Nishikawa M,Shibata T,Sakamoto N. and Yamamoto T,“Targeted mutagenesis in the sea urchin embryo using zinc-finger nucleases”,Genes Cells,15,875–885 (2010)
  • Y.Arai,T. Shibata,S.Matsuoka,M.Sato,T.Yanagida and M. Ueda,“Self-organization of the phosphatidylinositol lipids signaling system for random cell migration”,Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 107 12399–12404 (2010)
  • Y.Kobayashi,T.Shibata,Y.Kuramoto,and A. S. Mikhailov,“Evolutionary design of oscillatory genetic networks”,European Physical Journal B,76,167–178 (2010)
  • Wakano JY,Hauert C,“Pattern formation and chaos in spatial ecological public goods games”,Journal of Theoretical Biology 268:30-38 (2011)
  • Kurokawa S,Wakano JY & Ihara Y,“Generous cooperators can outperform non-generous cooperators when replacing a population of defectors”,Theoretical Population Biology 77:257-262 (2010)
  • J. Zu and M. Mimura,“The impact of Allee effect on a predator-prey system with Holling type II functional response”,Applied Mathematics and Computation,217,3542-3556 (2011)
  • J. ZuM. Mimura and Y. Takeuchi,“Adaptive evolution of foraging-related traits in a predator–prey community”,J. Theor. Biol.,268,14-29 (2011)
  • M. Henry,D. Hilhorst and M. Mimura,“A reaction-diffusion approximation to an area preserving mean curvature flow coupled with a bulk equation”,Discrete and Continuous Dynamical Systems - Series S,4(1) (2011)
  • A. AotaniM. Mimura and T. Mollee,“A model aided understanding of spot pattern formation in chemotactic E. coli colonies”,Japan J. Industrial and Applied Mathematics,27,5-22 (2010)
  • A. Fasano,M. Mimura and M. Primicerio,“Modelling a slow smoldering combustion process”,Math. Meth. Appl. Sci.,33,1211-1220 (2010)
  • M. Bertsch,R. Dal Passo and M. Mimura,“A free boundary problem arising in a simplified tumour growth model of contact inhibition”,Interfaces and Free Boundaries,12,235-250 (2010)
  • H. Tamaki,“A Directed Path-Decomposition Approach to Exactly Identifying Attractors of Boolean Networks”,Proc. 10th International Symposium on Communication and Information Technologies,844-849 (2010)
  • Qian-Ping Gu,H.Tamaki,“Improved Bounds on the Planar Branchwidth with Respect to the Largest Grid Minor Size”,Proc. 21st International Symposium on Algorithms and Computation,ISAAC 2010,Proceedings,Part II / Edition 1 (2010)
  • Y.Kobayashi,Y.Miyamoto,H.Tamaki,“k-Cyclic Orientations of Graphs”,Proc. 21st International Symposium on Algorithms and Computation,Proceedings,Part II (2010)
  • C. Bandle,Y. Kabeya and H. Ninomiya,“Imperfect bifurcations in nonlinear elliptic equations on spherical caps”,Communications on Pure and Applied Analysis 9 No. 5,1189—1208 (2010)
  • H. Murakawa and H. Ninomiya,“Fast reaction limit of a three-component reaction-diffusion system”,Journal of Mathematical Analysis and Applications,379 No. 1,150-170 (2011)
  • T.Miyoshi,N.Terada,Y. Matsumoto,K.Fukazawa,T.Umeda,and K.Kusano,“The HLLD Approximate Riemann Solver for Magnetospheric Simulation”,IEEE Transactions on Plasma Science,38,9,2236-2242 (2010)
  • D.Shiota,K.Kusano,T.Miyoshi,and K.Shibata,“MHD modeling for Formation Process of Coronal Mass Ejections:Interaction between Ejecting Flux Rope and Ambient Field”,The Astrophysical Journal,718,2,1305-1314 (2010)
  • K. Sugihara,“Spacial realization of Escher's impossible world”,Asian Pacific Mathematics Newsletter,vol. 1,no. 1,pp. 1-5,(Printed ISBN 2010-3484) (2011)
  • K. Sugihara,A. Okabe and T. Sato,“Computational method for the point cluster analysis on networks”,GeoInformatica: Volume 15,Issue 1, Page 167-189 (DOI: 10.1007/ s10707-009-0092-5) (2011)
  • Md. B. Haider,S. Imahori and K. Sugihara,“Success guaranteed routing in almost Delaunay planar nets for wireless sensor communication”,International Journal of Sensor Networks,vol. 9,no. 2,pp. 69-75 (2011)
  • H.Fujii and K. Sugihara,“Properties and an approximation algorithm of round-tour Voronoi diagrams”,Transactions on Computational Science IX,(Editors: M. L. Gavrilova and C. J. Kenneth Tan) ,Special Issue on Voronoi Diagrams in Science and Enginee (2010)
  • 末松 J. 信彦,中田聡,“化学反応と物質拡散が生み出すアメンボのような運動”,化学と教育ヘッドライン-化学非平衡ならではの動きもの,化学と教育 vol. 59,No.1,pp. 8-11 (2011)
  • N. J. Suematsu,Y.Miyahara,Y.Matsuda,and S.Nakata,“Self-Motion of a Benzoquinone Disk Coupled with a Redox Reaction”, J. Phys. Chem. C,114,13340-13344 (2010)
  • N.J. Suematsu,Y. Ikura,M.Nagayama,H. Kitahata,N.Kawagishi,M.Murakami,and S.Nakata,“Mode-switching of the self-motion of a camphor boat depending on the diffusion distance of camphor molecules”,J. Phys. Chem. C,144,9876-9882 (2010)
  • T.Tokunaga,D. Ikeda,K.Nakamura,T.Higuchi,A.Yoshikawa,T. Uozumi,A.Fujimoto,A.Morioka, K.Yumoto and CPMN group,“Detecting Precursory Events in Time Series Data by an Extension of Singular Spectrum Transformation”, Proceedings of the 10th WSEAS International Conference on Applied Computer Science,pp.366-374 (2010)
  • T.Tokunaga,D.Ikeda,K.Nakamura,T.Higuchi,A.Yoshikawa,T.Uozumi,A.Fujimoto,Akira Morioka, Kiyohumi Yumoto and CPMN group,“Onset Time Determination of Precursory Events of Singular Spectrum Transformation”,International  Journal of Circuits,Systems and Signal processing,vol.5,pp.46-60 (2010)
  • 徳永旭将,池田大輔,中村和幸,樋口知之, 吉川顕正,魚住禎司,藤本晶子,森岡昭,湯元清文,CPMN Group,“変化点検出を応用した時系列データからの突発現象の前兆検出アルゴリズム”,情報処理学会論文誌「数理モデル化と応用TOM」,2010-BIO-23巻,14号 (2010)
  • S.Kinoshita,H.Yamada,“Stability of Attractors in Biological Networks”,Proceedings of International Symposium on Communications and Information Technologies 2010,pp.839-843 (2010)
  • C.Urabe and S.Takesue,“Fracture toughness and maximum stress in a disordered lattice system”,Physical Review E,Vol.82,016106 (2010)
  • R.Nishi,H. Miki,A.Tomoeda,D.Yanagisawa and K.Nishinari,“Reversal of Travel Time between Zipper and Non-Zipper Merging on Highway Traffic”,SICE Journal of Control,Measurement,and System Integration,Vol.4 No.1,pp.4 (2011)
  • D.Yanagisawa,R. Nishi,A.Tomoeda,K.Ohtsuka,A. Kimura,Y.Suma and K.Nishinari,“Study on Efficiency of Evacuation with an Obstacle on Hexagonal Cell Space”,SICE Journal of Control,Measurement,and System Integration,Vol.3 No.6,pp.395-401(2010)
  • D.Yanagisawa,Y.Tanaka,R.Jiang,A.Tomoeda,K.Ohtsuka,Y.Suma and K.Nishinari,“Excluded Volume Effect in a Pedestrian Queue”,Cellular Automata (Lecture Notes in Computer Science),Springer Berlin Heidelberg.,Vo (2010)
  • R.Nishi,H.Miki,A.Tomoeda,D.Yanagisawa and K.Nishinari,“Inversion of Flux between Zipper and Non-Zipper Mergin in Highway Traffic”,Cellular Automata (Lecture Notes in Computer Science),Springer Berlin Heidelberg.,V (2010)
  • A.Tomoeda,R.Nishi and K. Nishinari,“Clustering and Transport Efficiency in Public Conveyance System”,Cellular Automata (Lecture Notes in Computer Science),Springer Berlin Heidelberg.,Vol. 6350,pp.625-632 (2010)
  • D.Yanagisawa,Y.Tanaka,R.Jiang,A.Tomoeda,K.Ohtsuka,Y.Suma and K.Nishinari,“Theoretical and Experimental Study on Excluded Volume Effect in Pedestrian Queue”,SICE Annual Conference 2010,IEEE Xplore,pp. 559–5 (2010)
  • R.Nishi, H.Miki, A.Tomoeda, D.Yanagisawa and K.Nishinari,“Simulation and Theoretical Comparison between 'Zipper' and 'Non-Zipper' Merging”,Proceedings in Information and Communications Technology 2,Springer Japan,pp.24 (2010)
  • D.Yanagisawa,Y.Suma,A.Tomoeda,A.Kimura,K.Ohtsuka and K.Nishinari,“Methods for Shortening Waiting Time in Walking-Distance introduced Queueing Systems”,Proceedings in Information and Communications Technology 2,Springer Japan,pp.372-379 (2010)
  • A.Tomoeda,D.Shamoto,R.Nishi,K.Ohtsuka and K.Nishinari,“A Compressible Fluid Model for Traffic Flow and Nonlinear Saturation of Perturbation Growth”,Proceedings in Information and Communications Technology 2,Springer Japan,pp.308-315 (2010)
  • K. Nishinari,Y. Suma,D. Yanagisawa,A. Tomoeda,A. Kimura and R. Nishi,“Toward Smooth Movement of Crowd”,Pedestrian and Evacuation Dynamics 2008,Springer Berlin Heidelberg,pp.293-308 (2010)
  • D. Yanagisawa,A. Tomoeda and K. Nishinari,“Conflicts at an Exit in Pedestrian Dynamics”,Pedestrian and Evacuation Dynamics 2008. Springer Berlin Heidelberg,pp.491-502 (2010)
  • A. Tomoeda,D. Yanagisawa,and K. Nishinari,“Analysis on the Propagation Speed of Pedestrian Reaction: the Velocity of Starting wave and Stopping wave”,Pedestrian and Evacuation Dynamics 2008,Springer Berlin Heidelberg,pp.285-290 (2010)
  • D.Yanagisawa,A.Tomoeda,R.Jiang and K.Nishinari,“Excluded volume effect in queueing theory”,JSIAM Letters,Vol.2,pp. 61-64 (2010)
  • Nakahashi W.,“Evolution of learning capacities and learning levels”,Theoretical Population Biology 78: 211-224 (2010)
  • 森野真理,堀内史朗,“森林利用履歴と立地条件が小規模個人有林の管理状況に与える影響”,地域学研究 40: 143-155 (2010)
  • R. Miresmaeili,N. Saintier,H. Notsu,J.-M. Olive,H. Kanayama,“One-way coupled crystal plasticity-hydrogen diffusion simulation on artificial microstructure”,Journal of Computational Science and Technology,vol.4,no.2,pp.105-120 (2010)
  • Q. Yao,H. Kanayama,H. Notsu,M. Ogino,“Balancing domain decomposition for non-stationary incompressible flow problems using a characteristic-curve method”,Journal of Computational Science and Technology,vol.4,no.2,pp.121-135 (2010)
  • Q.H. Yao,H. Kanayama,M. Ogino,H. Notsu,“Incomplete balancing domain decomposition for large scale 3-D non-stationary incompressible flow problems”,IOP Conference Series: Materials Science and Engineering. vol.10,no.1,doi:10.1088/1757-899X/10/1 (2010)
  • T.Wakasa,S.Yotsutani,“Asymptotic profiles of eigenfunctions for some 1-dimensional linearized eigenvalue problems”,Communications in Pure and Applied Analysis,Vol.9,no. 2,pp. 539-561 (2010)
  • 江川敏久,鈴木一雄,市川嘉則,飯坂達也,松井哲郎,鹿川泰史,“ニューラルネットワークと回帰式を適用した連接水系ダム残流予測システムの開発”,電気学会B論文誌,Vol.130,No.7,pp.625-632 (2010)

