* Abstract *
◆ 友枝明保(明治大学)

 渋滞現象はセルオートマトンモデルを用いて精度よく記述でき、近年様々なモデルが提案されている。本講演では、一次元の渋滞現象を記述するセルオートマトンモデルについて解説し、渋滞緩和という社会問題への応用例についても触れる。