2009年度 研究成果

 明治大学グローバルCOEプログラム「現象数理学の形成と発展」における研究活動の成果を、以下に掲載します。

2008年度 研究成果はこちら 
2010年度 研究成果はこちら 
2011年度 研究成果はこちら 

  2009年度 *論文・著書*   *講演*   *研究集会の主催*

 

論文・著書

 論文(査読あり)

  • N. Takagi, M. Mukaidono, “Some properties on multi-interval truth values and functions over the truth values-A study of non-convex fuzzy truth values-“, Proceedings of International Conference on Quantitative Logic and Quantification of Software, pp.13-24 (2009)
  • T. Ninomiya, M. Mukaidono, “Clarifying the Systems of Axioms Based on the Method of Indeterminate Coefficients”, Proceedings of 39th International Symposium on Multiple-Valued Logic, pp.280-285 (2009)
  • Atsuhiro Furuta, and Hiroyuki Mori, "Application of parallel tabu search-based hierarchical optimization to distribution system service restoration“, Electrical Engineering in Japan (Wiley InterScience), Vol. 166, Issue 2, pp. 15-23 (2009)
  • 浦野昌一, 森啓之, “電力系統の状態推定におけるトポロジー可観測のための擬似観測値の決定手法”, 電気学会論文誌B, 129巻4号, pp.541-547 (2009)
  • 吉田尚史, 森啓之, “確率的な配電系統拡張計画のための解の多様性を考慮した多目的Memetic Algorithmの適用”, 電気学会論文誌B, 129巻12号, pp.1495-1502 (2009)
  • 大川健太, 森啓之, “非線形燃料コスト関数を考慮した利益最大化のための発電機の起動停止計画”, 電気学会論文誌B, 129巻12号, pp.1567-1575 (2009)
  • 石橋直人, 森啓之, “電力系ハイブリッドインテリジェントシステムを用いた電圧安定度限界点への負荷マージン推定”, 電気学会論文誌B,129巻12号, pp.1546-1552 (2009)
  • T. Umedachi, T. Kitamura, T. Nakagaki, R. Kobayashi, A. Ishiguro, “A modular robot driven by protoplasmic streaming”, DISTRIBUTED AUTONOMOUS ROBOTIC SYSTEMS 8, pp.193-202 (2009)
  • Tero, T. Nakagaki, T. Kazutaka, Y. Kenji, R. Kobayashi, “A method inspired by Physarum for solving the Steiner problem”, International Journal of Unconventional Computing, 6, pp.109-123 (2010)
  • Tero, S. Takagi, T. Saigusa, K. Ito, D. P. Bebber, M. D. Fricker, K. Yumiki, R. Kobayashi, T. Nakagaki, “Rules for biologically-inspired adaptive network design”, Science, 327, pp.439-442 (2010)
  • M. Akiyama, A. Tero, R. Kobayashi, “A Mathematical Model Of Cleavage”, J. Theor. Biol. (in press)
  • Y. Katsuyama, K. Arakawa, “Impulsive Noise Removal in Color Image Using Interactive Evolutionary Computing”, Proc. International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia, pp.73-77 (2009)
  • K. Chishima, K. Arakawa, “A Method of Scratch Removal from Old Movie Film Using Variant Window by Hough Transform”, Proc. IEEE ISCIT 2009, pp.1559-1563 (2009)
  • N. Kyoya, K. Arakawa, “A Method for Impact Noise Reduction from Speech Using a Stationary- Nonstationary Separating Filter”, Proc. IEEE ISCIT 2009, pp.33-37 (2009)
  • M. Katou, K. Arakawa, “Blind Source Separation in Noisy and Reverberating Environment using Genetic Algorithm”, Proc. APSIPA ASC, pp.485-489 (2009)
  • M. Fujii, A. Awazu, H. Nishimori, “Counter Chemotactic Flow in Quasi-One-Dimensional Path”, J.Pys.Soc.Jpn, 78, 073801-1-073801-4 (2009)
  • S. Matsuoka, T. Shibata, M. Ueda, "Statistical analysis of lateral diffusion and multistate kinetics in single-molecule imaging", Biophys Journal, 97(4), pp.1115-1124 (2009)
  • K. Hibino, T. Shibata, T. Yanagida, Y. Sako, "A RasGTP-induced conformational change in C-RAF is essential for accurate molecular recognition", Biophys Journal, 97(5), pp.1277-1287 (2009)
  • J. Y. Wakano, M. A. Nowak, C. Hauert, “Spatial dynamics of ecological public goods”, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 106, pp.7910-7914 (2009)
  • J. Zu, M. Mimura, J. Y. Wakano, “The evolution of phenotypic traits in a predator-prey system subject to Allee effect”, Journal of Theoretical Biology, 262, pp.528-543 (2010)
  • T. Sunada and H. Urakawa, “Ray-Singer zeta functions for compact flat manifolds”, Contemporary Math. A. M. S., 484, pp.287-294 (2009)
  • M. Itoh, M. Kotani, H. Naito, T. Sunada, Y. Kawazoe, and T. Adschiri, “New metallic carbon crystal”, Phys. Rev. Lett., No.5, pp.102 (2009)
  • X.-C. Chen, S.-I. Ei and M. Mimura, “Self-motion of camphor discs: Model and Analysis”, Networks and Heterogeneous Media 4, pp.1-17 (2009)
  • D. Hilhorst, R. van der Hout, M. Mimura and I. Ohnishi, “A mathematical study of the one dimensional Keller and Rubinow model for Liesegang bands”, J. Statistical Physics, 135, pp.107-132 (2009)
  • M. Bertsch, R. Dal Passo and M. Mimura, “A free boundary problem arising in a simplified tumor growth model of contact inhibition”, J. Interfaces and Free Boundaries (to appear)
  • Fasano, M. Mimura and M. Primicerio, “Modelling a slow smoldering combustion process”, Math. Meth. Appl. Sci. (to appear)
  • Aotani, M. Mimura and T. Mollee, “A model aided understanding of spot pattern formation in chemotactic E. coli colonies”, Japan J. Industrial and Applied Mathematics (to appear)
  • M. Henry, D. Hilhorst and M. Mimura, “A reaction-diffusion approximation to an area preserving mean curvature flow coupled with a bulk equation”, Discrete and Continuous Dynamical Systems – Series S (to appear)
  • T. Ito, Y. Miyamoto, H. Ono, H. Tamaki, R. Uehara, ”Route-Enabling Graph Orientation Problems”, Proceedings of the 20th International Symposium on Algorithms and Computation (ISAAC 2009), pp403-412 (2009)
  • Q.-P. Gu, H. Tamaki, “Constant-Factor Approximations of Branch- Decomposition and Largest Grid Minor of Planar Graphs in O(n1 + epsilon) Time”, Proceedings of the 20th International Symposium on Algorithms and Computation (ISAAC 2009), pp984-993 (2009)
  • J.-S. Guo, H. Ninomiya, J.-C. Tsai, “Existence and uniqueness of stabilized propagating wave segments in wave front interaction model”, Physica D, Nonlinear Phenomena 239, 3-4, pp.230-239 (2010)
  • R. Kataoka, T. Ebisuzaki, K. Kusano, D. Shiota, S. Inoue, T.T. Yamamoto, M. Tokumaru,  “Three-dimensional MHD modeling of the solar wind structures associated with 13 December 2006 coronal mass ejection”, Journal of Geophysical Research (Space Physics), 114, pp.10102, (2009)
  • S. Shima, K. Kusano, A. Kawano, T. Sugiyama, and S. Kawahara, “The super-droplet method for the numerical simulation of clouds and precipitation: A particle-based and probabilistic microphysics model coupled with a non-hydrostatic model”, QUARTERLY JOURNAL OF THE ROYAL METEOROLOGICAL SOCIETY, 135, 642, pp. 1307-1320 Part A (2009)
  • M. Okabe, S. Imahori, K. Sugihara, “Improvement of the method for making quad meshes through temperature contours”, Proceedings of the 25th European Workshop on Computational Geometry, pp. 93-96 (2009)
  • K. Kan, K. Sugihara, “Robust extraction of the medial axes of 3d objects”, Proceedings of the 25th European Workshop on Computational Geometry, pp. 309-312 (2009)
  • H. Koizumi, K. Sugihara, “Computer aided design system for Escher-like tilings”, Proceedings of the 25th European Workshop on Computational Geometry, pp. 345-348 (2009)
  • H. Fujii, K. Sugihara, “Round-tour Voronoi diagrams”, Proceedings of the 6th International Symposium on Voronoi Diagrams in Science and Engineering, Kopenhagen, pp. 137-143 (2009)
  • K. Sugihara, “Computer-aided generation of Escher-like Sky and Watter tiling patterns”, Journal of Mathematics and the Arts, 3(4), pp.195-207 (2009)
  • S. Takahashi, K. Sugihara, “How to cope with undesired side effects of symbolic perturbation”, 26th European Workshop on Computational Geometry, Dortmund, Germany, pp.261-264 (2010)
  • K. Sugihara, A. Okabe, T. Satoh, “Computational method for the point cluster analysis on networks”, Geoinformatica, Online version DOI 10.1007/s10707-009-0092-5 (2009) (印刷版は2010年発行予定)
  • T. Nishida, K. Sugihara, “Boat-sail Voronoi diagram and its application”, International Journal of Computational Geometry and Applications, 19, pp.425-440 (2009)
  • 上山大信, “AUTOによる大域ダイナミクスの解析の試み”, 数学, 第61巻第3号, pp.316-326 (2009)