 論文(査読なし)

  • 小林亮,“フェーズフィールド法のおもしろさ”,計算工学,15(2) : 2287-2290 (2010)
  • 向殿政男,“安全技術面からみた変遷と今後の展望”,安全と健康,vol.12,No.1,pp.29-32,中央労働災害防止協会 (2011)
  • 向殿政男,“コンピュータ安全と機能安全”,IEICE Fundamentals Review,Vol.4,No.2,pp.129-135,電子情報通信学会 (2010)
  • 向殿政男,“経年劣化を防ぐ安全設計”,生活安全 ジャーナル 第10号,pp.8-11,独立行政法人 製品評価技術基盤機構 (2010)
  • 向殿政男,“明治大学における安全学教育の現状”,日本安全学教育研究会誌,Vol.3,pp.33-38,日本安全学教育研究会 (2010)
  • 向殿政男,“機械安全の動向と労働安全衛生”,労働の科学,Vo.65,NO.7,pp.4-7,労働科学研究所 (2010)
  • 向殿政男,“エレベータの安全確保のあり方について”,エレベータ界,Vo.45,No.178,(社)日本エレベータ協会,pp.3~6 ( 2010)
  • Takeaki KARIYA,“A CB (corporate bond) pricing model for deriving default probabilities and recovery rates”,(Technical Paper),NUS Risk Management Institute,Monthly Workshops (2010)
  • 藤田創,森啓之,“天候デリバティブ契約設計法の開発”,平成22年電気学会B部門大会,論文,論文番号25,九州大学 (2010)
  • 吉田尚史,森啓之,“SVRを考慮した多目的系統再構成に対する新しい多目的メタヒューリスティクスの開発”,平成22年電気学会B部門大会,論文I,論文番号39,九州大学 (2010)
  • 吉田尚史,森啓之,“指定値の相関を考慮した多目的SVR最適配置に対するSPEA2の適用”,平成22年電気学会B部門大会,論文I,論文番号40,九州大学 (2010)
  • 大川健太,森啓之,“Advanced MOEPSOによるCO2排出を考慮した多目的経済負荷配分”,平成22年電気学会B部門大会,論文I,論文番号35,九州大学 (2010)
  • 角田広樹,森啓之,“確率的供給信頼度を考慮したMOMAによる多目的送電系統拡充計画”,平成22年電気学会B部門大会,論文I,論文番号 55,九州大学 (2010)
  • 荒川薫,【フェロー記念講演】“非線形・知的信号処理の研究に関わって30年,そしてこれから”,電子情報通信学会技術研究報告Vol.110 No.445,SIS2010-62,pp.49-54 (2011)
  • 荒川薫,“錯覚とディジタルエステ”,数学セミナー,Vol.50 No.3,pp.28-33 (2011)
  • 勝山洋平,荒川薫,“対話型進化計算を用いたカラー画像インパルス性雑音除去システム ―補間法とメディアン処理の組み合わせ―”,電子情報通信学会技術研究報告Vol.110 No.445,SIS2010-70,pp.91-96 (2011)
  • 鷲見慎一郎,大地秀治,荒川薫,“対話型進化計算を用いた顔画像小顔美観化システム”,電子情報通信学会技術研究報告Vol.110 No.322,SIS2010-38,pp.17-22 (2010)
  • 戸塚慎也,新井千紘,荒川薫,“脳波解析による文章黙読時の感性評価 ―媒体による特性の違い―”,電子情報通信学会技術研究報告Vol.110 No.322,SIS2010-39,pp.23-28 (2010)
  • 島伸一郎,草野完也,“超水滴法の挑戦─雲微物理過程のシミュレーション”,科学9月号 Vol.80 No.9 (2010)
  • 簑島 敬,増田 智,三好由純,草野完也,“新数値モデリングで迫る太陽フレア粒子加速機構”,天文月報9月号 Vol.103 No.9 (2010)
  • 上山大信,“Gray-Scottモデルの概要”, 京都大学数理解析研究所講究録 No.1680,pp.1-4 (2010)
  • 中村和幸,“状態推定”,オペレーションズリサーチ,Vol. 55, No. 7,pp. 433-434 (2010)
  • “Evolution of learning abilities: A theoretical model”, MIMS Technical Report 24: 1-52 (2010)
  • Y. Mine,H. Notsu,“Hydrogen concentration at interphase boundary caused by strain-induced martensitic transformation in austenitic stainless steel”,MIMS Technical Report,no.27 (2010)
  • S.Horiuchi,H.Takasaki ,“Robust structural edge effect on animal group size and density”,MIMS Technical Report 30 (2010)
  • 飯坂達也,加藤丈佳,小林智尚,斎藤哲夫,林宏典,平口博丸,“風力発電の出力予測の現状”,電気学会メタボリズム社会・環境システム研究会, MES-11-003,pp.13-18 (2011)
  • 江川敏久,飯坂達也,鹿川泰史,“連接水系ダム残流予測システムの開発”,電気評論,8月,pp.77-79 (2010)
  • 近藤英幸,林巨己,飯坂達也,村上賢哉,伊藤秀之,山田越生,中澤親志,松井哲郎,中西要祐,餘利野直人,“離島マイクログリッド向け需給運用計画”,電気学会電力・エネルギー部門大会論文集,227,pp.25-15 - 16,:(CD-ROM) (2010)
  • 伊藤秀之,中澤親志,村上賢哉,山田越生,近藤英幸,林巨己,飯坂達也,松井哲郎,中西要祐,餘利野直人,“電力貯蔵装置を考慮した経済負荷配分制御の検討-離島マイクログリッドへの適用に向けて―”,電気学会電力・エネルギー部門大会論文集,226,pp.25-13 – pp.25-14 :(CD-ROM) (2010)
  • 村上賢哉,林巨己,飯坂達也,近藤英幸,伊藤秀之,山田越生,中澤親志,松井哲郎,福山良和,中西要祐,餘利野直人,“離島マイクログリッド向け経済負荷配分”,電気学会電力・エネルギー部門大会論文集,225,pp.25-11 – 25-12:(CD-ROM) (2010)
  • 山田越生,伊藤秀之,中澤親志,村上賢哉,近藤英幸,林巨己,飯坂達也,松井哲郎,中西要祐,餘利野直人,“離島マイクログリッド向け負荷周波数制御の検討”,電気学会電力・エネルギー部門大会論文集,106,pp.01-11 – 01-12 :(CD-ROM) (2010)
  • 村上賢哉,飯坂達也,鈴木聡,松井哲郎,加藤俊和,柴田典夫,“火力プラントの運転条件を最適化する運転条件の検討”,電気学会電力・エネルギー部門大会論文集,354,pp.45-3 – 45-4 :(CD-ROM) (2010)
  • 飯坂達也,鈴木聡,村上賢哉,松井哲郎,加藤俊和,柴田典夫,“多変量統計的プロセス管理技術を用いた火力発電プラントの異常検知”,電気学会電力・エネルギー部門大会 論文集,353,pp.45-1 – 45-2 :(CD-ROM) (2010)

