*講演内容*
◆ 若野友一郎(明治大学)

 若野先生は、人類が全地球上に拡散するために重要であったと考えられる、協力的社会性の進化について話をした。公共財ゲームにおいて、戦略遺伝子の頻度を考えるのではなく集団サイズを考える数理モデルを紹介し、ある程度以上に公共財への投資の見返りが大きければ協力が維持されることを示した。また、空間構造を考えると、協力戦略と非協力戦略が複雑な時空間パターンを作り、協力戦略が更に維持されやすくなる。どのような場合に、なぜこのようなことが起こるのかを議論した。

文責:中橋渉(明治大学)