 論文(査読なし)

  • 向殿政男, “安全技術の現代的課題と社会的受容性”, 精密工学会誌, 75(9), pp.1041-1044 (2009)
  • 向殿政男, “安全の理念”, 学術の動向, 14(9), pp.14-19 (2009)
  • 向殿政男, “安全設計の基本概念”, 品質, 39(4), pp.7-15 (2009)
  • 向殿政男, “ファジィは永遠です”, 知能と情報, 21(6), pp.921 (2009)
  • 刈屋武昭, “価値創造ERMと企業の組織精神性資産―プロセスの人的要素の重要性”, 監査研究12月号, 35(13), pp.10-25 (2009)
  • 刈屋武昭, ”金融危機後の金融システム動向”, 日本大学経済学研究科経済研究所紀要, 25 (2010)
  • Ishiguro, T. Umedachi, T. Kitamura, T. Nakagaki, R. Kobayashi, “A fully decentralized morphology control of an amoeboid robot by exploiting the law of conservation of protoplasmic mass”, Proceedings of IROS WS 2008 (2009)
  • 柴田達夫, “理論生物学の可能性をバクテリアの走化性を例に考える”, 蛋白質核酸酵素, 54(14), pp.1890 (2009)
  • 三村昌泰, ”グローバルCOEプログラム(2)現象数理学の形成と発展/明治大学先端数理科学インスティテュート”, 数学セミナー, Vol.48, No.8, pp58-63 (2009)
  • 三村昌泰, “グローバルCOEプログラム「現象数理学の形成と発展」”, 応用数理, Vol.20, No.1, pp.64-66 (2010)
  • Q.-P. Gu, H. Tamaki, “Efficient reduction of vertex-disjoint menger problem to edge-disjoint menger problem in undirected planar graphs”, Technical Report: TR 2009-11, School of Computing Science, Simon Fraser University, Burnaby, BC, Canada (2009)
  • Q.-P. Gu, H. Tamaki, “Improved bounds on the planar branchwidth with respect to the largest grid minor size”, Technical Report: TR 2009-17, School of Computing Science, Simon Fraser University, Burnaby, BC, Canada, July (2009)
  • Q.-P. Gu, H. Tamaki, “A radius-based linear-time-constructive upper bound on the branchwidth of planar hypergrpahs”, Technical Report: TR 2009-21, School of Computing Science, Simon Fraser University, Burnaby, BC, Canada (2009)
  • 草野完也, “太陽活動は回復するか?”, パリティ, Vol.25-1月号, pp.50-52 (2010)
  • 草野完也, 太陽活動の理解のための観測と地上実験の相互連携, ながれ, 28 (5) , pp. 381-389 (2009)
  • 草野完也, “小特集:連結階層モデルによって見えてきたプラズマシミュレーションの新たな展開 1.はじめに”, プラズマ・核融合学会誌 (Journal Plasma and Fusion Research), Vol.85, No.9, pp. 577-579 (2009)
  • 草野完也, “小特集:連結階層モデルによって見えてきたプラズマシミュレーションの新たな展開 4.おわりに”, プラズマ・核融合学会誌 (Journal Plasma and Fusion Research), Vol.85, No.9, pp. 611-612 (2009)
  • S. Shima, K. Kusano, A. Kawano, T. Sugiyama, and S. Kawahara, “The super-droplet method for the numerical simulation of clouds and precipitation: A particle-based and probabilistic microphysics model coupled with a non-hydrostatic model”, QUARTERLY JOURNAL OF THE ROYAL METEOROLOGICAL SOCIETY, 135, 642, pp. 1307-1320 Part A (2009)
  • Kanya Kusano, Shigenobu Hirose, Tooru Sugiyama, Akio Kawano, Shinichiro Shima, Hiroki Haseegawa, Yoji Kawamura, Daiko Shiota, and Satoshi Inoue, “Development of Macro-Micro Interlocked Simulation Algorithm”, 2008 Annual Report of the Earth Simulator, pp.121-128
  • K. Sugihara, “Unsolved problems in robustness of geometric algorithms”, T. Tokuyama (ed.): Computational Geometry and Discrete Mathematics, RIMS Kokyuroku 1641m, pp.99-105 (2009)