 著 書

  • 向殿政男監修,日本機械工業連合会編,川池襄,宮崎浩一著,“機械・設備のリスクアセスメント”,日本規格協会,308ページ, 2011年
  • 向殿政男,北野大,小松原明哲,菊池雅史,山本俊哉,大武義人著,“なぜ,製品事故は起こるのか~身近な製品の安全を考える~”,研成社,214ページ,2011年
  • 小林亮,中垣俊之,“真性粘菌の運動と知性”,理論生物学(望月敦史編集),共立出版,第3章5節を分担執筆 : 176-201,2011年
  • 砂田利一,“現代数学への道”,岩波書店,2010年
  • 杉原厚吉,“だまし絵のトリック --- 不可能立体を可能にする”,同人選書 34,科学同人,2010年
  • 杉原厚吉,“まさかのへんな立体”,誠文堂新光社,2010年
  • 杉原厚吉,“エッシャーマジック --- だまし絵の世界を数理で読み解く”,東京大学出版会,2010年
  • A.Tomoeda,“Unified analysis on Shock Wave Formation in Traffic Jam”,VDM Publishing House Ltd.,2010年

 

講 演

 口頭発表

  • 岡部靖憲,“複雑系現象の時系列に潜む変化構造の可視化-実証分析:オーロラ,地震と火山” ,「非線形時系列に対する現象数理学の発展」シンポジウム,複雑系現象の時系列解析10-数理・経済・地球物理現象,明治大学,2011年1月
  • 岡部靖憲,“正規定常過程に付随する時間遅れのある2階楕円型偏微分方程式”,「非線形時系列に対する現象数理学の発展」シンポジウム,複雑系現象の時系列解析10-数理・経済・地球物理現象,明治大学,2011年1月
  • Y. Okabe,“Hamiltonian associated with stationary process having T-positivity and Riemann”,RIMS Project Research The international conference: Functions in Number Theory and Their Probabilistic Aspects,京都大学数理解析研究所,2010年12月
  • 岡部靖憲,“T-正値性を持つ定常過程に付随するハミルトニアンとリーマン予想”,「非線形時系列に対する現象数理学の発展」シンポジウム,複雑系現象の時系列解析9-数論・工学・医学・物理現象,明治大学,2010年11月
  • 岡部靖憲,“黒点・太陽風・地磁気・オーロラ・地震の時系列の構造抽出(7)”,「非線形時系列に対する現象数理学の発展」シンポジウム,複雑系現象の時系列解析8-物理・数論・経済現象,明治大学,2010年9月
  • 岡部靖憲,“T-正値性を持つ定常過程に付随するハミルトニアンとその応用”,「非線形時系列に対する現象数理学の発展」シンポジウム,複雑系現象の時系列解析8-物理・数論・経済現象,明治大学,2010年9月
  • 岡部靖憲,“黒点・太陽風・地磁気・オーロラ・地震の時系列の構造抽出(6)”,「非線形時系列に対する現象数理学の発展」シンポジウム,複雑系現象の時系列解析7-経済・物理現象,明治大学,2010年7月
  • 岡部靖憲,“黒点・太陽風・地磁気・オーロラ・地震の時系列の構造抽出(5)”,「非線形時系列に対する現象数理学の発展」シンポジウム,複雑系現象の時系列解析6-経済・数論・物理現象,明治大学,2010年5月
  • 向殿政男,“ヒューマンエラーとどう向き合うか”,パネルディスカッション:特別安全文化講座,品質と安全文化フォーラム,東京工業大学キャンパスイノベーションセンター,2011年3月
  • 向殿政男,“安全意識のガラパゴス化と産業への影響”,パネルディスカッション司会,第6回安全工学フォーラム,日本工学アカデミー,弘済会館,2011年3月
  • 向殿政男,“日本の製品安全の動向と課題”,JEITA安全政策委員会,電子情報技術産業協会,2011年3月
  • 向殿政男,“セーフティ・システム・インテグレーションの必要性に関するシンポジウム”,パネルディスカッションモデレータ,日本機械工業連合会,東京証券会館ホール,2011年2月
  • 向殿政男,“ものづくり安全における基本概念 ~エレベータ事故を例にして~”,特別講演,大学院研究成果発表会,東京電機大学,2011年2月
  • 向殿政男,“消費者とリスクコミュニケーション”,製品安全に関するリスクコミュニケーション推進の意見交換会,主催:消費者庁,運営:NPO法人品質安全機構,日本教育会館,2011年1月
  • 向殿政男,“ものづくりと安全”,神奈川ロボットビジネス協議会総会,川崎市産業振興会館,2011年1月
  • 向殿政男,“製品安全に関するニューアプローチの採用について”,品質と安全文化フォーラム,クロスオピニオンセミナー,明治大学,2011年1月
  • 向殿政男,“真の原因究明ができる事故調査制度を!~事故防止を実現する新しい仕組みの創設をめざして~”,パネルディスカッション,全国消費者行政ウオッチねっと,航空会館,2011年1月
  • 向殿政男,“安全社会の実現のための企業活動”,「NIKKEI安全づくりプロジェクト」シンポジウム,日本経済新聞社,日経ホール,2010年12月
  • 向殿政男,“製品の安全について~製品安全対策に係る事故リスク評価と対策の効果分析の手法に関する調査報告書~”,FTC研究会,東京工業大学,2010年11月
  • 向殿政男,“製品安全とリスクアセスメント”,第5回製品安全総点検セミナー,製品安全対策優良企業表彰式,経済産業省,2010年11月
  • 向殿政男,“安全と安心が品質経営の中心になる時代”,品質経営トップマネジメント大会,日本科学技術連盟,経団連ホール,2010年11月
  • 向殿政男,“安全学のすすめ~安全の確立と安心への橋渡し~”,オープン講座,暮らしの安全,食の安全を考える,明治大学・読売新聞共催,2010年10月
  • 向殿政男,“安全学から見た製品安全”,公開講座,製品と機械とリスクアセスメント,明治大学,2010年10月
  • 向殿政男,“安全とリスクアセスメントの基本”,特別講演,安全衛生大会,加古川労働基準協会,2010年9月
  • 向殿政男,“製品の経年変化とリスク”,パネルディスカッション,品質と安全文化フォーラム,東京工業大学キャンパスイノベーションセンター,2010年9月
  • 向殿政男,“製品安全の仕組み”,パネルディスカッション,品質と安全文化フォーラム,東京工業大学キャンパスイノベーションセンター,2010年9月
  • 向殿政男,“機械安全の取り組み強化で競争力を~揺るぎないものづくり安全への提言~”,特別記念講演,マシンツールフェア,大田区産業プラザ,2010年9月
  • 向殿政男,“安全学という新しい視点から身近な事故を解剖する”,科学と社会事例研究1,知の広場,お茶の水大学,2010年7月
  • 向殿政男,“自動車の電動化,電子化とリコール問題”,安全工学シンポジウム2010講演予稿集,pp.66-67,日本学術会議,2010年7月
  • 向殿政男,“子どもの安全について考える”,安全工学シンポジウム2010講演予稿集,pp.190-191,日本学術会議,2010年7月
  • 向殿政男,“システム安全エンジニアへの期待”,システム安全エンジニア 資格認定授与式,長岡技術科学大学,2010年7月
  • 向殿政男,“労働安全衛生マネジメントシステムに期待されるもの”,千葉県建設業労働災害防止大会,建設業労働災害防止協会千葉県支部,2010年7月
  • 向殿政男,“ものづくり安全から安全づくりへ”,公開講演会,明治大学校友会滋賀県支部,2011年6月
  • 向殿政男,“クルマの電子化/電動化と安全性について考える”,パネルディスカッション,Automotive Technology Day2010 日経BP,目白雅叙園,2010年6月
  • 向殿政男,“安全と安心”,講演集 日仏原子力フォーラム~過去・現在・未来~,pp.37-39,日仏工業技術会,2010年6月
  • Masao Mukaidono,“From Fail-safe Logic to Three-valued Logic and from Three-valued Logic to Fuzzy Logic”,40th  Anniversary of International Symposium on Multiple-Valued Logic,Barcelona,Spain,2010年5月
  • 向殿政男,“安全設計の基本とリスクアセスメント”,平成22年度春季学術講演大会特別講演,日本非破壊試験協会,東京ファッションタウンビル,2010年5月
  • 向殿政男,“製品安全への投資は,中長期的の視点で企業に利益をもたらす”,パネルディスカッション,UL製品安全セミナー,明治記念館,2010年5月
  • 向殿政男,“安全と事故調査のあり方~自動回転ドアとエレベータ事故に学ぶ~”,記念講演,品質と安全文化フォーラム,明治大学,2010年5月
  • 向殿政男,“我が国におけるロボット研究の最前線”,公開講演会,明治大学校友会千葉県西部支部,浦安ブライトンホテル,2010年5月
  • 向殿政男,“子どもの安全を守る社会の役割~安全学からの視点~”,子どもの安全の研究グループ第2回総会,(社)日本技術士会,2010年4月
  • 向殿政男,“労働安全衛生に係る技術動向”,特別講演,平成22年度全国安全・衛生管理士合同研修会,中央労働災害防止協会,2010年4月
  • 向殿政男,“安全の理念について”,工学システムに関する安全・安心・リスク検討分科会,学術会議 総合工学委員会,2010年4月
  • 向殿政男,“安全学概論”,公開講座,化学物質の法規制 ,明治大学リバティ・アカデミー,2010年4月
  • 向殿政男,“安全学のすすめ”,公開講座,安全学入門 ,明治大学リバティ・アカデミー,2010年4月
  • 刈屋武昭,“A CB (Corporate Bond) Pricing Model for Deriving Default Probabilities and Recovery Rates”(招待講演),Risk Management Institute,National University of Singapore,2010年9月
  • 刈屋武昭,“A CB (Corporate Bond) Pricing Model for Deriving Default Probabilities and Recovery Rates”(招待講演),International Symposium on Financial Engineering and Risk Management2010 (FERM2010),National Taiwan University,2010年6月
  • 藤田創,森啓之,“ハイブリッドコーティングESPOを用いたネットワークのLoadability最大化のためのFACTS機器最適配置法”,平成23年電気学会全国大会予稿集,論文番号6-156,大阪大学,2011年3月
  • 吉田尚史,森啓之,“ベイズ推定を用いた配電系統における確率潮流計算”,平成23年電気学会全国大会予稿集,論文番号6-118,大阪大学,2011年3月
  • 角田広樹,森啓之,“解の多様性を考慮した多目的メタヒューリスティクスによる確率的供給信頼度評価”,平成23年電気学会全国大会,論文番号 6-108,大阪大学,2011年3月
  • 小圷利史,森啓之,“SAX変換とDAクラスタリングを用いた電力市場価格データの特徴抽出”,平成23年電気学会全国大会,論文番号 6-070,大阪大学,2011年3月
  • 石橋直人,森啓之,“ガウシアンプロセスを用いた負荷マージン推定”,平成23年電気学会全国大会予稿集,論文番号6-062,大阪大学,2011年3月
  • 大川健太・森啓之,“風力発電と電力需要の不確定性とCO2排出を考慮した発電機の起動停止計画”,平成23年電気学会全国大会予稿集,論文番号6-047,大阪大学,2011年3月
  • 板垣忠大,森啓之,“ファジィ推論ネットによる電力価格予測のゾーン推定法”,電気学会電力技術・電力系統技術・半導体電力変換合同研究会,資料番号PSE-11-031/PSE-11-048/ SPC-11-085,琉球大学,2011年3月
  • 藤田創,森啓之,“不確定性を持つ電力系統におけるATC評価”,電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会,資料番号PSE-11-015,北海道大学,2011年1月
  • 吉田尚史,森啓之,“高速多目的メタヒューリスティクスアルゴリズムの電力系統への応用”,進化計算シンポジウム,福岡,2010年12月
  • 大川健太・森啓之,“Advanced MOEPSOに基づく多目的メタヒューリスティクスの提案と電力系統への応用”,平成22年進化計算シンポジウム,論文番号4-02,福岡,2010年12月
  • 藤田創,森啓之,“2層型EPSOの開発とその応用”,進化計算シンポジウム2010,資料番号1-03,福岡,2010年12月
  • 角田広樹,森啓之,“確率的近傍選択タブサーチを用いた確率的供給信頼度評価”,電気学会電力技術研究会資料,資料番号PE-10-134/PSE-10-133,広島大学,2010年9月
  • 藤田創,森啓之,“2層型EPSOを用いたATC最大化のためのFACTS最適配置”,電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会,資料番号PE-10-142/PSE-10-141,広島大学,2010年9月
  • 石橋直人,森啓之,“負荷マージン推定のためのデータマイニング手法”,平成22年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会,資料番号PE-10-063/PSE-10-062,広島大学,2010年9月
  • 小圷利史,森啓之,“電力系統状態推定における分散型トポロジー可観測性解析”,平成22年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会,資料番号PE-10-057,PSE-10-056 ,広島大学,2010年9月
  • 角田広樹,森啓之,“タブサーチを用いた確率的供給信頼度評価のための新しい手法”,平成22年電気学会B部門大会,論文II,論文番号375,九州大学,2010年9月
  • 藤田創,森啓之,“不確定性を考慮したATC最大化のためのFACTS最適配置”,平成22年電気学会B部門大会,論文Ⅱ,論文番号374,九州大学,2010年9月
  • 小圷利史,森啓之,“電力系統の状態推定におけるネットワーク分割を用いたトポロジー可観測性による手法”,平成22年電気学会B部門大会,論文Ⅱ,論文番号111,九州大学,2010年9月
  • 高橋輝,森啓之,“データマイニング手法を用いた短期電力負荷予測のための最高気温予測”,日刊工業新聞社主催スマートグリッド展2010 ポスター展示,東京,2010年6月
  • 大川健太,森啓之,“MOEPSOを用いたCO2排出を考慮した多目的経済負荷配分”,日刊工業新聞社主催スマートグリッド展2010 ポスター展示,東京,2010年6月
  • H.Mori,“A Meta-heuristic Approach to Probabilistic Transmission Network Expansion Planning”,Invited Seminar at NSYSU(National Sun-Yat University; 国立中山大学),Kaohsiung,Taiwan,2010年5月
  • H.Mori,“Estimating Casual Relationship in Load Forecasting with Hybrid Intelligent System”,Invited Seminar at CYCU( Chung Yuan Christian University;中原大学),Chung Li,Taiwan,2010年4月

