*Abstract*
◆ 齋藤保久(釜山大学)

 集団の移動は感染症伝播の大きな要因の1つであるが、集団の移動を考慮した感染動態の研究の多くは、集団を地理的に異なる複数のコンパートメントに分割した常微分方程式であり、コンパートメント間の集団の移動は瞬時に起こるものと仮定している. しかしながら、移動中は人が特定の場所と時間を共有する状況が多く、そうした状況を考慮するならば、地理的に分割したコンパートメントのほかに、公共場における感染(common infection place)を考慮したモデルを考える必要がある。本講演では、公共場を有する最もシンプルな地域集団系(multi-community system)において基本再生産比R0(the basic reproduction ratio)を導出し、各地域集団のサイズ分布がR0に及ぼす効果を議論する。なお、本研究は広島大学・瀬野裕美氏との協同研究である。