 著 書

  • 岡部靖憲, “確率・統計-文章題のモデル解法”, 朝倉書店, 東京, 2009年
  • 向殿政男, “座談会:国際標準化―その10年前・現在・そして未来, 国際標準は自分で創れ!”, 日刊工業新聞社, 東京, pp.157-184, 2009年
  • 向殿政男 他, “安全学入門~安全の確立から安心へ~”, 研成社, p.281, 2009年
  • 道上勉, 向殿政男, “信頼性・安全性工学”, オーム社, 東京, p.205, 2009年
  • 向殿政男 (分担執筆), “ものづくりと安全,安全は競争力 (栗原史郎監修)”, 日本機械工業連合会編, 日刊工業新聞社, 東京, pp.24-43, 2009年
  • 向殿政男 (分担執筆), “ファジィ理論, 景観学への道 (藤沢和夫編)”, 日本経済評論社, 東京, pp.115-118, 2009年
  • 向殿政男, “ユーザー視点で安全を再考せよ 不具合連鎖~プリウスからの警告~ トヨタリコール問題取材班”, 日経BP社, 東京, pp.130-135, 2010年
  • 小林亮 他 (分担執筆), “結晶成長の数理”, 自己組織化ハンドブック, NTS出版, 東京, pp.194-196, 2009年
  • 小林亮 他 (分担執筆), “真性粘菌型アルゴリズム”, 自己組織化ハンドブック, NTS出版, 東京, pp. 434-437, 2009年
  • 小林亮 他 (分担執筆), “フェーズフィールドモデル”,「空間」の数理生物学 (シリーズ数理生物学要論第2巻), 日本数理生物学会編, 共立出版, 東京, pp.167-180, 2009年
  • 西森拓 他 (分担執筆), “自己組織化と複雑系 (砂のパターン形成)”, 国武豊喜編, 自己組織化ハンドブック, NTS 出版, 東京, pp209-212, 2009年
  • 西森拓 他 (分担執筆), “アリの採餌ダイナミクスと数理モデル”, 「行動・進化」の数理生物学 (シリーズ数理生物学要論第3巻) 日本数理生物学会編, 共立出版, 東京, pp.93-112, 2009年
  • 若野友一郎 他 (分担執筆), “人間社会と協力・学習の進化”, 「行動・進化」の数理生物学 (シリーズ数理生物学要論第3巻) 日本数理生物学会編, 共立出版, 東京, pp.155-182, 2009年
  • 砂田利一, “新版 バナッハ-タルスキーのパラドックス”, 岩波書店, 東京, 2009年
  • 杉原厚吉 他 (分担執筆), “新しいものを創造する力 --- 対象化原理.数学書房編集部(編):『この定理が美しい』”, 数学書房,東京, pp.99-197, 2009年
  • 杉原厚吉, “縄張りの数理モデル~ボロノイ図からの数理工学入門”, 共立出版, 東京, 2009年
    杉原厚吉, “タイリング描法の基本テクニック”, 誠文堂新光社, 東京, 2009年
  • 杉原厚吉, “大学教授という仕事”, 水曜社, 東京, 2010年

 