 

  • 小林亮,“Toward Understanding the Locomotion of Animals”,International Workshop on Far-From-Equilibrium Dynamics,Kyoto,2011年1月
  • 小林亮,“生物と数学とロボットと”,産総研講演会「やわらかいロボット」第4回,つくば,2011年1月
  • 小林亮,“計算するアメーバの不思議”,宇宙☆自然講座,浅口市ふれあい交流館サンパレア,浅口市,2010年12月
  • 小林亮,“Mathematical Modeling of Crawling Animals”,9th iCeMS International Symposium ‘Mesoscale Control and Engineering of Self-Organized and Excitable Systems in Biology and Chemistry’,Kyoto,2010年12月
  • 小林亮,“Mathematical Modeling of the Locomotion of Amoeba”,Czech-Japan Seminar in Applied Mathematics,Prague,Telc,Czech,2010年8~9月
  • 小林亮,“Mathematical Modeling for Pattern Formation in Nature”,ISSCG-14,Dalian,China,2010年8月
  • 小林亮,“真正粘菌の知性 -- 細胞のエソロジカルダイナミクス --”,理研ASI 細胞システムコロキウム シリーズ I 「理論生物学」,和光市,2010年6月
  • 戸塚慎也,新井千紘,荒川薫,“脳波解析による文章黙読時精神的負荷の客観的評価”,電子情報通信学会総合大会,A-20-9,2011年3月
  • 岡倉太朗,中井義,荒川薫,“位置調整を伴うブロックマッチング法による経年変化顔画像の人物認証法”,電子情報通信学会総合大会,A-20-2,2011年3月
  • 鷲見慎一郎,大地秀治,荒川薫,“インタラクティブ進化計算を用いた顔画像陰影強調美観システム”,電子情報通信学会ソサイエティ大会,A-20-2,2010年9月
  • 荒川薫,“錯覚とディジタルエステ”,第3回錯覚ワークショップ-横断的錯覚科学をめざして-,2010年9月
  • 西森拓他,“アリの運動の定量的解析-個別運動から集団採餌まで—”(招待講演),日本動物行動学会第29回大会,那覇,2010年11月
  • H.Nishimori,“Reduced model for the Morphodynamics of Dunes” (招待講演), 16th AIC Workshop,TOKYO,2010年7月
  • 大山俊亮,柴田達夫,“Hierarchical Organization Of Noise In Signal Generation Of Spontaneous Cell Motility;Dynamics Of Oosawa Model”,理論と実験研究会,広島大学,広島,2010年10月
  • 柴田達夫,“細胞の自発的な対称性の破れと情報処理” ,理論と実験研究会,広島大学,広島,2010年10月
  • T.Shibata,“Statistical analysis and mathematical modeling of spontaneous activities of chemotactic cells”,RIKEN Mathematical Sciences Workshop in Kamisuwa,2010年9-10月
  • T.Shibata,“Self-organization of chemotactic signaling system for spontaneous motion of Eukaryotic cells”,Biological physics seminar,Max Planck Institute for physics of complex systems,Dresden,Germany,2010年6月
  • 柴田達夫,“自己組織化現象による走化性情報処理”,理研シンポジウム 『細胞システムの動態と論理II』,理化学研究所,埼玉,2010年4月
  • 西川正俊,柴田達夫,“適応反応のゆらぎと応答”,理研シンポジウム『細胞システムの動態と論理II』,理化学研究所,埼玉,2010年4月
  • 大山俊亮,柴田達夫,“大沢モデルにおける興奮性膜の自発的シグナル生成”,理研シンポジウム,『細胞システムの動態と論理II』,理化学研究所,埼玉,2010年4月
  • 若野友一郎,“Spatial Pattern Dynamics of Ecological Public Goods”(招待講演),Budapest,2010年10月
  • 若野友一郎,“学習能力の進化”,日本人類学会,伊達,2010年10月
  • 若野友一郎,“Does inclusive fitness always predict the direction of evolution? : a mathematical answer”,日本数理生物学会,北海道大学,2010年 9月
  • 砂田利一,“Diamond Twin”,京都大学理学研究科,2011年1月
  • 砂田利一,“Topological Crystallography”,京都大学数理解析研究所,2011年1月
  • 砂田利一,“Diamond Twin”,数理解析国際研究集会,タイ,2010年12月
  • 砂田利一,“Diamond Twin”,フィリピン国立大学100周年記念講演会,2010年10月
  • 砂田利一,“Quantum walk”,「確率論と幾何学」の集会,東北大学理学研究科,2010年8月
  • 砂田利一,“Quantum Walks”,Dartmouth College,米国,2010年7月
  • 砂田利一,“Quantum Walks”,W. Mueller教授還暦記念集会,2010年6月
  • 三村昌泰,“Segregation property in a tumor growth PDE model with contact inhibition”,The 19th Workshop on Differential Equations and Its Applications,國立成功大學,台南,台湾,2011年1月
  • 三村昌泰,“Singular Limit of Competitive Systems and Spatial Segregation Problems”,NCTS Workshop on PDE Models of Biological Processes,國立清華大學第三綜合大樓,新竹,台湾,2010年12月
  • 三村昌泰,“微小重力環境でのすす燃焼のモデル支援解析”,PDEs and Phenomena in Miyazaki,宮崎大学, 2010年11月
  • 三村昌泰,“自己組織化とモデリング”,第7回生物数学の理論と応用,京都大学数理解析研究所, 2010年11月
  • 三村昌泰,“Competition Diffusion Systems and Free Boundary Problems”,Workshop of Nonlinear Analysis and Integral Systems,龍谷大学セミナーハウス, 2010年11月
  • 三村昌泰,“Self-Organized Patterns in Bacterial Colonies”,International Workshop on Statistical Physics and Biology of Collective Motion,Max Planck Institute for the Physics of Complex Systems,Dresden,Germany,2010年11月
  • 三村昌泰,“Model-Aided Understanding of Self-Organized Patterns in Bacterial Colonies”,Mini-Workshop on Modeling,Simulation and Analysis of Bacterial Pattern Formation,東北大学,宮城,2010年10月
  • 三村昌泰,“Smoldering Combustion under Micro-Gravity”,明治大学, 2010年10月
  • 三村昌泰,“Self-Organization in Bacterial Colonies”,NLDS Days,Centre de Recherche Paul Pascal,Bordeaux,France,2010年10月
  • 三村昌泰,“Model-Aided Understanding of Competitive Exclusion and Competition-Mediated Coexistence”,Mathematical Biology Seminar at University of Bordeaux II,Bordeaux,France,2010年10月
  • 三村昌泰,“Modeling of Smoldering Combustion in Micro-Gravity”,Colloquium of Interdisciplinary Mathematics Institute,University Complutense de Madrid,Madrid,Spain,2010年10月
  • 三村昌泰,“Non-annihilation Dynamics in Reaction-Diffusion Systems”,Mathematical Sciences Workshop at Riken,長野,2010年9月
  • 三村昌泰,“Self-organization in biological systems”,Advanced Mathematical Sciences I「Patterns,Waves and Motion in Biological Systems」,明治大学,2010年9月
  • 三村昌泰,“情報手段を持つバクテリア集団の巧みなコロニー形成”,先端数理科学I「渋滞の数理」,明治大学,2010年8月

