*講演内容*
◆ 中丸麻由子(東京工業大学)

 中丸先生は、協力度合いに応じて罰の度合いを変える戦略を考えた場合に、協力と罰が集団中に維持される条件を、空間構造がある場合とない場合について示した。2者間の囚人のジレンマゲームの場合、空間構造のあるなしによらずステップタイプの罰関数を持つと協力と罰が維持されやすい。一方、公共財ゲームでは、空間構造があるとステップタイプの罰関数が必要だが、空間がなければ緩やかな関数形でも協力と罰が維持される。これらの結果をもとに、人類社会における人間行動と社会システムに関して議論した。

文責:中橋渉(明治大学)