講 演

 口頭発表

  • 岡部靖憲, “日本の失われた10年における経済現象の時系列解析(2):マネーサプライとGDPの間の非線形弱因果性とIS-LMモデル”, 明治大学グローバルCOEプログラム「現象数理学の形成と発展」[非線形時系列に対する現象数理学の発展]シンポジウム,複雑系現象の時系列解析1-経済現象・生命現象, 明治大学, 東京, 2009年7月
  • 岡部靖憲, “黒点・太陽風・地磁気・オーロラ・地震の時系列の構造抽出”, 明治大学グローバルCOEプログラム「現象数理学の形成と発展」[非線形時系列に対する現象数理学の発展]シンポジウム,複雑系現象の時系列解析2-地球物理現象, 明治大学, 東京, 2009年9月
  • 岡部靖憲, “黒点・太陽風・地磁気・オーロラ・地震の時系列の構造抽出(2)”, 明治大学グローバルCOEプログラム「現象数理学の形成と発展」[[非線形時系列に対する現象数理学の発展]シンポジウム,複雑系現象の時系列解析3-経済・物理現象, 明治大学, 東京, 2009年11月
  • 岡部靖憲, “黒点・太陽風・地磁気・オーロラ・地震の時系列の構造抽出(3)”, 明治大学グローバルCOEプログラム「現象数理学の形成と発展」[非線形時系列に対する現象数理学の発展]シンポジウム,複雑系現象の時系列解析4-工学・生物・物理現象, 明治大学, 東京, 2010年1月
  • 岡部靖憲, “リーマンのゼータ関数とKM2Oランジュヴァン方程式論”, 明治大学グローバルCOEプログラム「現象数理学の形成と発展」[非線形時系列に対する現象数理学の発展]シンポジウム,複雑系現象の時系列解析5-工学・経済・物理現象, 明治大学, 東京, 2010年3月
  • 岡部靖憲, “黒点・太陽風・地磁気・オーロラ・地震の時系列の構造抽出(4)”, 明治大学グローバルCOEプログラム「現象数理学の形成と発展」[非線形時系列に対する現象数理学の発展]シンポジウム,複雑系現象の時系列解析4-工学・経済・物理現象, 明治大学, 東京, 2010年3月
  • 向殿政男, “安全と安心の“そもそも”を考える”, 中央安全対策会議(人事院), 人事院大会議室, 東京, 2009年5月
  • 向殿政男, “ザデーのファジィ論理 ~ファジィの源泉をたずねて~”, 第25回ファジィシステムシンポジウム(日本知能情報ファジィ学会), 筑波大学, 茨城, 2009年7月
  • 向殿政男, “安全曼荼羅と安全学”, 第4回 日本安全学教育研究会,宮城大学, 宮城, 2009年8月 (日本安全学教育研究会誌, Vol.2, pp.83-88)
  • 向殿政男, ”安全の理念について”, 工学システムに関する安全・安心・リスク検討分科会, 総合工学委員会, 日本学術会議, 東京, 2009年9月
  • 向殿政男, “ロボットの安全を考える~ロボットと人間が共同で作業をする時代を迎えるために~”, 安全技術応用研究会200回特別記念, 2009年9月
  • 向殿政男, “安全の“そもそも”を考える~リスクアセスメントの目指すところ~”, 川崎市労働災害防止研究集会(川崎市), 川崎市産業振興会館, 川崎, 2009年10 向殿政男, “安全は設計から始まる~安全学のすすめ~”, KKE Vision 2009 (構造計画研究所), 東京ビッグサイト, 東京, 2009年10月
  • 向殿政男 , “消費者を製品事故から守る安全設計について パネルディスカッション”, 製品安全業務報告会((独)製品評価技術基盤機構), 大阪市中央公会堂(大阪会場), 2009年11月
  • 向殿政男, “パネルディスカッション司会:製品事故防止に向けて~製品設計段階等におけるリスクアセスメントについて~”, 第4回製品安全総点検セミナー(経済産業省), 東京国際フォーラム, 東京, 2009年11月
  • 向殿政男, “パネルディスカッション:製品・食品の安全・安心~交通システムに学ぶ~”, 11月シンポジウム, 品質と安全文化フォーラム, 東日本プラスチック工業厚生年金基金会館, 東京, 2009年11月
  • 向殿政男, “安全機能実現のための制御回路例における論理構造の一考察”, 第22回秋季信頼性シンポジウム, 日本信頼性学会, 東京, 2009年11月
  • 向殿政男, “社会的リスクに関するパネルディスカッション”, (独)製品評価技術基盤機構 (NITE), NITE本館, 東京, 2009年11月
  • 向殿政男, “製品事故原因究明と未然防止についてパネルディスカッション”, (独)製品評価技術基盤機構, 文京シビックホール, 東京, 2009年11月
  • 向殿政男, “次世代ロボットの安全”, ロボットビジネス協議会報告会(日本ロボット工業会), 東京ビッグサイト, 東京, 2009年11月
  • 向殿政男, “安全学概論”, 「製品の安全学」講座(東日本旅客鉄道株式会社), 東日本本社, 東京, 2009年12月
  • 向殿政男, “労働安全衛生マネジメントシステムに期待されるもの”, テクノファ年次フォーラム, (株)テクノファ, きゅりあん(品川区総合区民会館), 2009年12月
  • 向殿政男, “鉄道利用者の意識調査に基づく,鉄道安全に向けての一考察 -利用者の求める対策とコミュニケーションの必要性-”, 電子情報通信学会, 2009年12月 (電子情報通信学会研究会技術研究会報告, 安全性, Vol.109, No.348, pp.13-16)
  • 向殿政男, “昇降機の安全確保と事故調査のあり方について~あるエレベーター事故調査を経験して~”, 昇降機・遊戯施設等の最近の技術と進歩, 日本機械学会, 2010年1月 (技術講演会講演論文集, N0.09-97, pp.11-18)
  • 向殿政男, ”「ものづくり安全」から「安全づくり」へ”, リスクアセスメントの推進・定着に関するシンポジウム, 日本機械工業連合会, 女性と仕事の未来館, 2010年3月
  • 向殿政男, “公開シンポジウム:暮らしの中の安全・安心のために~消費者への製品事故情報の伝達のあり方~”, 経済産業省主催, 千代田放送会館, 東京, 2010年3月
  • 向殿政男, ”パネルディスカッション:リスク・ゼロの危険とこれからの安全”, 安全工学フォーラム, 日本工学アカデミー, 弘済会館, 東京, 2010年3月
  • 向殿政男, “安全と安心”,日仏原子力フォーラム~過去・現在・未来~, 日仏工業技術会他主催, 日仏会館, 東京, 2010年2月
  • 刈屋武昭, “環境CSRと自己循環リサイクル型モデル”, 科研費集会「時間空間分析モデル」(代表矢島美寛), 京都, 2009年11月
  • 吉田尚史, 森啓之, “確率的な配電系統拡張計画のための解の多様性を考慮した多目的Memetic Algorithmの適用”, 平成21年電気学会B部門大会, 東京, 2009年8月 (論文I, 論文番号25)
  • 石橋直人, 森啓之, “ハイブリッドインテリジェントシステムを用いた電圧安定度限界点への負荷マージン推定”, 平成21年電気学会B部門大会, 東京, 2009年8月 (論文I, 論文番号26)
  • 大川健太, 森啓之, “ハイブリッドメタヒューリスティクスによる非線形燃料コスト関数を考慮した発電機の起動停止計画”, 平成21年電気学会B部門大会, 東京, 2009年8月 (論文I, 論文番号40)
  • 角田広樹, 森啓之, “確率的供給信頼度を考慮した送電系統拡充計画”, 平成21年電気学会B部門大会, 東京, 2009年8月 (論文II, 論文番号179)