 

  • 二宮広和,“Diffusion-induced blowup of reaction-diffusion systems”,Zhejiang Normal University,Jinhua,Zhejiang,China,2011年3月
  • 二宮広和,“Non-planar traveling waves and entire solutions of Allen-Cahn equations”,Zhejiang Normal University,Jinhua,Zhejiang,China,2011月3月
  • 二宮広和,“Non-planar traveling waves of reaction-diffusion equations”,19th  Workshop on Differential Equations,National Cheng Kung University,Taiwan,2011年1月
  • 二宮広和,“Non-planar traveling waves of reaction-diffusion equations”,Nonlinear Analysis and Integrable Systems 非線形解析と可積分系数理,Ryukoku University,Kyoto,2010年11月
  • 二宮広和,“Traveling waves of Allen-Cahn equations”,Applied Mathematics Forum,Mini-workshop on ‘Modeling,Simulations and Analysis of Biological Pattern Formation’,Tohoku University,Sendai,2010年10月
  • 二宮広和,“Traveling waves of Allen-Cahn equation”,Workshop on Interface motion and Traveling Waves in Reaction Diffusion Equations,Department of Mathematics,Tongji University,Shanghai,China,2010年10月
  • 二宮広和,“Stacked fronts for cooperative systems with equal diffusions”,Reaction-Diffusion Systems: Experiments,Modeling,and Analysis,Universite de Paris-Sud 11,2010年10月
  • 二宮広和,“Non-planar traveling waves of reaction-diffusion equations”,Workshop on Pattern formation in Chemical and Biological Systems,Budapest,Hungry,2010年10月
  • 二宮広和,“Traveling waves in the various shapes”,AIMS conference,Dresden,2010年5月
  • 草野完也,“太陽磁場の精密3次元モデルについて概要”,犬山 GEMSISワークショップ,2010年12月
  • K. Kusano,S. Inoue,D. Shiota,T. Yamamoto,“An MHD Model of the Major Solar Flare on 2006 December 13”, San Francisco AGU2010,2010年12月
  • Kusano.K“What Triggers Magnetic Reconnection in Solar Flares? ”(招待講演),US-Japan Workshop MR2010,奈良日航ホテル,2010年12月
  • 草野完也,“太陽活動と太陽圏の変動について~気候変動の立場から~”,太陽活動と気候変動の関係に関する名古屋ワークショップ,名古屋大学,2010年11月
  • 草野完也,河村洋史,河野明男,島伸一郎,“雲形成メカニズムと太陽活動について”(招待講演),JAXAつくば宇宙センター 『第5回「地文台によるサイエンス」シンポジウム ~ 極限エネルギー宇宙物理から地球科学まで ~』,2010年11月
  • K.Kusano,T.Yamamoto,S.Inoue,D.Shiota, K.Nishida,R.Kataoka,“Data-driven Modeling of  Solar Flares and CMEs”,名古屋大学2010 STELab-KASI Workshop on Space Weather,2010年10月
  • K.Kusano,T.Yamamoto,S.Inoue,D.Shiota, K.Nishida,R.Kataoka,“Data-driven Modeling of  Solar Flares and CMEs”,京都大学花山天文台 CAWSES II One-day Workshop: CME/ICME and Solar Wind,2010年10月
  • 草野完也,“2006年12月の宇宙嵐イベント CME駆動について”(招待講演),名古屋大学『平成22年度名古屋大学太陽地球環境研究所研究集会「第6回磁気圏-電離圏複合系における対流に関する研究会」,「サブストーム開始機構研究会」,「STE現象解析ワークショップ」合同研究会,Convection,Substorm,and STE Joint Workshop』,2010年9月
  • 草野完也,西川憲明,“地球ダイナモと太陽ダイナモ その長期変動と対称性”(招待講演),名古屋大学 太陽天体ダイナモ研究会(STEL・NSAOJ研究集会),2010年9月
  • 草野完也,島伸一郎,“雲とプラズマのシミュレーション”(招待講演),核融合科学研究所・名古屋工業大学共同セミナー『ミクロスケールとマクロスケールの関わりについて』,核融合科学研究所,2010年8月
  • K.Kusano,N. Nishikawa,“On the Hemispheric Symmetricity in Rotating Spherical Shell Dynamos”(招待講演),国立天文台 Solar Dynamo Mini-Workshop,2010年8月
  • K.Kusano,T.Yamamoto,S.Inoue,D.Shiota,K.Nishida,R.Kataoka,“Data-driven Modeling of Solar Storm”(招待講演),12th Quadrennial Symposium on Solar-Terrestrial Physics,Berlin,2010年7月
  • 草野完也,“誘導方程式の逆問題と フレア望遠鏡,Inversion of Induction Equation and the Analysis of Data from  the Solar Flare Telescope”(招待講演),20th Anniversary of the Solar Flare Telescope 'Recent Advances in Solar Observation and Instrumentation' ,三鷹,2010年7月
  • 草野完也,“Toward a Holistic Modeling of Cloud-Microphysics for Space Climate”(招待講演),京都大学 CAWSES-II Kick-Off Symposium,2010年6月
  • K.Kusano,S.Inoue,D.Shiota,K.Nishida,T.Yamamoto,R.Kataoka,“Data-driven Modeling of Solar Storm”(招待講演),2010 ISPS Workshop,成功大学,台南,2010年6月
  • 草野完也,“講義 宇宙と地球と環境変動-その理解と予測-”,法政大学人間環境学部 人間環境セミナー,法政大学 ,2010年5月
  • 草野完也,“宇宙気候学の包括的なモデリングへ向けて”,幕張メッセ 地球惑星連合大会,2010年5月
  • 草野完也,“2006年12月13日太陽フレアのモデリング研究に関するレビュー ”(招待講演),幕張メッセ 地球惑星連合大会,2010年5月
  • 草野完也,“古太陽気候1000年モデル”(招待講演),幕張メッセ 地球惑星連合大会,2010年5月
  • 草野完也,“太陽フレア発生は予知できるか?”,幕張メッセ 地球惑星連合大会,2010年5月
  • K.Kusano,K.Shibata,R.Kataoka,D.Shiota, S.Inoue,T.Sugiyama,T.Matsumoto,K.Nishida, S.Shima,T.Ogino, “Modeling Study of Solar-Terrestrial Environment System”(招待講演),International Conference of World Class University,ソウル,2010年4月
  • 草野完也,“科学問題としての温暖化をめぐる視点”(招待講演),日本学術会議 公開シンポジウム「IPCC(気候変動に関する政府間パネル)問題の検証と今後の科学の課題」,2010年4月
  • K. Sugihara,“Design of antigravity slopes for visual illusion”,27th European Workshop on Computational Geometry,Morschach,Switzerland,March 28-300,pp. 55-58,2011年3月
  • 杉原厚吉,“不思議な立体が夢を育む~夢とは見るものではなくて作るもの~”,南山大学・豊田工業大学連携講演会,豊田工業大学,2010年12月
  • 杉原厚吉,“錯覚から見たエッシャー芸術の数理”,明治大学各研究科横断型カリキュラム プロジェクト系科目 先端数理科学II『錯覚と数理』,明治大学,2010年12月
  • 杉原厚吉,“不可能モーションの数理”,明治大学各研究科横断型カリキュラム プロジェクト系科目 先端数理科学II『錯覚と数理』,明治大学,2010年12月
  • 杉原厚吉,“エッシャーマジックへの挑戦”(招待講演),3次元映像フォーラム『錯視が活かされる世界:芸術と科学の架け橋』シンポジウム,論文原稿「3D映像」,Vo. 25,No. 1,pp. 38-45,立命館大学,2011年3月
  • 杉原厚吉,“夢工学 --- 夢をかなえる技術,立体錯視の数理 --- だまし絵を立体にしてみよう”,福岡県小倉高校スーパーサイエンスハイスクール特別講義,2010年7月
  • 杉原厚吉,“世界錯覚コンテスト参戦報告”,第3回錯覚ワークショップ,明治大学,2010年9月
  • 杉原厚吉,“だまし絵の秘密”,サイエンスフィルムカフェ2010,科学技術館,2010年9月
  • 杉原厚吉,『オープン・スペース2010』出品作家によるイベント,アーティストトーク:竹内龍人,ゲスト:杉原厚吉,NTTインターコミュニケーションセンターフォーラム,東京オペラシティ,2010年9月
  • 杉原厚吉,“だまし絵と錯覚 ~私たちはありのままを見ているのでしょうか~”,岐阜県立斐太高等学校,2010年10月
  • 杉原厚吉,“立体錯視の楽しみ”(基調講演),ビジュアリゼーションコンファレンス,2010年11月   
  • 上山大信,“A mathematical model of Liesegang type precipitation”, Mini-Workshop on Modeling,Simulations and Analysis of Biological Pattern Formation, Conference Room Aoba,4th Floor of Heanel Sendai,Sendai,2010年10月
  • 上山大信,“An application of the self-organizing mechanism in the Reaction-Diffuion systems”,International Workshop on Pattern formation in Chemical and Biological Systems,Eötvös University,Budapest,Hungary,2010年10月
  • 上山大信,“One of the application of the self-replicating mechanism in some Reaction-Diffusion systems”,Reaction-Diffusion Systems: Experiments,Modeling,and Analysis,Paris-Sud 11,Orsay,France,2010年10月
  • 上山大信,“Mathematical model for Liesegang type precipitation”,Inorganic Nanowires: Syntheses and Growth Mechanisms (#264) [3A],The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies,the Hawaii Convention Center 304A,Honolulu,Hawaii,USA,2010年12月

