* Abstract *
◆ 若狭徹(明治大学)

 細胞の接触抑制とは、細胞増殖のプロセスにおいて観察される制御機構の一つである。近年Bertsch-Dal Passo-Mimuraは、特殊な非線形拡散項を含む2変数反応拡散系モデルを提唱し、腫瘍浸潤過程にみられる接触抑制の理解へ向けて数理的アプローチを行った。本講演では、接触抑制モデルの定性的性質に焦点を当て、数理解析・シミュレーションの立場からこれまでに得られた結果について述べる。特に2種類のパラメータ条件下で、それぞれ分離進行波解/非分離定常解が現れること、さらにそのダイナミクスにおいて重要な役割を担うことについて講演する。