  • 大川健太, 森啓之, “競争環境下における利益最大化のための発電機の起動停止計画への新手法”, 平成21年電気学会B部門大会, 東京, 2009年8月 (論文II, 論文番号211)
  • 石橋直人, 森啓之, “ハイブリッドインテリジェントシステムを用いた電力価格予測”, 平成21年電気学会B部門大会, 東京, 2009年8月 (論文II, 論文番号213)
  • 藤田創, 森啓之, “気温リスク交換契約の設計”, 平成21年電気学会B部門大会, 東京, 2009年8月 (論文Ⅱ, 論文番号215)
  • 吉田尚史, 森啓之, “SVRを考慮した多目的再構成”, 平成21年電気学会B部門大会,東京, 2009年8月 (論文II, 論文番号220)
  • 蒋文駿, 森啓之, “DAEMを用いた負荷の相関関係を考慮したMCMCによる確率潮流計算法”, 電気学会電力技術研究会, 東京, 2009年9月 (資料番号PE-09-51/PSE-09-59)
  • 藤田創, 森啓之, “ペイオフの等価性を考慮した天候デリバティブ契約の設計”, 平成21年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会, 東京, 2009年9月 (資料番号PE-09-105/PSE-09-113)
  • 吉田尚史, 森啓之, “多目的系統再構成に対するSPEA2の適用”, 電気学会電力技術研究会, 東京, 2009年9月 (資料番号PE-09-107/PSE-09-115)
  • 室井貴行, 森啓之, “確率近傍選択による改良タブサーチを用いた配電系統事故復旧制御”, 電気学会電力技術研究会, 東京, 2009年9月 (資料番号PE-09-110/PSE-09-118)
  • 大川健太, 森啓之, “非線形燃料コスト関数を考慮した利益最大化のための発電機起動停止計画”, 電気学会電力技術研究会, 東京, 2009年9月 (資料番号PE-09-111/PSE-09-119)
  • 石橋直人, 森啓之, “MDL原理に基づく回帰2進木を用いた電力価格予測”, 平成21年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会, 東京, 2009年9月 (資料番号PE-09-129,PSE-09-137)
  • 蒋文駿, 森啓之, “ファジィクラスタリングを用いたグラフィカルモデリングによる電力負荷予測の因果関係解析”, 平成22年電気学会全国大会, 東京, 2010年3月 (論文番号6-039)
  • 大川健太, 森啓之, “多目的経済負荷配分へのMOEPSOの適用”, 平成22年電気学会全国大会, 東京, 2010年3月 (論文番号6-059)
  • 高橋輝, 森啓之, “日射量予測における特徴抽出”, 平成22年電気学会全国大会, 東京, 2010年3月 (論文番号6-077)
  • 吉田尚史, 森啓之, “SVRを考慮した系統再構成に対する新しい多目的メタヒューリスティクスの開発”, 平成22年電気学会全国大会, 東京, 2010年3月 (論文番号6-100)
  • 角田広樹, 森啓之, “SPEA2による負荷の相関を考慮した多目的送電系統拡充計画”, 平成22年電気学会全国大会, 東京, 2010年3月 (論文番号6-101)
  • 石橋直人, 森啓之, “ファジィRandom Forestを用いた電力価格予測”, 平成22年電気学会全国大会, 東京, 2010年3月 (論文番号6-105)
  • 藤田創, 森啓之, “エネルギー会社間における天候デリバティブ契約の設計”, 平成22年電気学会全国大会, 東京, 2010年3月 (論文番号6-108)
  • 室井貴行, 森啓之, “確率近傍選択によるPTSを用いた配電系統復旧制御”, 平成22年電気学会全国大会, 東京, 2010年3月 (論文番号6-015)
  • 秋山正和, 手老篤史, 小林亮, “卵割の数理モデル”, 第19回日本数理生物学会, 東京大学, 東京, 2009年9月
  • K. Takeda, T. Umedachi, T. Nakagaki, R. Kobayashi, A. Ishiguro, “Taming Many Degrees of Freedom: Fully Decentralized Control of a Soft-bodied Robot Inspired by True Slime Mold”, 2009 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS) Workshop/Tutorial,
  • T. Umedachi, K. Takeda, T. Nakagaki, R. Kobayashi, A. Ishiguro, “Taming Large Degrees of Freedom -A Case Study with an Amoeboid Robot-”, 2010 IEEE International Conference on Robotics and Automation
  • 勝山洋平, 荒川薫, “インタラクティブ進化計算を用いたカラー画像インパルス性雑音除去システム”,電子情報通信学会ソサイエティ大会, 新潟大学, 新潟, 2009年9月
  • 勝山洋平, 荒川薫, “対話型進化計算によるカラー画像インパルス雑音除去フィルタの最適設計”,電子情報通信学会スマートインフォメディアシステム研究会, 京都, 2009年12月
  • 千嶋健太, 酒井靖弘, 荒川薫, “ハフ変換による可変フィルタ窓を用いた映像フィルムスクラッチの一修復法”, 電子情報通信学会スマートインフォメディアシステム研究会, 神奈川工大, 神奈川, 2010年3月
  • 京谷尚樹, 荒川薫,”ガウス混合型適応ウィナーフィルタを用いた音声インパクト雑音除去の一方式”,電子情報通信学会スマートインフォメディアシステム研究会, 神奈川工大, 神奈川, 2010年3月
  • 京谷尚樹, 荒川薫, “非定常成分抽出とガウス混合型適応ウィナーフィルタによる音声のインパクト雑音除去-複数種類のインパクト雑音に対して-”, 電子情報通信学会総合大会, 東北大学, 宮城県, 2010年3月
  • 千嶋健太, 酒井靖弘, 荒川薫, “ハフ変換を用いた映像フィルムスクラッチの一修復法 ―垂直に近い直線成分への対処―”, 電子情報通信学会総合大会, 東北大学, 宮城県, 2010年3月
  • 末松 J.信彦, 粟津暁紀, 中田聡, 西森拓, “自律運動する樟脳舟の集団運動”, 第15 回交通流のシミュレーションシンポジウム, 名古屋大学, 愛知, 2009年12月 (講演集, pp.49-52) (査読あり)
  • 新屋啓文, 西森拓, 粟津暁紀, “結合断面模型による3次元砂丘の形状とダイナミクス”, 第15 回交通流のシミュレーションシンポジウム, 名古屋大学, 愛知, 2009年12月 (講演集, pp.53-56) (査読あり)
  • 藤井雅史, 粟津暁紀, 西森拓, “走化性を考慮した準一次元交通流におけるクラスターの成長と流量の関係”, 第15 回交通流のシミュレーションシンポジウム, 名古屋大学, 愛知, 2009年12月(講演集, pp. pp.57-60) (査読あり)
  • 西川正俊, 柴田達夫, “バクテリアの適応反応で生じるノイズと走化性”, 理研シンポジウム”細胞システムの動態と論理”, 理化学研究所, 埼玉, 2009年4月
  • 柴田達夫, ”自発的なシグナル生成”, 理研シンポジウム”細胞システムの動態と論理”, 理化学研究所, 埼玉, 2009年4月