  • K.Ikeda,T.Miki,M.MimuraJ.Y.Wakano,“Mechanistic Formulation of two-patch compartment model for the spatial continuous systems”,海洋学研究所セミナー,国立台湾大学海洋学研究所,台北,台湾,2010年11月
  • 池田幸太,“縮約方程式が現れる反応拡散系に関する解析”,京都駅前セミナー,キャンパスプラザ京都, 2010年11月
  • K.Ikeda,T.Miki,M.MimuraJ.Y.Wakano,“Formula for the dispersal rates in a compartment model”,Reaction-Diffusion Systems: Experiments,Modeling,and Analysis,Université de Paris-Sud 11,Paris,France,2010年10月
  • 池田幸太,栄 伸一郎,柳田 英二,“Instability of multi-spots in general shadow systems for reaction-diffusion equations”,International Workshop on Pattern Formation in Chemical and Biological Systems,Eöotvös Lorànd University,Budapest,Hungary,2010年10月
  • 池田幸太,“反応拡散方程式へのデータ使用に向けて”,第8回「複雑系現象の時系列解析8」-物理・数論・経済現象-,明治大学, 2010年9月
  • 池田幸太,三木 健,三村昌泰若野友一郎,“Formula for the dispersal rates in a compartment model”,第20回日本数理生物学会大会,北海道大学,2010年9月
  • 池田幸太木下修一友枝明保野津裕史上山大信,“美味しいコーヒーの淹れ方の数理 ~コーヒー抽出における熱湯の浸透について~”,日本応用数理学会2010年度年会,明治大学,2010年9月
  • 池田幸太,三木健,三村昌泰若野友一郎,“compartment modelにおける移動分散率の表現公式”,僕らの合宿2010‐融合に向けて‐,YMCAコンフォレスト湯来,広島市, 2010年8月
  • 池田幸太三村昌泰,“Reflection of a traveling wave in smoldering combustion”,The 8th AIMS Conference on Dynamical Systems,Differential Equations and Applications,Dresden University of Technology,Dresden,Germany,2010年5月
  • 末松 J. 信彦,“円形反応場を伝播する化学反応波の集団が形成する疎密波”,日本化学会第91春季年会(年会は中止,発表は成立と認定されている。),神奈川大学,2011年3月
  • 末松 J. 信彦,“表面張力差で駆動される樟脳船の集団運動”,第47回 自律分散システム部研究会,首都大学東京,秋葉原サテライトキャンパス,2010年12月
  • 末松 J. 信彦,“Spatio-temporal pattern of fluid and its application to construct a hierarchic structure”,明治大学大学院プロジェクト系科目「Advanced Mathematical Sciences II」,明治大学,2010年10月
  • 末松 J. 信彦,“Collective behavior of micro-organisms induced by phototaxis”, 明治大学大学院プロジェクト系科目「Advanced Mathematical Sciences I」,2010年9月
  • 末松 J. 信彦,“樟脳船の渋滞-実験と理論のコラボレーション”,広島大学・明治大学・龍谷大学 合同合宿,広島市,2010年8月
  • 末松 J. 信彦,“生物・無生物におけるパターン形成”,細胞のかたちと機能プロジェクト研究センター 第15回セミナー,広島大学,2010年7月
  • 末松 J. 信彦,“場を介して相互作用する自律運動粒子の集団運動”,京都駅前セミナー,2010年5月
  • 中村和幸,“平滑化分布を利用したデータ同化スキーム”,第60回理論応用力学講演会,東京工業大学,2011年3月
  • 中村和幸,“日本におけるEFD/CFD融合の方向性~データと統計の科学から”(パネルディスカッション),第4回EFD/CFD融合ワークショップ,秋葉原ダイビル,2011年1月
  • 中村和幸,“金融時系列可視化の新しいアプローチ”,経済物理学に基づく金融時系列の可視化に関するワークショップ,明治大学,2010年12月
  • 中村和幸,“工学におけるデータ同化とその応用”,複雑系現象の時系列解析9,明治大学, 2010年11月
  • 中村和幸,“大規模・高頻度時系列に対するSSA解析”,複雑系現象の時系列解析8,明治大学,2010年10月
  • 中村和幸,“統計的数理モデル融合と現象数理学”,行動計量学会,埼玉大学,2010年9月
  • 中村和幸,“大規模現象モデリングと統計科学”(招待講演),統計サマーセミナー2010,ホテルサンバレー富士見,静岡,2010年8月
  • 中村和幸,“大規模イベント駆動システムのデータ同化”,複雑系現象の時系列解析7,明治大学,2010年7月
  • 中村和幸,“イベント駆動型システムに対するモデリングとデータ同化”,第59回理論応用力学講演会,日本学術会議,2010年6月
  • 木下修一,“ネットワーク構造の違いにより現れるブーリアンダイナミクスの特徴”,第2回応用システムバイオロジー研究会『細胞内ネットワークのアトラクターとダイナミクス』,京都大学,2011年3月
  • 木下修一,“ネットワーク構造の違いにより現れるブーリアンダイナミクスの特徴”,NLPMセミナー,広島大学大学院数理分子生命理学専攻,2011年3月
  • 木下修一,“複雑ネットワーク上のブーリアンダイナミクス”,今野研究室セミナー,横浜国立大学,2010年11月
  • S.Kinoshita,“The gene regulatory dynamics in the complex networks”,The Third China-Japan Colloquium of Mathematical Biology,Beijing China,2010年10月
  • 木下修一,“異なる構造を持つネットワーク上でのBoolean Dynamicsの比較”,広島大学・龍谷大学・明治大学 合同合宿,広島市,2010年8月
  • 木下修一,“遺伝子ネットワーク構造とダイナミクスの関係”,明治数理科学EXHIBITION,明治大学,2010年5月
  • 占部千由,武末真二,“混合バネ系における破壊現象IV”,日本物理学会第66回年次大会,新潟,2011年3月
  • C.Urabe and S.Takesue, “Enhancement of Fracture Toughness and Maximum Stress In a Disordered Lattice System”,18th European Conference on Fracture, Dresden,Germany ,2010年8月- 9月

  • C.Urabe and S.Takesue,“Fracture Toughness and Maximum Stress In a Disordered Lattice System”,2nd Workshop on Statistical Physics of Fracture and other Complex Systems,Debrecen,Hungary ,2010年9月
  • C.Urabe and S.Takesue,“Fracture toughness and maximum stress in a disordered lattice system”,16th ACP Workshop ‘Physics of Fracture and Related Problems’,Tokyo,2010年7月

 

