* Abstract *
◆ 金森正史(東京大学)

 特性曲線の衝突が衝撃波を形成するという事実に基づき、2次元定常流れの特性曲線を用いて解析結果からの衝撃波検出手法を紹介する。またこの手法を3次元流れへ拡張する手法も合わせて紹介し、その有効性を示す。