  • 柴田達夫, ”細胞スケールの現象を1細胞イメージングと数理モデルにより解明する”, 広島大学大学院理学研究科数理分子生命理学専攻シンポジウム ”数理生命科学の形成と発展”, 広島大学, 広島, 2009年9月
  • 西川正俊, 柴田達夫, “センシングのノイズはバクテリアの走化性を向上する”, 理論と実験 研究会, 広島大学, 広島, 2009年10 月
  • 柴田達夫, ”細胞性粘菌の運動解析”, 理論と実験 研究会, 広島大学, 広島, 2009年10 月
    西川正俊, 柴田達夫, “Bacterial chemotaxis is enhanced by nonadaptive fluctuation in sensory system”, 第47回日本生物物理学会年会, アスティとくしま, 徳島, 2009年10 月
  • 松岡里実, 柴田達夫, 上田昌宏, “拡散係数の異なる2状態を遷移する分子の拡散と細胞膜からの解離に関する解析”, 第47回日本生物物理学会年会, アスティとくしま, 徳島, 2009年10月
  • M. Nishikawa, T. Shibata, “Relationship between the noise in adaptation reaction and the chemotactic performance in bacterium”, Gordon Research Conference, Hotel Galvez, Texas, USA., 2009年4月
  • 柴田達夫, “走化性シグナル伝達系におけるゆらぎの生成,増幅,伝搬”, 第16回べん毛交流会, 三谷温泉, 愛知, 2010年3月
  • 若野友一郎, “包括適応度理論の基礎:マルコフ連鎖における定常分布を用いて”, 数理生物学会, 東京大学, 2009年9月
  • 二宮広和, “Allen-Cahn 方程式の進行波解と全域解”,北陸M倶楽部, 富山大学, 2009年8月
  • 二宮広和, “反応拡散系に現れるさまざまな形の進行波解”, 「反応拡散系をめぐる最近の話題」, 京都産業大学, 京都, 2010年2月
  • 二宮広和, “反応拡散系に現れる進行波解と全域解”, 「さいたま数理解析セミナー」, 埼玉大学サテライトキャンパス, 埼玉, 2010年3月
  • 草野完也, “太陽面爆発と宇宙天気の 予知可能性に関するモデリング研究”, 日本地球惑星科学連合大会, 幕張, 2009年5月
  • 草野完也, “太陽フレアとCMEの予測 シミュレーションへ向けた取り組み”, 太陽地球惑星系科学シミュレーション技法勉強会 & NICT計算機シミュレーション研究会, 福岡, 2009年8月
  • 草野完也, “宇宙天気予報を目指した太陽嵐のモデリング研究,” 宇宙天気研究会, 京都, 2009年8月
  • 草野完也, “非線形フォース・フリー磁場モデルを利用した数値実験に基づくフレア発生機構の研究”, 日本天文学会2009年秋季年会, 山口大学, 山口, 2009年9月
  • 草野完也, “太陽磁場観測に駆動された 太陽地球結合モデルによる宇宙天気 予知の可能性について”, 第126回 SGEPSS総会および講演会, 金沢大学, 石川, 2009年9月
  • 草野完也, "太陽圏シミュレーション", エネルギー科学における多階層連結コンピューティング 国際高等研究所, 京都, 2009年10月
  • 草野完也, “多階層連結現象の理解へ向けた シミュレーションの試み”, 第7回流体力学会中部支部講演会, 名古屋大学, 愛知, 2009年10月
  • 草野完也, “太陽フレアはなぜ起きる? -プラズマにおける突発現象の物理について-”, 名古屋大学素粒子宇宙GCOE (分野3) 分野横断セミナー, 名古屋大学, 愛知, 2009年10月
  • 草野完也, “太陽フレア発生機構”, 京都大学基礎物理学研究会, 京都大学, 京都, 2009年11月
  • 草野完也, “Numerical experiments of the 2006 Dec. 13 flare based on Hinode vector magnetograms", The 3rd Hinode Science Meeting, 東京, 2009年12月
  • 草野完也, “宇宙・地球表層・地球内部の相関モデリング”, 地球シミュレータ利用報告, JAMSTEC横浜研究所, 神奈川, 2010年1月
  • 草野完也, “Space Weather Study - Flare Forecast -”, ISAS/JAXA The 2nd Solar-C Science Definition Meeting, 宇宙科学研究本部, 神奈川, 2010年3月
  • 草野完也, 塩田大幸, 山本哲也, 井上諭, “非線形フォース・フリー磁場モデルを 利用した数値実験に基づく フレア発生機構の研究Ⅱ”, 日本天文学会2010年春季年会, 広島大学, 広島, 2010年3月
  • K. Sugihara, “Selective perturbation in geometric computation”, Canada-Japan Conference on Discrete and Computational Geoemtry, Tokyo, 2009年7月
  • H. Koizumi, K. Sugihra, “Maximum eigenvalue problem for Escherization”, The 7th Japan Conference on Computational Geometry and Graphs, Kanazawa, 2009年11月 (Abstracts, pp. 53-54)
  • T. Hara, K. Sugihara, “Computer-aided design of pop-up books with two-dimensional V-hold structures”, The 7th Japan Conference on Computational Geometry and Graphs, Kanazawa, 2009月11月 (Abstracts, pp.109-110)
  • 杉原厚吉, ”錯覚は,足りない情報を補おうとして失敗したとき生じる~「だまし絵」から「勘違い」まで~”, 錯覚ワークショップ, 明治大学, 東京, 2009年9月
  • 小泉拓, 杉原厚吉, ”エッシャー風タイリングの計算機支援設計”, NICOGRAPH 2009, 東京工科大学, 東京, 2009年10月
  • 原拓矢, 杉原厚吉, ”ポップアップブックの計算機支援設計”, NICOGRAPH 2009, 東京工科大学, 東京, 2009年10月
  • 杉原厚吉, ”数理を用いたエッシャー芸術への挑戦2~「空と水」風タイリングアートの自動生成法”, 明治大学グローバルCOEプログラム現象数理談話会, 明治大学, 神奈川, 2010年2月
  • 上山大信, “リーゼガング型沈殿パターンへの核生成頻度の影響―モデリングおよびシミュレーションからのアプローチ―”, 京都駅前セミナー, キャンパスプラザ京都6回第7講習室, 京都, 2009年10月
  • 上山大信, “リーゼガング型沈殿パターンへのノイズの影響―シミュレーショ ンからのアプローチ―”, ワークショップ「創発現象の世界」(World of Emerging Phenomena), 九州大学西新プラザ・大講義室, 福岡, 2009年10月