  • 友枝明保,柳澤大地,今村卓史,西成活裕,“人の反応伝播速度とロスタイム最小化”,日本応用数理学会 春の研究部会連合発表会,東京,2011年3月
  • A.TOMOEDA,D.Yanagisawa,T.Imamura and K.NISHINARI,“Starting-Wave of Pedestrians and its Application for Marathon”,Far-From-Equilibrium Dynamics,RIMS,Kyoto,2011年1月
  • 友枝明保,柳澤大地,今村卓史,西成活裕,“人の反応伝播速度とトラベルタイムの導出”,2010 年度応用数学合同研究集会,滋賀,2010年12月
  • A.Tomoeda,“Jamology : Vehicles and Pedestrians”,Seminar on Partial Differential Equations in Kinetic Theories,Isaac Newton Institute for Mathematical Sciences,Cambridge,England,2010年12月
  • 友枝明保,“セルオートマトンモデルによる交通流現象の研究とその応用”,横浜国立大学 今野研究室セミナー,横浜国立大学,2010年12月
  • 友枝明保,柳澤大地,今村卓史,西成活裕,“人の反応の伝播速度と膨張波”,九州大学応用力学研究所(RIAM)-平成22 年度共同利用研究集会,福岡,2010年10月
  • A.Tomoeda,“Public Conveyance Model and Application for Train Network”,Seminar at Prof. Stefania Bandini Lab.,The University of Milano-Bicocca,Italy,2010年9月
  • 友枝明保,柳澤大地,今村卓史,西成活裕,“人の反応伝播速度の密度依存性について”,日本応用数理学会2010 年度年会,大阪,2010年9月
  • 友枝明保,“サグ部での渋滞形成メカニズムと錯視現象”,僕らの合宿2010~融合に向けて(広島大学,明治大学,龍谷大学合同合宿),YMCA コンフォレスト湯来,広島,2010年8月
  • 友枝明保,“交通渋滞現象と数理モデル”,HMC(北陸M倶楽部) セミナー,金沢大学,2010 年7月
  • 友枝明保,“渋滞形成メカニズムに潜む錯視現象と渋滞緩和”,明治数理科学EXHIBITION,明治大学, 2010年5月
  • 友枝明保,“車の渋滞現象とセルオートマトンモデル”,第6 回デジタル解析学セミナー,早稲田大学,2010 年4月
  • 中橋渉,“家族の起源の数理モデル”(招待),京都大学人類進化論ゼミ,京都,2011年1月
  • 中橋渉,“人類進化と学習能力”,第3回日本人間行動進化学会,神戸,2010年12月
  • 中橋渉,“人類進化と性”(招待),第21回ダーウィンセミナー,東京,2010年11月
  • 中橋渉,“Evolution of learning abilities in the genus Homo”(国際研究集会),The Third China-Japan Colloquium of Mathematical Biology,中国,北京,2010年10月
  • 中橋渉,“初期人類における繁殖形態の進化”,第64回日本人類学会,伊達,2010年10月
  • 中橋渉,“Conditions for the evolution of conformist transmission”,第20回日本数理生物学会,札幌,2010年9月
  • 中橋渉,“学習能力と学習戦略の進化” (招待),『交替劇』B01班第1回班会議,沖縄,2010年8月
  • 中橋渉,“人はなぜ賢くなったのか?”,第12回日本進化学会,東京,2010年8月
  • 中橋渉,“学習能力の進化と人類史”,第5回現象数理若手シンポジウム,川崎,2010年6月
  • 野津裕史,“特性曲線法による流れ問題の数値シミュレーション”,北陸M倶楽部セミナー,金沢大学,金沢,2011年3月
  • 野津裕史,田端正久,“L2 評価と離散 L2 評価”,日本応用数理学会研究部会連合発表会,電気通信大学,2011年3月
  • 野津裕史,田端正久,“離散 L2 評価 −特性曲線差分法への応用−”,日本数学会,早稲田大学,新宿,2011年3月
  • 山口将大野津裕史上山大信,“反応拡散系の自己組織化機構を利用した新たなメッシュ生成法”,北陸M倶楽部セミナー,金沢大学,2011年3月
  • 野津裕史山口将大上山大信,“自己組織化機構を利用したメッシュ生成手法の開発”,日本応用数理学会連続体力学の現象と数理研究部会シンポジウム,九州大学西新プラザ,福岡,2011年2月
  • H. Notsu,“Characteristics finite element and difference schemes for flow problems”, The 2nd Japan-Taiwan joint workshop, Meiji University, 2011年2月
  • 野津裕史,“高品質特性曲線有限要素法の開発”.明治大学グローバルCOE現象数理若手シンポジウム「航空機の数理 −流体モデルと数値解析−」,明治大学, 2011年1月
  • 野津裕史,“無限Prandtl数熱対流問題への特性曲線有限要素法の適用”,日本応用数理学会環瀬戸内応用数理研究部会シンポジウム,岡山理科大学, 2011年1月
  • 山口将大野津裕史上山大信,“反応拡散系の自己組織化機構を利用した新たなメッシュ生成法”,2010 年度応用数学合同研究集会,龍谷大学,2010年12月
  • 野津裕史,“特性曲線有限要素法の応用”,2010 年度応用数学合同研究集会,龍谷大学,2010年12月
  • 野津裕史,“特性曲線有限要素法の実践”,九州大学数値解析セミナー,九州大学,2010年11月
  • 野津裕史,“流れ問題のための時間高次精度特性曲線有限要素/差分スキーム”,早稲田大学数学・応数談話会,早稲田大学,2010 年9月
  • H. Notsu,“A pressure-stabilized characteristics finite element scheme for the Navier-Stokes equations”,Czech-Japanese Seminar in Applied Mathematics,Czech Technical University in Prague,Telč,Czech Republic,2010年9月
  • H. Notsu,“Characteristics Finite Element Schemes for Flow Problems”,Seminar on mathematical sciences based on Mathematical models,Analysis and Simulation,Meiji University,Kawasaki,2010年4月
  • 野津裕史,R. Miresmaeili,N. Saintier,J.-M. Olive,金山寛,“材料内の一方向連成結晶塑性-水素拡散シミュレーション”,第59 回理論応用力学講演会,東京学術会議,東京,2010年4月
  • 堀内史朗,“猿害対策から見る人と自然の関係の地域間変異”,数理社会学会,沖縄国際大学,2011年3月
  • 堀内史朗,“ホスト―ゲストの相互作用:高千穂夜神楽に注目して”,日本社会学会,名古屋大学,2010年11月
  • 中橋渉堀内史朗,“初期人類における繁殖形態の進化”,日本人類学会,伊達市,2010年10月
  • 堀内史朗,“多文化が保たれるメカニズム:空間構造のある調整ゲームABMによる分析”,数理社会学会,獨協大学,2010年9月
  • 堀内史朗,“グローバリゼーションからグローカリゼーションへ”,日本応用数理学会,明治大学,2010年9月
  • 堀内史朗,“集団の垣根を越えた社会”,第6 回現象数理若手シンポジウム『現象数理学と数理社会学の対話』,明治大学,2010年7月
  • 若狭徹,“接触抑制効果を伴う細胞集団モデル”,日本数学会2011 年度年会,早稲田大学理工学術院,2011年3月(震災措置による発表成立)
  • 若狭徹,“空間1 次元Allen-Cahn 方程式の線形化固有値問題について”,日本数学会2011 年度年会,早稲田大学理工学術院,2011年3月(震災措置による発表成立).
  • 若狭徹,“接触抑制の観点からみた腫瘍の数理モデル”,藤田保健衛生大学数理講演会,藤田保健衛生大学,2011年3月
  • 若狭徹,“2 種競争反応拡散系と自由境界問題”,「現象の数理」研究会,伊東,2011年2月
  • 若狭徹,“接触抑制効果を持つ細胞集団の数理モデル”,MEE Seminar冬合宿,明治大学清里セミナーハウス,2011年1月
  • 若狭徹,“Mathematical theory of a tumor growth model with contact-inhibition”,第28 回九州における偏微分方程式研究集会,九州大学西新プラザ,2011年1月
  • 若狭徹,“接触抑制効果を伴う細胞の数理モデル”,第7回現象数理若手シンポジウム「細胞・腫瘍の数理」,明治大学,2010年11月
  • 若狭徹,“Exact solutions in bistable reaction-diffusion equations”,研究集会「散逸系の数理」,京都大学数理解析研究所,2010年11月
  • 若狭徹,“On linearized eigenvalue problems for one dimensional Allen-Cahn equations”,Workshop on Nonlinear Analysis and Integrable Systems (四ツ谷晶二教授還暦記念研究集会),龍谷大学セミナーハウス,2010年11月
  • 若狭徹,“接触抑制効果を伴う細胞集団モデルとその解析”,京都駅前セミナー,キャンパスプラザ京都,2010年10月
  • 若狭徹,“生物,特に細胞群に関する個体数力学を記述する偏微分方程式モデル”,今野研究室セミナー,横浜国立大学,2010年10月
  • 若狭徹,“接触抑制効果を考慮した細胞の個体数力学モデル”,夏の偏微分方程式セミナー2010,神戸大学,2010年8月
  • 若狭徹,“接触抑制効果を考慮した腫瘍の数理モデル”,デジタル解析学セミナー,早稲田大学,2010年7月
  • 若狭徹,“Limiting Structure on linearized eigenvalue problems associated with Chafee-Infante type equations”,Nonlinear Evolutionary PDEs and their Equilibrium States(山田義雄教授還暦記念研究集会),早稲田大学,2010年6月
  • 若狭徹,“接触抑制効果を伴う細胞の数理モデル”,明治数理科学exhibition,明治大学,2010年5月
  • 若狭徹,“接触抑制効果を伴う非線形拡散・競合系モデルの進行波解について”,RDSセミナー,明治大学,2010年5月
  • 若狭徹,“Limiting structure on eigenfunctions of linearized eigenvalue problems for 1-dimensional bistable reaction-diffusion equations”,8-th AIMS conference on Dynamical systems,Differential equations and Applications,Special Session 63,Dresden,Germany,2010年5月
  • 若狭徹,“Traveling waves for a reaction-diffusion model for tumour growth with contact inhibition”, 8-th AIMS conference on Dynamical systems,Differential equations and Applications,Special Session 16,Dresden,Germany,2010年5月
  • SiewH.–Y.,“Semi-parametric estimation of modulated renewal processes”,The Second International Conference on Mathematical Sciences (ICMS2-2010),Kuala Lumpur,Malaysia,2010年12月
  • SiewH.–Y.,“The generalized t–distribution on the circle”,Mathematical Sciences based on Modeling,Analysis and Simulation Seminar (MAS Seminar) of the Meiji University GCOE Program,Meiji University,2010年7月

