*講演内容*
◆ 望月敦史(理化学研究所)

 望月氏は「生体分子ネットワークの構造の力学的解明」と題し、生体分子ネットワーク構造からシステム全体のダイナミクスの予測が出来ることをシンプルなアイデアを用いて明らかにした。
 生体分子ネットワークを構成する全てのノードは幾つかの上位のノードから入力を受けている。したがって、上位ノードの状態が決まれば下位ノードの状態は必ず一意に決まるはずである。望月氏は出力が一意に決まらないことを「不和合性」と呼び、「不和合性」が起こらない事からシステム全体のダイナミクスの定常状態に上限があることを示した。また、あるノード間の制御リンクがない場合それらのノードは独立であるといえる。この「独立性」という性質から定常状態の可能な組み合わせを計算することが出来る。つまり、「不和合性」と「独立性」の2つのネットワーク構造の性質から、システム全体の可能な定常状態を予測できるのである。
 望月氏は実験生物学者と共同でこのアイデアを現実の生物の遺伝子制御ネットワークに用い、ネットワーク構造から遺伝子発現パターンを逆に遺伝子発現パターンから遺伝子制御ネットワークを予測することを試みている。

文責:木下修一(明治大学)