 ポスター発表

  • H. Kakuta and H. Mori, “Transmission Network Expansion Planning in Consideration of a Probabilistic Reliability Criterion”, Meiji –Hiroshima Univ. GCOE Symposium, Hiroshima, 2009年9月
  • Hajime Fujita and Hiroyuki Mori, “A Metaheuristic Method for Parameter Estimation in Weather Derivatives”, Meiji –Hiroshima Univ. Global COE Symposium, Hiroshima, 2009年9月
  • Wenjun Jiang and Hiroyuki Mori, "An MCMC-Based Probabilistic Load Flow with DAEM Algorithm”, ISSE2009, Poster No.1, Tokyo, 2009年12月 (Proc. of ISSE2009, 4pages)
  • Takayuki Muroi and Hiroyuki Mori, "Probabilistic TS for Distribution System Service Restoration Algorithm”, ISSE2009, Poster No.2, Tokyo, 2009年12月 (Proc. of ISSE2009, 4pages)
  • Takafumi Yoshida, and Hiroyuki Mori, "An Efficient Multi-objective Meta-heuristics for Optimal Allocation of SVRs in Distribution Networks”, ISSE2009, Poster No.3, Tokyo, 2009年12月 (Proc. of ISSE2009, 4pages)
  • Kenta Okawa and Hiroyuki Mori, "MOPSO for Multi-objective Economic Load Dispatching with CO2 Emission Generation System and Evaluation of the Economy and Environment”, ISSE2009, Poster No.4, Tokyo, 2009年12月 (Proc. of ISSE2009, 4pages)
  • Naoto Ishibashi, and Hiroyuki Mori, "Estimating Load Margin for Voltage Stability Contingency Screening with Hybrid Intelligent System”, ISSE2009, Poster No.5, Tokyo, 2009年12月 (Proc. of ISSE2009, 4pages)
  • Akira Takahashi and Hiroyuki Mori, "Application of Preconditioned Gaussian Processes to Maximum Temperature Forecasting for Short-term Load Forecasting”, ISSE2009, Poster No.6, Tokyo, 2009年12月 (Proc. of ISSE2009, 4pages)
  • Hiroki Kakuta, and Hiroyuki Mori, "Multi-objective Meta-heuristics for Probabilistic Transmission Network Expansion Planning with Controlled NSGA-II”, ISSE2009, Poster No.7, Tokyo, 2009年12月 (Proc. of ISSE2009, 4pages)
  • Hajime Fujita and Hiroyuki Mori, "An Efficient Design Method for Weather Derivatives between Energy Utilities”, ISSE2009, Poster No.8, Tokyo, 2009年12月 (Proc. of ISSE2009, 4pages)
  • 田中雅宏, 風間俊哉, 小林亮,  “ヘビの運動の数理モデル”, 第19回日本数理生物学会, 東京大学, 東京, 2009年9月
  • 奥野拓也, 風間俊哉, 小林亮, “Amoeba proteus の運動の数理モデルからのアプローチ”, 第19回日本数理生物学会, 東京大学, 東京, 2009年9月
  • T. Shibata, A. Nagamatsu, N. Akuzawa, M. Nishikawa, “Statistical Analysis of psudopodia formation in Dictyostelium cells”, Gordon Research Conference, Hotel Galvez, Texas, USA, 2009年4月
  • M. Nishikawa, T. Shibata, “Relationship between the noise in adaptation reaction and the chemotactic performance in bacterium”, Gordon Research Conference, Hotel Galvez, Texas, USA, 2009年4月
  • S. Matsuoka, T. Shibata, M. Ueda, “Diffusion process of signaling molecules switching two states with different mobility”, Gordon Research Conference on Gradient Sensing & Directed Cell Migration, Galveston, Texas, USA, 2009年4月
  • Y. Miyanaga, T. Shibata, M. Ueda, “Single-molecule imaging analysis of heterotrimeric G protein dynamics in early signaling events of chemotactic responses”, Gordon Research Conference on Gradient Sensing & Directed Cell Migration, Galveston, Texas, USA, March 29 - April 3, 2009
  • 難波利典, 西川正俊, 柴田達夫, “大腸菌走化性精度の誘引物質依存性に関する理論解析”, 理研シンポジウム “細胞システムの動態と論理”, 理化学研究所, 埼玉, 2009年4月
  • 阿久澤直弘, 柴田達夫, “細胞性粘菌の運動解析”, 理研シンポジウム “細胞システムの動態と論理”, 理化学研究所, 埼玉, 2009年4月
  • 難波利典, 西川正俊, 柴田達夫, “What determines the accuracy of Bacterial Chemotaxis?”, 広島大学大学院理学研究科数理分子生命理学専攻シンポジウム ”数理生命科学の形成と発展”, 広島大学, 広島, 2009年9月
  • M. Nishikawa, T. Shibata, “Nonadaptive fluctuation in adaptive sensory system of bacterial chemotaxis”, 広島大学大学院理学研究科数理分子生命理学専攻シンポジウム ”数理生命科学の形成と発展”, 広島大学, 広島, 2009年9月
  • 大山俊亮, 柴田達夫, “Generation of large spike-like fluctuations in the Oosawa model(大沢モデルにおける大きなスパイク状の揺らぎ生成)”, 広島大学大学院理学研究科数理分子生命理学専攻シンポジウム ”数理生命科学の形成と発展”, 広島大学, 広島2009年9月
  • 難波利典, 西川正俊, 柴田達夫, “大腸菌走化性精度の誘引物質依存性について”, 理論と実験 研究会,  広島大学, 広島2009年10月
  • M. Nishikawa, T. Shibata, “Nonadaptive fluctuation in adaptive sensory system of bacterial chemotaxis”, International Symposium on COMPLEX SYSTEMS BIOLOGY, 東京大学,東京, 2009年9月
  • 難波利典, 西川正俊, 柴田達夫, “What determines the accuracy of Bacterial Chemotaxis?”, 第47回日本生物物理学会年会, 徳島キャンパス・アスティとくしま, 徳島文理大学, 徳島, 2009年10月
  • Y. Miyanaga, M. Hori, T. Shibata, M. Ueda, “Two state model of G protein-coupled chemoattractant receptors for directional sensing in chemotaxis”, 第47回日本生物物理学会年会, 徳島キャンパス・アスティとくしま, 徳島文理大学, 徳島, 2009年10月
  • 大山俊亮, 柴田達夫, “Generation of large spike-like fluctuations in the Oosawa model(大沢モデルにおける大きなスパイク状の揺らぎ生成)”, 第47回日本生物物理学会年会, 徳島キャンパス・アスティとくしま, 徳島文理大学, 徳島, 2009年10月
  • S. Matsuoka, T. Shibata, M. Ueda, “Statistic analysis of lateral diffusion and lifetimes of single molecules on membranes”, Single Molecule Biology Symposium, 2nd Kanazawa Bio-AFM Workshop, Senri Lifescience Center, Osaka, 2009年12月
  • T. Shibata, Y. Arai, S. Matsuoka, M. J. Sato, M. Ueda, “Self-organization of the phosphatidylinositol lipids signaling system of chemotactic eukaryotic cells Dictyostelium”, International Symposium Fifty years of Biophyscs Research at Nagoya University, Nagoya University, Nagoya, 2010年3月
  • J. Y. Wakano, “Self-organized pattern formation in bacteria colony pattern formation”, Multiscale Analysis of Self-Organization in Biology, Banff Canada, 2009年7月
  • 草野完也, “Three-dimensional Simulation Study of the Solar Eruption on 2006 December 13”, アメリカ地球物理学連合 AGU 2009 Fall meeting, サンフランシスコ, USA, 2009年12月