  • K.Mitsuru,“Empirical Nash Equilibrium and its Applications”,The 2nd Japan-Taiwan Joint Workshop for Graduate Students in Applied Mathematics,明治大学,2011年2月
  • 吉川満,“板情報に着目した市場モデル:進化ゲーム理論”,第3回現象数理若手ミニシンポジウム「ファイナンスと現象数理学」,明治大学,2010年11月
  • 吉川満,“板情報に着目した市場モデル:進化ゲーム理論”,第6回「複雑系現象の時系列解析6」 -経済・数論・物理現象-,明治大学,2010年5月
  • 吉川満,“進化ゲーム理論入門,1-2-3”,Mathematical Ecology & Evolution Seminar,Meiji Univ.,2010年4月
  • 吉川満,“Cournot市場から始めるゲーム理論入門”,Mathematical Ecology & Evolution Seminar,Meiji Univ.,2010年4月
  • 藤間真,“Dynamic spiral coexistence in competing species”,第1回現象数理若手ミニシンポジウム「進化による安定共存と反応拡散系の形態形成」,明治大学,2010年8月
  • 藤間真,“Dynamic spiral coexistence in competing species ”,研究集会「偏微分方程式の最近の話題2010 in 別府」,2010年4月
  • 日高徹司,“複雑系現象の時系列に潜む変化構造の可視化,実証分析:オーロラ,地震と火山”「非線形時系列に対する現象数理学の発展」シンポジウム,明治大学,2011年1月
  • 日高徹司,“複雑系現象の時系列に潜む変化構造の可視化,実証分析:マーケティング”「非線形時系列に対する現象数理学の発展」シンポジウム,明治大学,2011年1月
  • 日高徹司,“複雑系現象の時系列に潜む変化構造の可視化,理論とシミュレーション”「非線形時系列に対する現象数理学の発展」シンポジウム,明治大学,2011年1月,
  • 日高徹司,“広告効果測定に向けての取り組みのご紹介 実験計画法アプローチと時系列解析アプローチ”,応用統計計量ワークショップ,東北大学,2010年10月
  • 日高徹司,“POSデータに潜む販売ダイナミクスの可視化”,明治大学GCOE若手ミニシンポジウム「マーケティングと現象数理学」,明治大学,2010年10月
  • 日高徹司,“商品の販売データに潜むダイナミクス変化の可視化(2)”,「非線形時系列に対する現象数理学の発展」シンポジウム,明治大学,2010年7月
  • Jian Zu,“Coevolution in a predator-prey system subject to Allee effect”,2010年京都大学数理解析研究所共同利用研究集会,第7回 生物数学の理論とその応用,京都大学,2010年11月
  • Jian Zu,“Adaptive evolution of foraging-related traits in a predator-prey community”,The 3rd China-Japan Colloquium of Mathematical Biology ,Beijing,P.R. ,China,2010年10月
  • Jian Zu,“Evolutionary branching and continuously stable coexistence of predator species”,明治大学第1回現象数理若手ミニシンポジウム,明治大学,2010年8月
  • ポー アイリン エミィ,“Grid Information Security Functional Requirement”,The 2nd Japan-Taiwan Joint Workshop for Graduate Students in Applied Mathematics,Meiji University,2011年2月
  • ポー アイリン エミィ,“スマートグリッド (Smart Grid)”,システムセミナー,明治大学,2010年10月
  • ポー アイリン エミィ,“Quality Function Deployment (QFD) Introductory Overview”,システムセミナー,明治大学清里セミナーハウス,2010年8月
  • ポー アイリン エミィ,“The impact of marketing mix on customer satisfaction: A case study deriving consensus rankings from benchmarking”,GCOE現象数理学の形成と発展,明治大学,2010 年7月
  • 陳彦宇,“Entire Solutions with Merging Fronts to Reaction-Diffusion Equations”,The 2nd Japan-Taiwan Joint Workshop for Graduate Students in Applied Mathematics,2011年2月
  • 山口将大野津裕史上山大信,“反応拡散系の自己組織化機構を利用した新たなメッシュ生成”,広島大学・明治大学・龍谷大学 合同合宿,広島県,2010年8月
  • 山口将大野津裕史上山大信,“反応拡散系の自己組織化機構を利用した新たなメッシュ生成”,Nonlinear Phenomenology and Mathematics サマーセミナー,兵庫県,2010年8月
  • 山口将大,手老篤史,中垣俊之,“Mathematical model of bone remodeling based on antagonistic adaptability” MEE Seminar,明治大学,2010年5月

 ポスター発表

  • 末松 J. 信彦,“個体の概日周期に依存した生物対流パターンの変化”,第20回 非線形反応と協同現象,鹿児島大学,2011年1月
  • 末松 J. 信彦,“Mesoscale Control and Engineering of Self-Organized and Excitable Systems in Biology and Chemistry”,9th iCeMS International SymposiumDensity Wave Propagation of a Wave Train,Kyoto University,2010年12月
  • 末松 J. 信彦,“光刺激の強度に依存したミドリムシの生物対流”,基研研究会2010 非平衡系の物理学-非平衡ゆらぎと集団挙動,京都大学,2010年11月
  • 末松 J. 信彦,“Localized Bioconvection Generated by Schooling Behavior of Phototactic Micro-organisms”,Gordon Research Conference 2010: Oscillations & Dynamic Instabilities in Chemical Systems,Lucca,Italy,2010年7月
  • 占部千由三村昌泰,“ランダムウォークする粒子の感染症伝播の数理モデル”, 日本物理学会2010年秋季大会,大阪府立大学, 2010年9月
  • C.Urabe and S.Takesue,“Enhancement of Fracture Toughness in a Disordered Lattice System”,The 1st International Symposium on Innovative Mathematical Modelling,Tokyo,2011年2-3月
  • S.Kinoshita,“Comparison of Boolean dynamics in complex networks”,Far-From-Equilibrium Dynamics,RIMS Kyoto,2011年1月
  • 木下修一, 井口和基, 山田弘明,“遺伝子ネットワーク上におけるブーリアンダイナミクスモデルの振る舞い”,2010年度日本応用数理学会,明治大学,2010年9月
  • 中橋渉,“人はなぜ賢い?”,日本応用数理学会2010年度年会,明治大学,2010年9月
  • 若狭徹,“On a simplified tumor growth model with contact-inhibition”, Far From Equilibrium Dynamics (In honor of the 60-th birthday for Proferssor Yasumasa Nishiura),京都大学数理解析研究所,2011年1月
  • H. Notsu,“An application of the characteristics finite element method to a thermal convection problem with the infinite Prandtl number”, International Workshop on Far-From-Equilibrium Dynamics,Research Institute for Mathematical Sciences,2011年1月
  • M. YamaguchiH. NotsuD. Ueyama,“A mesh generator using a self-organizing mechanism of a reaction-diffusion system”,International Workshop on Far-From-Equilibrium Dynamics,Research Institute for Mathematical Sciences,Kyoto University,2011年1月
  • 野津裕史山口将大上山大信,“自己組織化機構を利用したメッシュ生成手法の開発”,日本応用数理学会2010 年会,明治大学,2010年9月

研究集会の主催

  • 荒川薫,The 2010 International Symposium on Communications and Information Technologies (ISCIT2010),明治大学,2010年10月26日~29日
  • 三村昌泰他(Co-chairs),池田幸太上山大信杉原厚吉砂田利一中村和幸二宮広和向殿政男若野友一郎他(実行委員),日本応用数理学会20周年記念行事実行委員会,明治大学,2010年9月7日,9日
  • 砂田利一,BrusellにおけるERC(ヨーロッパ科学評議会)審査委員,2010年9月7日-9日
  • 砂田利一,「Analysis on graphs and its applications」ワークショップ組織委員,ケンブリッジ大学ニュートン研究所,2010年7月24日-8月1日
  • 池田幸太,第4回現象数理若手シンポジウム「パターン・ウェーブ」,明治大学,2010年4月23日,24日
  • 中橋 ,第5回現象数理若手シンポジウム「人類進化への数理的アプローチ」,明治大学,2010年6月29日,30日
  • 堀内史朗,第6回現象数理若手シンポジウム「現象数理学と数理社会学の対話」,明治大学,2010年7月27日,28日
  • 若狭徹,第7回現象数理若手シンポジウム「細胞・腫瘍の数理」,明治大学,2010年11月6日,7日
  • 野津裕史,第8回現象数理若手シンポジウム「航空機の数理 −流体モデルと数値解析−」,明治大学,2011年1月12,13日
  • 友枝明保,第9回現象数理若手シンポジウム「セルオートマトンは現象数理学の武器となりうるか?」,明治大学,2011年2月22日,23日
  • 野津裕史,「ロバスト幾何計算アルゴリズム」講演会,明治大学,2010年12月27日
  • 野津裕史,現象数理若手プロジェクト「反応拡散系の自己組織化機構を利用したメッシュ生成手法の開発」,明治大学,2010年10月16日
  • 藤間真祖建,第1回現象数理若手ミニシンポジウム「進化による安定共存と反応拡散系の形態形成」,明治大学,2010年8月20日
  • 日高徹司,第2回現象数理若手ミニシンポジウム「マーケティングと現象数理学」,明治大学,2010年10月8日
  • 吉川満,第3回現象数理若手ミニシンポジウム「ファイナンスと現象数理学」,明治大学,2010年11月22日

 

2010年度 *論文・著書*   *講演*   *研究集会の主催*

2008年度 研究成果   2009年度 研究成果    2011年度 研究成果