 

研究集会の主催

  • 向殿政男, 2009年5月21-23日, Naha, Okinawa, Japan, ”ISMVL 2009 39th International Symposium on Multiple-Valued Logic”, 120名(50名)
  • 森啓之, 2009年4月23日, 明治大学アカデミーコモン, 国際シンポジウムJTPSS2009, (Japan Taiwan Power System Symposium 2009), 35名(4名), 早稲田大学 横山隆一教授, 東京電力 山田剛志博士, 中山大学 洪教授,中山大学 陳教授
  • 森啓之, 2009年10月24日, 韓国ソウルCOEX, IEEE Transmission and Distribution Asia 2009において電力系統におけるデータマイニング応用の特別セッション企画, 200名(190名), ポルトガル ポルト大学 Z.Vale教授, ブラジル イタイプ工科大学 G. Torres教授
  • 森啓之, 2009年12月9日, 明治大学アカデミーコモン, 国際シンポジウムISSE2009 (International Symposium on Sustainable Energy 2009), 50名(4名), 香港大学 F.F. Wu教授, 米国Texas A&M大学 C. Singh教授, ポルトガルINSEC V. Miranda教授, 台湾国立成功大学  L. Wang教授
  • 森啓之, 2010年1月14日, 明治大学大学会館, International Workshop on Network Design, 18名(1名), コーネル大学 H.D. Chiang教授, 富士電機システムズ 福山良和博士
  • 西森拓, 2009年9月3, 4日, 広島大学学士会館, 東広島市, “「数理生命科学の形成と発展」広島大学大学院理学研究科数理分子生命理学専攻設立10周年記念シンポジウム 兼 明治大学-広島大学連携グローバルCOEプログラム広島キックオフフォーラム”, 160名(2名), 近藤滋 (大阪大学), A. S. Mikhailov (Fritz-Haber-Institut), 元村有希子 (毎日新聞社), 野地澄晴 徳島大学), 野々村真規子 (JSTさきがけ研究員)
  • 三村昌泰, 2009年7月7-9日, 明治大学, “International Workshop on Self-organization in chemical and biological systems”, 約80名(10名), 西浦廉政 (北海道大学), T. Yamaguchi (AIST), K. Showalter (West Virginia Univ.), D. Ueyama (明治大学)
  • 三村昌泰, 2009年12月1-4日, 明治大学, 東京, “The 2nd Chile-Japan Workshop on Nonlinear Elliptic and Parabolic PDEs”
  • 三村昌泰, 2009年12月9-11日, 明治大学, 東京, “現象数理学冬の学校「パターンダイナミクス 1-2-3 」”, 西浦廉政(北海道大学),小川知之 (大阪大学), 上山大信 (明治大学)
  • 三村昌泰, 2010年3月15日, “Workshop on Spatio-temporal patterns from Mathematics to Biological Applications”, 約50名(35名), Geneva, スイス, D. Hilhorst, J. Demonget and H. Matano
    二宮広和, 2009年6月24-26日, 京都大学数理解析研究所, 京都, “研究集会「散逸系の数理 -- パターンを表現する漸近解の構成」”,62名, 栄伸一郎(九州大学),山口智彦(産業技術総合研究所),高木拓明(奈良県立医科大学),真原仁(産業技術総合研究所)
  • 二宮広和, 2009年12月1-4日, 明治大学, “2nd Chile-Japan Workshop on Nonlinear Elliptic and Parabolic PDE”,約80名 (30名), P. Felmer (Universidad de Chile), M. Kowalczyk (Universidad de Chile), M. del Pino, (Universidad de Chile), 大谷光春 (早稲田大学), 鈴木貴(大阪大学),俣野博(東京大学)
  • 二宮広和, 2010年3月5日,明治大学, “筋の数理”, 約20名, 石井直方(東京大学),八田秀雄(東京大学),山田武範 (東京理科大学),水村信二 (明治大学)
  • 杉原厚吉, 2009年9月9-10日, 明治大学, 東京, “錯覚ワークショップ”, 80名(0名),原島博(東京大学名誉教授), 北岡明佳(立命館大学), 山口泰(東京大学)
  • 杉原厚吉, 2010年3月16-17日, 明治大学, 東京, “第2回錯覚ワークショップ”, 80名, 谷岡一郎(大阪商業大学学長), 出澤正徳(電気通信大学), 中島祥好(九州大学大学) 

 


 

2009年度 *論文・著書*   *講演*   *研究集会の主催*

2008年度 研究成果   2010年度 研究成果    2011年度 研究成果